スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫がきた

猫2帰ってきたらウチに子猫がいました。
家の玄関に面した歩道の植え込みに捨てられていたらしい。
夕方から雨が降っていたため、びしょびしょに濡れて鳴きまくっていたので妹が連れてきたそうだ。
そりゃ無視できんわな…。
つか、産まれて10日くらいしかたってないんじゃないかってくらい小さい。余裕で手の平に乗りそう。
こんな小さい子を捨てるなんて人非人がいるもんだ。
他の家の前の植え込みにも何匹か捨ててそう…。
産まれた子猫は責任持って飼うなり里子に出すなりしろよヽ(`Д´)ノ



猫3ぬいぐるみみたいで本当に可愛いんですが、母猫から離されて寒いところにずっといたせいか、どうも落ち着きがない。
寝てもすぐ起きちゃうし。不安なのかなあ。
弱っている風ではないんだけど、数日したら死んじゃうんじゃないかって心配。
こんな小さいうちから母猫から離れて生きていけるんですかね?
子猫なんて触ったこともないもんだから、こっちもどうしたもんだかって感じですよ。
ううう、心配で眠れないよ(つД`)



猫4こんな感じでうとうとはしている。
でもちょっとの物音ですぐ起きちゃうんだよね。
寝てても耳がふるふるしていて可愛い。
猫の耳って芸術品だな。






猫1
箱の角に顔を押しつけて寝るのが好きらしい(笑)
ハム10連敗のショックを猫で癒す金曜の夜。
絶望スレがハム本スレみたいになってきました。

失敗

テンプレ変えようと思って、ちょっと爽やかにしたつもりだったんだが。

・ピンクはどこかで使おう。必須だ
・リンクの色はクリムゾンレッドにしてみようかな

と思って設定したらすごい色合いになってしまったので却下。
クリムゾンレッドはアクが強いのかなあ。
というよりなんで私ってセンスないんだろう。竜二(@タイガー&ドラゴン)並みだ。

楽天勝ったね良かったね・゚・(ノД`)・゚・。

家に帰ってきたら、上原がいい感じで投げていた。
しかし私が腰を落ち着けて見始めたら、あれよあれよという間に逆転されてしまった。
前もハムが勝ってた時に家に帰ってきて、私が見始めたらあっという間に逆転されたんだよな、阪神に。
もう、テレビ見ない方がいいのかな_| ̄|○

まあ、なんていうか、上原が打たれてショックなだけなんですけど。

解禁

050516_2359~01.jpg2日ぶりにチョコ解禁。
アーモンドチョコレートは明治のが一番おいしい。

文化放送の豊田さんサイトを見たら東尾とのツーショット写真が上がっていた。
東尾のドブ声が豊田さんに移ったら困るので、あまり近寄らないでほしい(爆)

「交渉人 真下正義」を見てきたよ

昨日みずのさんと交渉人 真下正義を見てきました。
実はあんまり期待せずに見に行ったのですが、思いの外面白かった!
勢いで今日も妹と見てきちゃった(爆)
ホントは弥次さん喜多さん(二度目)を見る予定だったんだけど、妹が真下くんを見たがったため二日連続で見ることに。
でも全く飽きなかったです。すごいなあ。
今回って踊るの番外編のようなもんだし、やっつけ仕事みたいな出来なんじゃないかなって思ってたんですよ(超失礼)。
すいません、踊るスタッフなめてました。すごく良かったです。
っていうかTHE MOVIE2よりも好きです(爆)

面白かったので、好きなシーンなどを箇条書きしてみる。
ネタバレ含むので一応続きで。

more...

エリザベートに溺れる

昨日は楽天が勝ったねー。岩隈で勝つとすっっごい嬉しいなあ。
え、ハム? …能見ってのはいいピッチャーだね('A`)


昨日ネットで注文してた「エリザベート」のDVDが届いたので早速見ました。
宝塚の月組バージョン。これで五組全てで上演したことになるんだねー。
先日、母親が友人から借りてきたらしい宙組バージョンも見たので、これで宝塚版エリザベートはコンプしたことになります。
生で見たことあるのは花組のみだけどね(笑)
どのバージョンもそれぞれにいいものですねえ。
宝塚は昔大好きだったんだけど、ファンだった人(ちなみに真矢みきさん)が退めてしまってからはびっくりするくらい興味をなくしてしまった。
しかし疲れると宝塚が見たくなるらしく、土日は野球の時間以外はずっと宝塚のビデオ見てた。満足。
ビデオといっても私が現役ファンだった頃のやや古い作品を繰り返し見ている。
「もう皆退めちゃったなあ~」とか思いながら。なんかお婆ちゃんみたいだ。

最近の作品にはとんと興味がないが、エリザベートだけは別。
初演はもう10年くらい前で、かなり難易度の高い作品のため劇団も生徒の皆さんも物凄い意気込みで臨んでいたのを覚えています。
今年で4度目の再演ですが、すっかりおなじみの作品になったって感じですね。
この連休は暇にまかせてエリザベート全バージョン見てしてしまった。お腹いっぱい。
エリザベートって、特にファンでない人が演じていてもすばらしく見えてしまったり、演じる生徒さんも思わぬ魅力を発揮したり、不思議な作品である。
きっと宝塚の人ってもともと高い地力を持っているんだよね。
それがいつもの公演じゃ発揮できる場面が少ないだけで(笑)
出演者全員が全力で食らいついて、それぞれが最高に輝けるこの作品を私は愛している。
初めて生で見た時は本当に感動したもんね。宝塚でここまで出来るのか! って(爆)ちょっと泣いた。
だから歌も台詞も一字一句覚えてしまうくらいハマッちゃうんだろうなあ。
つか、10年近く各組のビデオ見てたらいい加減覚えるか。

さて最新作の月組エリザベート(DVD)。
トートを演じる彩輝さんはお世辞にも歌が上手い人ではないので(爆)さほど期待してなかったんだけど、いい意味で裏切られました。
歌が上手くなってる~。びっくり~。
心もとない発声は相変わらずだけど、ピッチは安定してる。驚いた。
ボイトレ頑張ったんだろうなあ。
「不幸の始まり」や「ミルク」とかの群集をリードするナンバーはちょっとフラット気味ですけど、ソロやデュエットのナンバーは全然上手い。
そして何より綺麗! 玲瓏たる美しさってこのことだよ。
歴代トートの中で一番綺麗なんじゃないだろうか。スタイルもいいし。メイクも上手。
彼女はもともと美人な人ですが、こんなにハマるとは思わなかったなあ。
彩輝さんはこの公演で退団するわけですが、最後に最高の舞台を見せてくれました。DVDだけど。
頑張れば歌えるのに、どうして今まで隠してたんだろう(爆)

瀬奈さんのエリザベートも思ったより良かった。
彼女は普段は男役の人なんだが、このエリザベートで初の(たぶん)女役に挑戦。
ポスターやプログラムの写真では鯖のようなメイクだったので(死)心配していたんですよ。
しかし見事な化けっぷり! 綺麗~。
普段はオッサンみたいな声で歌わなきゃいけないのに、よく女声を獲得しましたね~。
「私だけに」の高音も頑張ってるし、相当レッスンしたんだろうなあ。すごい。
なので、たまにキメが男になってるのはご愛嬌。
フィナーレのデュエットダンスも、女役なのにターンのキレが男です(笑)

なんかキャスト一人一人について書きたくなってしまう勢いなのだが、くどいのでやめておこう。
あ、「ミルク」の民衆が銀橋に出てくる演出は前のほうが好きだったな。
あれだとトートとルキーニと民衆が仲間みたいに見えちゃうもん。

あーまた見に行きたくなっちゃったなあ。
来年あたりまた再演しませんかね。

リヤルがとんとわからねえ

録画予約を忘れ、2回連続で上原先発の試合を見逃している私。
今日こそは! と思って予約していったんだけど、なんか今日の上原今季初黒星みたいじゃないですか。おのれ野選orz
一昨日のハム戦(BSで中継があった)もブルガリアにコテンパンにやられたし…。
なんでビデオ録ると負けるの? ねえ、なんで?('A`)

昨日は真夜中の弥次さん喜多さんを見てきました。
うう、悲しいお話だったのねアレって…。
いや、面白かったんだけどさ。
原作読んでなくても(私も未読だし)クドカンが好きなら全然楽しめると思う。
最後まで腹痛くなるくらい笑えたし。
でも、笑いが引いた後に残る何とも言えないせつなさが心に重かったよ。
長瀬くんは相変わらずかっこいいし、七之助は思いの外可愛かったし、小池栄子の迫力は素晴らしいし。
脇役陣もさすがだしねえ。クドカンドラマでおなじみの面々が目白押しで楽しかったよ。
特に竹内力と古田新太の出オチっぷりが大好きです。
荒川良々もおいしい役だったねー。キモいけど最高だった(笑)
バーテンのARATAは、何処かで見たことあるな~とずっと気になってたんだけど結局スタッフロールを見るまで誰だか思い出せず。
スマイルじゃんよ、なんで思い出せなかったんだろう。いい声だね、あの人(「手品でもしましょうか?」のタイミング大好き)
板尾の浪速ホット師匠も最高だった。
しかし板尾の死に様を見た時のあのやるせなさが、この映画全体のせつなさに繋がっていると気付くべきであった。
出る人皆はっちゃけてるし、クドカンお馴染みの小ネタも満載だし、たくさん笑えるんだけど…やっぱり悲しいんだよね。
お伊勢さんには一生辿り付けないんだろうなあ、あの二人(つД`)

IWGPしかりタイガー&ドラゴンしかりだけど、長瀬くんはクドカン脚本に本当ハマりますね~。本人も楽しんでやってるんではないだろうか。
今回の弥次さんも全体的にテンション高いんだけど、その中でのメリハリが素晴らしい。
しかもかっこいいし。あの人いつからあんなにかっこよくなったんでしょうね? 昔は半ズボンはいてたのに(古い)
そして七之助の喜多さんの可愛らしさにびっくり。
この話って喜多さんに魅力がないと弥次さんもお初もただのバカに見えちゃうからねー。
物語全てが喜多さんの幻覚だったんじゃないかってくらいだし。
この重要な役を七之助がきちんと演じていて良かったです。
あんなにダメ人間なのに可愛いってすごいよ。

それにしても、死ぬ程バカバカしい話に違いないと決め付けて見に行ったのが返す返すも惜しい。
もう少し予備知識があれば、気持ちの持っていき方を間違わずに済んだかもしれないのに。
まあ、それでも面白かったんだからいいか。

そして以前買った弥次喜多特集のテレビブロスを読もうと思ったら、どこにもない。
どこにいったんだろ。誰か知らない?(爆)

デビュー?

さっき妹に「ねえ、松坂って自分の家の前でストリップしたりしてんの?」と聞かれ、ちょっとドキドキしてしまいました(ウソ)
なんかコンビニに並んでた新聞の見出しで見たようなんですが、そんなん絶対東スポだろと思って東スポのサイト見たらあったよ!

松坂赤面告白
自宅前でストリップの日々
原因はみんなが悩まされるアレ!

だとさ。
上に貼ったURLは毎日内容が変わってしまうので、うっかり書き起こし。ごめん松坂。
この見出しの「アレ」は花粉症のことかなあ、と記事を読まずに憶測してみる。

今日は体調がおかしかった。
お昼に外に出たら鼻水とくしゃみがひどくて。
職場に戻ってしばらくしたら治まったんだけど。
でも、さっきも鼻のムズムズがやがてくしゃみに変わり、鼻かみすぎて鼻が痛いです。
心なしか目もかゆいような気がしてきました。
でもこれはコンタクト装着による違和感かもしれません。
鼻水も、もともと持ってるアレルギー性鼻炎(いつもは症状軽め)が季節の変わり目だから症状が出てきただけなのかも。
子どもの頃は今より鼻炎が酷くて、気温の変化が激しいと鼻水すごかったし。
うんうん、きっとそうだ。コンタクトと鼻炎のせいだ。

だから断じて花粉症発症したりなんかしてないよ!!!

今年は花粉の量が多いようだし、なんだか怖くて仕方がない(発症するんじゃないかって)。
大体もともと鼻炎持ちで常時鼻づまりみたいな感じなのに、さらに花粉症まで併発したらやってられません。
っていうか、ホント、気のせいであってほしい…。
明日は何ともないといいな。

三島由紀夫「春の雪」が映画化

今更知ったのですが「春の雪」が映画化されるんですね。
三島由紀夫「春の雪」妻夫木主演で映画化
三島由紀夫の小説「春の雪」が妻夫木聡(24)主演で初めて映画化されることが3日、分かった。
大正時代、貴族社会に引き裂かれた男女の運命を描くラブストーリー。
ヒロインは竹内結子(24)で、行定勲監督(36)がメガホンをとる。
今秋公開予定。フランシス・コッポラ監督らも映画化を熱望した名作だ。


妻夫木くんと竹内結子コンビというと、「飛んでる! 私飛んでる!」しか思い出せないわけですが(注:タイタニック)
二人とも好きな俳優さんだけど、清様と聡子のイメージに合うかというと…うーん微妙。
で、三島好きの妹と自分的キャスティングについて話してみた。

●私
清顕…藤原竜也
聡子…緒川たまきが10歳若ければ…!(無理)

●妹
清顕…塚本高史(に、おとなしめに演じてもらう)
聡子…加藤あい

まあ既に決まっているものについて語り合っても不毛なんですが(笑)
でも、どんなふうに映像化されるのかと思うと楽しみ。
イメージと違うとか言ってますが主演の二人は好きなんで、公開を楽しみに待ちたいと思います。

ぐりこえほんにハマる

食玩ってあんまり集めないんですが、思わず手を出してしまったのがコレ。
ぐりこえほん
一昨日4軒くらいコンビニを巡ったんですが、全部の店で売り切れ。売れてるのね。
ぐりこえほん昨日・今日は入荷してたので2つずつ買いましたー。

←画像はこんな感じ

左上から時計回りに

「あかずきんちゃん」、「かちかちやま」、「いっすんぼうし」、「おおきなかぶ」


一話あたり13ページなんだけど、1ページの文字数が少ないのによく話をまとめているなーって感心します(笑)
実はこのシリーズは「かちかちやま」欲しさに買い始めたんだよね。
二日目にして「かちかちやま」が出たので、非常に嬉しいですよ。
「かちかちやま」って、子どもの頃に図書館で借りた絵本が今も忘れられなくてねー。
あの話って悪いタヌキにウサギが仕返しをするじゃないですか。
やけどを負わされて傷に唐辛子とか塗られちゃったりして。
ボロボロになったタヌキが松葉杖ついてヨロヨロしてたりするんだよ。
子ども心にあのタヌキのボロボロっぷりは強烈だったなあ~。
で、このぐりこえほんではどうかというと。


かちかちやま

タヌキ、燃えすぎ(笑)

「はたらくくるまずかん」も欲しいからもう少し買ってみようかな。


絵本といえば。
差別批判で絶版、「ちびくろ・さんぼ」復刊へ…瑞雲舎
「ぐりとぐら」と並んでホットケーキが食べたくなる絵本だよねー。
この「ちびくろさんぼ」って、絶版になっていると聞くまで何処が差別なのか全くわからなかった覚えが。
復刊になるなら買ってみようかしら。懐かしい。

オペラ座の怪人をまた見てきたよ

金曜にまた「オペラ座の怪人」を見てきました。
いやあ、2回見ても全く飽きませんねえ。
あ、でもレイトショーだったからクリスティーヌとラウルのデュエットはことごとく半寝でしたけど(爆)
何故こんなにもラウルが気に食わないんだろう、私…。

冒頭のシャンデリアとともに一気に過去に戻っていくシーン、ファントムがクリスティーヌを地下に連れていくシーン、あと仮面舞踏会は何度でも見たいところだなあ。
ドンファンの劇中で「The Point of No Return」歌うシーンも大好きだ~。
あれは名曲だね。いや、このミュージカルは名曲揃いだけど。

注文してたスペイン版ファントムのCDも昨日届いたので、今日ずっと聴いてました。
スペイン版はもろに「歌ってます!!」って感じの歌唱。
高音部も余裕たっぷり。期待どおりだよ。感動。
今回の映画のファントムとは全然違う歌唱ですが、それでも聴いていると映画の情景が蘇ってくる。
いつかは舞台版も見てみたいなあ。映画とは違う部分もあるみたいだし。

1回目に見た時はファントムの歌がけっこう気になったんだけど、2回見るとさして気にならなくなってきた。別に上手く歌わなくてもいいのかも、みたいな。声自体はすごくいいし。
ジェラルド・バトラーはかっこいいですねえ。何ですかあの色気は。
すっかりあのファントムに魅せられてしまった。
つか、先週はずっとファントムのことばかり考えていた。ちょっとした恋です(痛
たとえ他のバージョン(舞台とか)を見ても、私の中のファントム像はあのジェラルドファントムで固定されちゃったので、何を見てもしっくり来なそうだ(笑)
だってファントム、オペラ座の天井を超身軽に動きまわっちゃうし、なんか筆まめだし、クリスティーヌに振り向いて欲しいのにやり方すごく間違ってるし、すぐ怒っちゃうし、ラウルとの決闘で負けたのに「戦争だ!」とか宣戦布告しちゃうし、なんか色々とわがままジュリエット(爆)なんだもん。
とても印象深かった。ジェラルドファントムは後々まで私の中に残りそうだ。

クリスティーヌの人生のストーカーと化しているところは「エリザベート」のトート閣下ちっく。
屋上で「この日を忘れないだろう!」みたいな台詞を空に向かって叫んじゃうシーンは「金色夜叉」の寛一さんを思い出してしまう。(ちなみにここのファントムさん、コントみたいで好き・笑)
仮面を外されたら途端に情けない素顔をさらけだしてしまうところは、「オズの魔法使い」の正体がバレたあとのオズみたい。
…という例えを出して、ファントム可愛いよねという話を妹(一緒に見た)にしたのだが、「ああ、トートには似てるかもね」と薄い反応しか返ってこなかった…。やっぱりわかんないか…。

私はこの映画で「オペラ座の怪人」という作品を初めて見たんだけど、こんなに悲しいお話だとは知らなかった。
冷静に考えてみるとファントムってただの頭のおかしい殺人者(しかもストーカー)なのに、でも可哀相に思えちゃうのって何故なんだろう。
最初から最後までずっと孤独で、求めても求めても愛を得られない子どもみたいに思えてくるからかなあ。
ファントムって素晴らしい才能を持っていたし、違う生き方があったはずなのに~。
上手くやればクリスティーヌだって振り向いたかもしれないのに~。
やっぱり小さい頃から友達いなかったし、やり方わかんなかったのかな(爆)
最初は「お前だけが私の音楽に翼を与えてくれる」って言ってたのに、いつの間に「私がお前の音楽に翼を与えてやったのに(むきー!)」ってなっちゃうしなあ。
何処で間違ってしまったんだろうファントムは。
ラスト、オルゴールを持って「Masquerade」をちっちゃい声で歌うところなんてせつなすぎて泣いてしまった(つД`)

あ、カルロッタも2回見ると可愛く思えた。1度目はうるさく感じるばかりだったんだけど。
おだてに弱くて、気に入らないことがあるとすぐにキィキィ怒って、憎めないねあの人(笑)
彼女の歌は吹き替えなんだそうですね。違和感なかったなあ。
「Prima Donna」での新旧支配人との掛け合いはけっこう好きな場面だったりする。
サントラ買っちゃおうかな~。

あーーこんなん書いてるともう1回見たくなってしまう。
妹ももう1回見たいとか言ってたし、行っちゃおうかなー。
DVD発売まだかなあ~(まだだろ)
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
Blogpeople

Blog list (選手公式)
最近のトラックバック
プロ野球順位表
プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表
ファイターズニュース
参加中

    北海道日本ハムファイターズファン

読書メーター

瀬田の読書メーター

ブログ内検索
プロフィール

瀬田(セタ)

  • Author:瀬田(セタ)
  • 仙台在住の日ハム(と広島)ファン
    ハムで好きな選手は武田久・稲葉・金子・宮西、カープで好きな選手は前田智・永川・梅津。
    他に応援している選手は江尻・森本稀・佐伯・山﨑武・ゴッツなど色々
    球団マスコットも愛してます
リンク
ブログ開始から何日経った?
amazonミュージック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。