スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【CS第二ステージ】秋の花火大会(10月14日ハム×ロッテ)

○鴎8-1公●
高木1勝 武勝1敗
HR(鴎):里崎1号2ラン・2号ソロ、オーティズ1号ソロ、サブロー1号ソロ、早川1号ソロ
継投:武勝~押本~萩原~山本~金森
公式レポ
ニッカンスコア

昨日の投打かみ合った試合内容とは一転。
ロッテ先発は苦手のコバヒロでしたが、初回に稲葉のタイムリーで先制。
勝さんは初回は難なく三凡に抑えたものの、2回に里崎の2ラン・オーティズのソロムランであっという間に3失点。
さらに早川にもタイムリーを浴び、2回途中4失点でマウンドを降ります。
勝さんは一発癖はあるけど、この回だけで2HR・2四球というのは予想外。一体どうしてしまったのか…。
しかし今日40球で降板したので、今後中継ぎで待機できるかもしれませんね。とポジティブに考えておこう…。
コバヒロは4回裏に足の痙攣で途中降板というアクシデントがあったのですが、後続の高木さん他を打ち崩すことはできませんでしたね。
再三チャンスはあったのですが、あと1本が出ず。
6回裏の1死満塁で代打幸雄さんの場面で点が入れば最高に盛り上がったんでしょうが、そうそうドラマチックにはいかねーなorz
勝さんの後を受けたオッシー・山本・金森も着々とHRを打たれ、終わってみれば5本もホームラン打たれてましたとさ。
唯一ハギーだけが無失点だったというのが意外すぎて笑える(ごめんハギー)

大敗を喫してしまいましたが、まだ1勝1敗です。
明日も落とすとかなりヤバいので、明日は頑張ろうね…。
明日はグリンとスンスケです。
幸いグリンはロッテには相性がいいので、スンスケへの苦手意識を忘れて援護してやってください! お願いします。

【CS第二ステージ】ダル完投でまずは1勝(10月13日ハム×ロッテ)

●鴎2-5公○
ダルビッシュ1勝 久保1敗
継投:ダルビッシュ(完投)
公式レポ
ニッカンスコア

やっと始まってくれたという感じのプレーオフ第二ステージ。
SHINJOも観戦に訪れていました。
SHINJOが試合見に来るなんて初めてかな? なんだか縁起が良さそうです。

16日ぶりの先発となったダルビッシュ。
1回表、先頭の西岡がセーフティバント。
さらに盗塁もされ、いきなりノーアウト2塁とされてしまいます。
しかし後続は断ち、事なきを得ました。
2回表にはまた先頭の里崎にヒットを許し、ベニーの内野ゴロの間に先制されてしまいます。
しかし、2回裏、1死から満塁のチャンスで稀哲が2点タイムリー2BH!!
逆転キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
SHINJOも大喜び!(笑)
ここでロッテ先発の久保は降板。高木さんへ交代となります。
この高木さんからも賢介が2点タイムリー!
一挙4得点で鮮やかに逆転です。

さて3回表、西岡にまたも出塁を許し、続く早川のバントを小谷野がエラー。内野安打としてしまいます。
そして福浦のゲッツー間に1点を返されます。まあこれは仕方ないか。
しかし、このゲッツー、金子の返球が見事でした。よく投げたと思います。
続くサブローの打球はフェン直のヒットになるかと思いきや、稲葉がフェンスにぶつかりながら見事キャッチ。
この回、金子と稲葉のプレイは大きかったですね~。

5回裏には金子のタイムリーで1点を追加。
ライトフライかって感じの当たりでしたが、サブローが前進守備だったのが幸いしました。

その後ダルが尻あがりに調子を上げ、4回から8回まではフォアボールのランナーを1人出しただけで、後はノーヒットに抑える快投でした。
割と球数がいってたので、9回はMICHEALが出るかな? と思ったのですが、9回もダルがマウンドへ。
死球とオーティズのヒットで2死1・2塁としますが、大松をセンターフライに打ち取り、見事完投勝利。
ヒロインでは今季一番調子が悪かったと言ってましたし、確かに万全の出来ではなかったと思います。
しかし、本調子ではなくてもこれだけの内容を残せるのはさすがですね。
小憎らしいほどに生意気ですがw、ここぞという時はやはりダルビッシュだなあと思いましたよ。

稀哲のヒロインは微妙にすべってましたね。あの寒さがたまんねw

レギュラーシーズン終了。80勝ならず…(10月3日楽天×ハム)

●公1-5鷲○
田中11勝 グリン8敗
継投:グリン~吉川
公式レポ
ニッカンスコア

さてレギュラーシーズン最終戦です。
もう終わりなのか。早いなあ…。
今日勝てば80勝到達ということで何としても勝ちたかったのですが、残念な結果になってしまいました。
というか、またも四番工藤ちゃんに笑ってしまった(爆)
先発のグリンは10勝目をかけてのマウンドでしたが、3回の草野の打席で金子の悪送球により失点。
続くホセにもタイムリーを許し、5回でマウンドを降りました。
打線も田中君にさっぱり歯が立たず。
5回表に賢介のタイムリーで1点差と迫ったものの、6・7・8回は塁にも出してもらえませんでした。
田中君はいいピッチャーだなあ~。
というか、毎度グリンへの援護のなさは酷過ぎる・゚・(ノД`)・゚・。
2番手の吉川も枡田のタイムリーなどで3失点。
しかし、吉川がプレーオフ前に戻ってこれたのがうれしかったです。

最終戦ということで個人記録の行方も注目。
まずは稀哲がシーズンフルイニング達成! これは素晴らしい。
フルイニングは2004年のナカジ以来なんですね。
打率も2割9分9厘6毛なので、ルール上では3割到達したことになるらしい。やったね!w
そして稲葉の首位打者・最多安打も当確となりそうです。
稲葉は去年もすごかったけど、今年はさらに上を行ったもんなー。
年齢的にはベテランの域なのに、恐ろしい子だわ~。
2冠おめでとう!
貧打貧打といわれながらも首位打者がいたり、優勝したのに二桁勝った投手が1人しかいなかったり、最多勝投手とホームラン王擁してても最下位に終わる事もあったり、野球って面白いものですね。

いよいよ13日からはプレーオフ第2ステージ。
相手はロッテとソフトバンクどちらになるのかな。
とにかく、このシーズンを少しでも長く見せてほしい。

21安打11得点(10月2日楽天×ハム)

○公11-3鷲●
八木4勝 岩隈5敗
HR(鷲):フェルナンデス22号3ラン
継投:八木~菊地~山本
公式レポ
ニッカンスコア

タイトルのとおりですが、打線爆発でしたねー。
初回にセギちゃん・幸雄さんのタイムリーなどで、なんと5得点。
幸雄さんのタイムリーは嬉しかった~(*´∀`)
先発八木は4回にホセの3ランで3点を失うものの、失点はそこだけ。
5回2安打3失点の内容で、今季4勝目。
八木は今季は苦しかったでしょうけど、レギュラーシーズン最後の登板を白星で飾れて良かったね。
5回にはメッシーの2点タイムリー、7回には稲田の2点タイムリーで気がつけば先発全員安打の11得点。
八木の後を受けた菊地・山本も無失点に抑え、快勝となりました。
この試合で中嶋先生が1500試合出場達成。おめでとうございます先生!
来季も脚本書いてくださいよー(つД`)

ヒロインは4安打4打点のメッシー。
メッシーがインタビューを受けている後ろに1塁ベンチが映っていたのですが、紺田がメッシーを見ながらずっとニヤニヤしてるのが気になって気になって、ヒロインがほとんど耳に入らなかった(爆)紺田自重w

それなんて鎌ヶ谷?(9月30日ロッテ×ハム)

●公1-2x鴎○
渡辺俊9勝 金森1敗
継投:武勝~金森
公式レポ
ニッカンスコア

昨日の今日なので、主力を休ませるオーダーが予想されましたが…。

<ハムスタメン>
1(指)森本
2(左)川島
3(一)稲田
4(中)工藤
5(遊)陽
6(右)紺田
7(二)高口
8(三)飯山
9(捕)鶴岡


稀哲も思わず「このメンバー、薄っ!」と笑っていたとか。

それはこっちのセリフです。

しかし一軍初出場の高口が名を連ねたりと、逆に楽しみなオーダーでもありました。
みんな、プレーオフに向けてアピールのチャンスだよ! とwktkしていたのですが、雨のため試合が待てども待てども始まらず。
なんと1時間45分遅れで開始という事態になりました。
遅れて始まったけど、雨は強いまま。
非常にコンディションの悪い中での試合となりました。

しかし悪天候にも負けず、勝さん・スンスケともに好投。
勝さんは5回までノーノーペースでした。
鎌ヶ谷打線もスンスケの前にチャンスすら作ることが出来ずにいましたが、7回に先頭の川島が2BH。
ここに代打で賢介登場。貫録の送りバント(稲田の立場は…)。
そして四番工藤は敬遠。昨日から工藤ちゃんが強打者のような扱いを受けているw
1死1・3塁としたところで、陽君のファーストゴロの間に川島が生還。
鎌ヶ谷打線でスンスケから先制できたー!(・∀・)
なんか賢介の代打バントでちょっと場が締まったような気がしたんだよ!(ごめん稲田)

勝さんは危なげないピッチングで7回まで無失点に抑え、降板。
なんとかこの1点を守り抜いて勝さんに10勝目をプレゼントしたいところだったのですが、2番手金森が8回に大松に同点タイムリーを浴びてしまいます。
さらに9回裏、今江にタイムリーを許し、サヨナラ負け…。
オーティズのショートへの当たりも、今江のセンター前ヒットも、陽君と工藤の守備の甘さを感じてしまった。
やはりこのオーダーで勝とうなんて甘かったか…(つД`)
しかしあの悪天候の中でしたから、あまり責める気にもなれん。
みんな雨の中乙でした。現地で観戦してた方も乙でした。
が、勝さんの10勝目が消えてしまったことだけが心残りです。。。
防御率が下がったことだけが救いか。

リーグ優勝!(9月29日ロッテ×ハム)

○公9-1鴎●
スウィーニー6勝 久保8敗
継投:スウィーニー~武久~MICHEAL
公式レポ
ニッカンスコア

2年連続リーグ優勝キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
球団初の連覇キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

先発のスウィーニーは3回まで無安打、6回まで無失点の好投。
しかし打線が久保を打ちあぐね、5回まで無得点。あと1本が出ない感じでした。
均衡が崩れたのは6回表。
ノーアウト1・3塁から信二のゲッツー間に稲葉が生還するという地味なプレイwで先制。
しかし、その前のセギちゃんの二遊間を抜ける当たりで、稲葉が打球の行方を見ながら一気に三塁まで行ったのが効きましたね。
7回にも稀哲の犠飛で2点目。
ピッチャーが藤田に代わったところで、賢介が代わり端の初球を打って、フェンス直撃のタイムリーとなります。
7回裏にズレータの3ゴ間に1点を返されますが、スウィーニーは踏ん張って1失点のみで凌ぎました!

8回裏は久。
先頭の今江にヒットを許しますが、西岡をゲッツーに仕留め、早川は空振り三振でガッツポーズ!
久さんかっこいいッス!!!( ;∀;)
過投にも負けず、きっちり仕事する久はえらいね(つД`)

さて9回表。
イニングまたぎとなるコバマサから、金子・稀哲が連打。
コバマサをマウンドから下ろします。
代わった高木さんから賢介がタイムリー!
これを皮切りに、打者一巡の猛攻でこの回6得点。試合を決定づけました。
この猛攻は、これが優勝するチームの勢いってものなのか…と他人事のように眺めてしまいましたw
なんか魔法にかかったみたいだったなあ。

セーブのつかない点差になりましたが、9回裏はMICHEAL。
1アウトからサブローと里崎に連打を浴びてちょっとドキドキさせますが、大松とズレータを連続三振で〆ました!
MICHEALのガッツポーズキタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!
マウンドへみんなが駆け寄り、ヒルマン監督・幸雄さん・金子が胴上げされました。
うう、2年連続で胴上げが見れるなんて夢みたいです(つД`)

正直、今季はBクラスでも仕方ないと思って迎えました。
道大さん・SHINJOという大スターを失い、抜群の安定感を誇ったオカジも退団。
ハムに限らず、今の時代連覇とか無理というのが持論だったので、連覇など端から期待していませんでした(爆)
案の定、序盤の戦いは本当に苦しくて、貧打と中継ぎ不足を嘆いてばかりだった。
しかし犠打とか盗塁とか小技で取った1点2点を投手陣が守り切るという勝ちパターンを作って、交流戦で一気に盛り返し。
道大さんの穴もオカジの穴も最後まで埋まらなかったのかもしれないけど、その分若い選手もベテランも「自分の仕事」を分かってて、それをきちんとやり遂げていたことが勝ちに繋がっていったのかもしれないね。
圧倒的な強さはなかったけれど、この戦力で優勝したっていうのは誇っていいよね(*´∀`)
いいチームになったよなあ…。

さて、リーグ優勝であまり浮かれているわけにもいきません。
目指すはもちろん日本一!
まずはプレーオフを勝ち抜きましょう!

先発全員安打で大勝!+貴さんお疲れ様でした(9月28日西武×ハム)

○公11-7猫●
萩原1勝 許さん1敗
HR(猫):カブレラ26号満塁・27号ソロ
継投:山本~萩原~金森~武久~MICHEAL
公式レポ
ニッカンスコア

初回、セギちゃんのタイムリーで先制するも、その裏にべんちゃんのタイムリーで同点に。
ハム戦のべんちゃんは相変わらず鬼(´Д`;)
前回のソフバン戦では思わぬ好投を見せてくれた山本ですが、今日は苦しい立ち上がりです。
2回に片岡のタイムリーで勝ち越しを許してしまったところで降板となりました。
なおも2死1・2塁という場面でハギーに交代です。おお、怖すぎるw
で、ナカジの2ゴロを賢介が野選でセーフにしてしまい満塁。
そしてハギーはカブレラに満塁弾を浴びて1-6とされてしまったのでした。試合オワタ\(^o^)/

…と、誰もが終了したと思ったこの試合。
なんと、3回裏に打者一巡の猛攻で7得点。
打者一巡とか久々に聞いたwww

というわけで3回に沼者と許さんをフルボッコにしてしまい、4回にも代わった力者から坪井・小谷野のタイムリーで遂に10得点。
5回には稲葉が猛打賞となるタイムリーで11得点目。
先発全員安打で大勝となりました(・∀・)

さて、この日は西武・石井貴の引退登板がありました。
9回表に登場の貴さん。
ブルペンで皆に花道を作ってもらってマウンドに上がる姿に既に涙が出てしまいました(つД`)
最後の対戦の相手は賢介。見事3球三振に!
賢介いい子だなwwww いや、冗談は置いといて、いい投球でした。
そのまま最後まで行けるんじゃない? って感じでしたが(西武ファンからも貴コールが起こっていました)、岩崎へ交代となりました。
試合後の引退セレモニーでは、「私の肩はもう上がりません。一生懸命投げてきました。今日で引退します」と挨拶していました。
西武時代にバッテリーを組んだ中嶋先生から花束の贈呈がありました。
娘さんを連れて場内を一周し、ハムの選手とも一人一人と握手する貴さん。
律儀な人柄がにじみ出る、いいセレモニーだったと思います。

貴さんのことは大ファンというわけではなかったのですが、あの気迫溢れるピッチング、マウンドで吠える姿が好きでした。
西武投手陣の兄貴分として、みんなに愛される人柄も良かったよね。あの顔で面白いっていうのがw
2004年、シーズン1勝だったのに、日本シリーズで2勝してMVPを獲る活躍をしたのも忘れ難い。

味のあるベテラン選手の引退は本当に淋しい。
貴さん本当にお疲れ様でした。

で、今日の勝利で西武へのシーズン勝ち越しを決めたらしい。
あの西武に勝ち越すなんて!(驚)
さていよいよM2です。
明日からは胴上げクラッシャーのロッテさんとの2連戦。
胴上げさせてもらえるでしょうか…?

ホーム最終戦は劇的サヨナラ勝ち(9月26日ハム×楽天)

●鷲1-2x公○
武久7勝 田中7敗
継投:ダルビッシュ~武久
公式レポ
ニッカンスコア

先発ダルビッシュはあまり調子が良くなかったようですね。
4回表にホセの内野安打を悪送球。2BHとしてしまいます。
さらにリックの遊ゴロを金子が野選でオールセーフとしてしまい、次の礒部さんに先制タイムリーを許します。
山崎先生のヒットでノーアウト満塁となりますが、高須・嶋を連続三振。
渡辺直を3ゴロに打ち取り、見事最少失点で凌ぎました。
ダルの気合に応えたいところですが、打線は田中君の前にさっぱり。
このまま負けてしまうのかなーという雰囲気でした。
ダルは8回まで投げたところで久にスイッチ。
久は9回を三凡に抑え、打線の反撃を待ちます。
勝負の9回裏。1アウトから賢介が四球で出塁し、稲葉の打席で盗塁。
そして稲葉の同点タイムリーがキタ━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━!!
セギちゃんが敬遠で1・2塁となったところで代打坪井。
坪井の打球は見事ライト前へ!
稲葉の代走紺田が激走でホームイン!サヨナラ勝ちキタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
微妙な判定だったらしいけど気にしない(爆)

坪井はサヨナラ打を打ったのは初めてだったらしい。良かったねえ(*´∀`)
そして一昨日のソフバン戦の後だけに、白井コーチも紺田も激走ホームインが成功して良かったw

ホーム最終戦は劇的な幕切れでした。
飲み会でセレモニーが見れなかったのが残念すぎるorz

執念のドロー(9月24日ハム×ソフバン)

△鷹4-4公△
HR(鷹):アダム7号ソロ
継投:武勝~金森~武久~MICHEAL~萩原
公式レポ
ニッカンスコア

1点を追う4回、信二と稲葉のタイムリーで勝ち越しに成功。
しかし6回に小久保と井手のタイムリーで再び勝ち越されてしまいます。
なんか最近井手にいいところで打たれてますねえ。
しかし7回裏、3番手ニコースキーが賢介に死球を出して1死1・2塁。
次の稲葉の打席で金子と賢介がダブルスチール!
稲葉の2ゴロの間に金子が生還し、1点差に詰め寄ります。
盗塁が効いた形となりました!
さらに8回裏、1アウトから工藤が内野安打で出塁。
小谷野が初球をライト線へ放ち、エンドランで工藤は一気にホームへ生還! 同点キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
盗塁・エンドランとハムらしい攻撃で同点に追いつくことが出来ました。

その後は久→MICHEALと繋ぎ、延長戦へ突入。
12回表はハギーが2死1・2塁としながらも代打柴原を空振り三振に取り何とか抑えます。
よく凌いだ!(*´∀`)
さて絶対に勝ち越したい12回裏。
マウンドには4イニング目となる馬原。
1死から代打坪井がライト前ヒット。
工藤は倒れますが、ここで代打幸雄さん!
幸雄さんの打球は大きくレフト越えの当たり。
1塁から代走紺田が一気にホームを狙ったのですが、本塁憤死orz
工エエェェ(´д`)ェェエエ工って感じでした…
坪井・幸雄さんの代打策が当たった形になったので、本当に悔やまれます。

悔しい幕切れとなってしまいましたが、まああの場面だったら白井コーチも腕グルグル回しますよね…最後のチャンスだったろうしね。
それだけに、なんとも惜しかったね…。

この2連戦、連敗だけは避けたかったので、何とか引き分けに持ち込むことが出来て良かったです。
しかし勝ちたかったー!

山本が頑張ったよ(9月23日ハム×ソフバン)

○鷹3-2公●
斉藤和6勝 山本1敗 馬原37S
HR(鷹):小久保25号2ラン 井手2号ソロ
継投:山本~武久~MICHEAL
公式レポ
ニッカンスコア

プロ初先発どころか大学でも先発経験のなかった山本と、エース斉藤和巳の投げ合いとなりました。
山本がフルボッコにされないかフルキャから心配していたのですが(爆)、随分頑張ったようですね。

山本は3回までは無失点に抑えていましたが、4回に小久保の2ランで先制を許します。
さらに7回に井手にソロムランを浴び、的場への四球・ムネリンへのデッドボールなどで2死1・2塁としたところでマウンドを降りました。
負け投手にはなってしまいましたが、強気のピッチングで試合をきちんと作ったことは十分評価できますね。
初先発で7回途中3失点は上出来!

なんとか山本を援護してやりたい打線でしたが、3回裏に稲田のヒット・金子のバントでチャンスを作り、稀哲がレフト前へヒット!
しかし稲田が本塁憤死orz
6回裏にも2死満塁で信二が空振り三振。チャンスを生かしきれません。
しかし7回裏、工藤と小谷野の連打でノーアウト1・2塁とし、和巳をマウンドから降ろすのに成功。
代わったニコースキーに1死満塁のチャンスを作り、稀哲がセンター前へ2点タイムリー! ついに1点差に迫ります。
なおも1死1・2塁だったんですが、後が続かず。もったいなかったですねえ。

その後は久・MICHEALの継投で勝ちに行きたかったのですが、水田と馬原を打ち崩すことができず、悔しい敗戦となってしまいました。
でも山本の頑張りは大きな収穫だったと思います。
明日は勝ちたい。
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
Blogpeople

Blog list (選手公式)
最近のトラックバック
プロ野球順位表
プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表
ファイターズニュース
参加中

    北海道日本ハムファイターズファン

読書メーター

瀬田の読書メーター

ブログ内検索
プロフィール

瀬田(セタ)

  • Author:瀬田(セタ)
  • 仙台在住の日ハム(と広島)ファン
    ハムで好きな選手は武田久・稲葉・金子・宮西、カープで好きな選手は前田智・永川・梅津。
    他に応援している選手は江尻・森本稀・佐伯・山﨑武・ゴッツなど色々
    球団マスコットも愛してます
リンク
ブログ開始から何日経った?
amazonミュージック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。