スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーム最終戦は劇的サヨナラ勝ち(9月26日ハム×西武)

対西武24回戦(札幌ドーム)
●猫3-4x公○
久1勝 シコースキー5敗
HR(猫):中村24号ソロ・25号ソロ
継投:ケッペル~ウルフ~榊原~建山~林~久
ニッカンスコア

今日は札幌ドーム最終戦。
先発はケッペルと石井一久です。
1回裏、小谷野のタイムリーで1点を先制。
しかし3回表、2死2塁からホセのセンター前タイムリーで同点に…。
ここでセンター糸井からの送球を1塁の稲葉さんがカットし、1塁へ送球。
打者走者のホセは戻れずタッチアウトでチェンジ。
なんとか同点どまりで免れました。
ケッペルは3回1失点で降板。
4回表、2番手ウルフがおかわり君のソロHRで2-1と勝ち越しを許します。
が、すかさずその裏にメシヤマさんと賢介の連続タイムリーで2-3と勝ち越し!
が、6回表にまたもおかわり君のソロHRで3-3の同点に。
ここまではシーソーゲームでしたが、7・8・9回は榊原・タテヤマン・林・久が無失点で繋ぎます。
延長戦突入か…? と思いながら迎えた9回裏。マウンドにはシコースキー。
先頭の稀哲がセンター前ヒットで出塁し、続く稲葉さんはデッドボールで無死1・2塁のチャンス。
小谷野がバントで繋げようとしますが、シコースキーが素早く3塁へ送球して2塁走者の稀哲はアウトに…。1死1・2塁となってしまいます。
こりゃ延長戦だな…と覚悟した直後、糸井があっさりレフトへフェン直のタイムリー2BHでサヨナラ勝ちキタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
昨日杉内に完封食らって悔しかったので、今日の勝ちはホントに嬉しかったー!

そしてこの勝利でソフトバンクの優勝が決定。おめでとうございます。
なんか今日のハムが鮮やかにサヨナラ勝ちしたので、ハムが優勝したかのような華やかな気持ちになることができましたw
それにしても、一度はマジックのついてた西武が優勝を逃すとは思いませんでした。
今年はホントに混パだねえ。楽しいね~。

ホーム最終戦を勝利で飾ることができて良かった。
試合後にはセレモニーが行われて梨田さん・賢介・稲葉さんがあいさつ。
「日本シリーズは必ずここでできるように約束します!」と自らプレッシャーをかける稲葉さんに感動した。

サヨナラ勝ちと最終戦とで全く目立たなくなってしまいましたが、稀哲が1000試合出場を達成しました。
1000試合出場というと、いつもいつも「まあ、プロに入って一番簡単に達成できる記録だね」という元木大介のコメントを思い出す自分が嫌です(爆)
稀哲おめでとう!!!

さて、また3位浮上でCS圏内へ復帰です。
勝てば「よしこの調子ならCS行けるぞ!!」って思うし、負ければ「ロッテさん、私たちの分もCSで頑張ってきて…」って思っちゃう。
そんな一喜一憂のレギュラーシーズンもあと1試合です。
なんとしても勝ってほしいですねえ。
スポンサーサイト

杉内に完封負け(9月25日ハム×ソフバン)

対ホークス24回戦(札幌ドーム)
○鷹1-0公●
杉内16勝 ダルビッシュ8敗
継投:ダルビッシュ(完投)
ニッカンスコア

今日はダルと杉内のエース対決。
帰宅したらダルが1点失ったところだったので、風呂に入ったら戦局が変わるかと思い入浴したのですが、風呂からあがったらちょうど9回裏に糸井がゲッツー打って試合終了しましたorz
2ch風呂スレの「風呂に入ると戦局が変わる、しかし風呂に入って戦局を変えることはできない」を身をもって体感した次第です。

試合は予想どおりの投手戦となり、両先発1点も許さずに6回まで終了。
しかし7回表、ダルは1死から長谷川にデッドボール。
田上のバントで2死2塁。
続いてムネリンがレフト前へヒット。
稀哲のバックホームも間に合わず、長谷川が生還。
重い先制点を許してしまいました。
なんとか援護してやってほしい9回裏、稀哲のヒットと小谷野の四球で1死1・2塁。
しかし糸井が2ゴロゲッツーであっさり試合終了。
杉内に完封勝利を許してしまいました。
ソフトバンクはマジック1、ハムはまたも4位転落です。
あーー勝ちたかったよおおお

しかしヒロインの杉内の涙には、思わずこちらも涙してしまいました。
勝てない試合が続いてたから、今日の試合に期するものは大きかったんでしょう。
今日は杉内もダルも素晴らしかった。
緊張感あふれるいい試合でした。だからこそ勝ちたかった
一喜一憂の日々ですねえ。。。

4回裏の小谷野の2塁打がシーズン41本目となり、球団シーズン最多2塁打を記録したそうです。おめ。

榊原10勝目(9月24日楽天×ハム)

対楽天24回戦(Kスタ宮城)
○公4-2鷲●
榊原10勝 岩隈9敗 久19S
HR(鷲):牧田5号ソロ
継投:木田~榊原~宮西~建山~久
ニッカンスコア

先発は木田と岩隈。
画伯、初回に山崎先生のタイムリーで1点を失います。
うちは山崎先生によく打たれるなあ…。
2回裏、ヒットと四球で2死1・3塁のピンチを招いた木田を、梨田さんはあっさり交代させます。
相手が岩隈だけに、これ以上の失点は絶対に嫌だったんでしょう。
ここでマウンドにほっぽり出された榊原、枡田を空振三振に打ち取ってピンチを脱します。榊原GJ。
で、直後の3回表にメシヤマさんと賢介のヒットで無死1・2塁。
続く稲葉さんが2点タイムリーを放って勝ち越し!!
しかし4回裏に榊原が牧田にソロHRを打たれて2-2の同点に。

6回表、糸井・二岡が続けてデッドボールで出塁し、陽君の内野安打で無死満塁のチャンス!
しかし大野君とメシヤマさんが連続三振であっという間に2死。
ここで賢介がセンター前へ2点タイムリーを放って勝ち越し!!
賢介、値千金のタイムリーでした。
岩隈から打てたっていうのがまた嬉しいですね。

榊原は5回を投げて5安打1失点。
いつも苦しい時に助けてくれますねえ。
榊原のあとは宮西・タテヤマン・久が無失点で繋ぎ、リードを守り切りました。
榊原は中継ぎだけで10勝目。おめでとう。
順位も単独3位に浮上です。

痛い痛い負け(9月22日ハム×楽天)

対楽天23回戦(札幌ドーム)
○鷲3-1公●
川井3勝 勝7敗 小山11S
HR(鷲):牧田4号ソロ、聖澤6号ソロ
継投:勝~榊原~宮西~菊地
ニッカンスコア

先発は勝さんと川井。
3回表、無死1・3塁から井野の遊ゴロゲッツーの間に1点を先制されます。
4回裏、1死1・3塁で陽君の3塁への当たりを中川がホームへ送球。
3塁から小谷野が突っ込んでセーフとなり、同点となります(記録は3塁野選)。
しかし5回表、牧田のソロで2-1と勝ち越しを許します。
さらに6回表には聖澤のソロで3-1。
勝さんはこの6回までで降板。
中5日の先発ながらもゲームは作ったのですが、打線の援護がなかったねえ…。
7回裏に2死からメシヤマさんと賢介が連打で1・3塁とし、ここで稀哲に代えて代打坪井。
球場のボルテージは最高潮となりますが、坪井はあえなく空振三振。
8回・9回は楽天救援陣に3凡に抑えられて無念の敗戦となりました。
今日はロッテの試合がなかったので、勝って単独3位といきたかったのですが、4位転落。
非常に痛い負けとなってしまいましたが、負けてしまったものは仕方ない。
残り4試合、とにかく勝つしかありません。

鶴岡ブロックの勝利(9月21日ハム×オリ)

対オリックス23回戦(札幌ドーム)
●檻3-4公○
林2勝 平野2敗 久18S
継投:ウルフ~林~建山~菊地~宮西~久
公式
ニッカンスコア

先発はウルフと中山。
4回表にT-岡田のタイムリーで先制されますが、その裏に陽君のタイムリーですかさず同点に!
6回裏には飯山のタイムリーで勝ち越しに成功。
メシヤマさんは8回裏にもタイムリーを放って本日4打数4安打2打点の大活躍でした。
8回は賢介の犠飛でさらに1点を追加して1-4とします。

先発のウルフは5回1失点。
ウルフはもう少し投げる予定だったようですが、右手中指の爪が割れてしまい、5回で降板となりました。
次の登板には影響なさそうということで良かったです。
ウルフの後は林・タテヤマン・菊地・宮西が無失点リレー。
昨日に引き続き、リリーフ陣がホントに良かったですね!

さて3点のリードで迎えた9回表、久が捕まってしまいます。
2アウトは軽々とったのですが、その後連打を許し、バルディリスのタイムリーで2-4に><
なおも2・3塁で北川にもセンター前タイムリーを打たれます。
3塁から大引が生還し3-4。
さらに2塁からバルディリスもホームを狙いますが、糸井のレーザービームと鶴岡の決死のブロックでタッチアウト!!
なんとか同点は免れて試合終了。
バルディリスに吹っ飛ばされてもボールは離さなかった鶴岡、素晴らしかったよー!
9回表だけですごい盛り上がりでしたねw
いやー、勝てて良かった。

ヒロインは同点タイムリーの陽君と4安打2打点の飯山。
前も書いたけど、メシヤマさんのヒロインでのテンション低い感じが大好きです。

木塚、引退を発表

9/21(火)木塚選手が引退を表明(横浜公式

9月21日(火)木塚選手が横浜ベイスターズ球団事務所を訪れ、今季限りで引退することを伝え、あわせて会見を開きました。

木塚選手の会見コメントを紹介します。
「2000年に入団して、大変お世話になって感謝しています。今年限りで自分の野球選手として、一線から身を引くと球団に話しをしました。それと同時に、次の僕の人生に大変ありがたい要請をいただきました。二軍のピッチングコーチとして、僕もありがたく、やりがいのあるポジションだと思っています。ここ数年は若い選手から刺激を受けてプレーしてきました。その中で僕に刺激をくれた若い選手、これから入団してくる選手たちのために、僕の受けたいい影響を恩返しできるように頑張りたい。コーチとしてゼロからのスタートですが、いろいろな方から指導を受けながら、ベイスターズが浮上できるよう、少しでも力になれるよう、日々努力していきたいと思います」

この日の発表に対して木塚選手は、
「シーレックス、ベイスターズで最後まで諦めずに戦っている仲間に失礼になることかもしれませんが、自分の性格上、スパっと決断しました」と最後にチームメイトへの気づかいを言葉にしていました。



木塚が引退してしまうううぅぅぅ
今年は2軍暮らしが続いていましたが、そうか、辞めちゃうのか…。
まだ33歳なのにねえ。
太く短く駆け抜けたという感じですね。
木塚の闘志をむき出しにして投げるところが大好きでした。
サイドから思い切り腕を繰り出すフォームも、投げる前にマウンドをがしがし掘るところも、リリーフカーが停まりきる前に飛び降りてくる姿も、全部全部大好きでしたよ。
あの穴掘りがもう見られないなんて淋しすぎる。
でもここ2年くらいは本来の力を発揮できていない感があったので、ここらが潮時だったのかなあ。
実働10年で489試合登板ですから、とにかくよく投げていた印象があります。
本当にお疲れ様でした。

来季からは2軍の投手コーチに就任するとのこと。
あの闘志を若い選手たちに伝えていってほしいですね。
頑張ってください。

守り切って勝利(9月20日ハム×オリ)

対オリックス22回戦(札幌ドーム)
●檻2-3公○
榊原9勝 木佐貫12敗 久17S
継投:糸数~榊原~林~建山~宮西~久
公式
ニッカンスコア

先発は糸数と木佐貫。
初回は森山にヒットを許すもその後うまくゲッツーで切り抜けた糸数ですが、2回表にカラバイヨの2点タイムリーで先制を許します。
で、梨田さんは糸数をこの2回までで諦めて3回表から早々と榊原にスイッチ。思い切ったねー。
3回裏の2死1・3塁、稲葉さんの打席で木佐貫が暴投。
3塁から大野君が生還し、ラッキーな形で1点を返します。
さらに稲葉さんと小谷野の連続タイムリーで2-3と逆転に成功!
その後はランナーは出すものの得点には至りませんでしたので、この3回裏の3点は非常に大きなものでした。
このようにカチッと連打が決まると気持ちいいですね。
4回以降は榊原・林・建山・宮西・久の投手リレーで、オリ打線に2塁も踏ませませんでした。
1点のリードを大事に守り切り、同率3位をキープです。

今日のヒロインはリリーフ陣5人でした。いい絵面でしたねw
ここに来てリリーフが手堅く仕事をしてくれてるのは有難い限りです。
榊原は中継ぎだけで9勝目。おめ。

秋はハマスタ(9月20日横浜×広島観戦記)

○鯉9-1星●
齊藤4勝 三浦8敗
HR(星):スレッジ28号ソロ
HR(鯉):栗原11号ソロ・12号2ラン、梵12号ソロ
継投(星):三浦~江尻~弥太郎~福田
継投(鯉):齊藤(完投)
ニッカンスコア

秋はあまり混んでいないハマスタで、広島戦やヤクルト戦をまったり観戦するというのが私的秋の風物詩となっています。
とゆーわけでみずのさんと行ってきましたハマスタ。
陽が射したり曇ったり雨がぱらついたりと気まぐれなお天気でしたが、死ぬほど暑くもなく良かったです。

新聞報道でGOGO筒香が一軍昇格とあって楽しみにしていたのですが、直前に怪我で延期になってしまって残念だったなあ。

さて先発は三浦さんと齊藤。
3回表、木村昇のタイムリーで広島が先制。
木村昇の応援歌、キムタクの応援歌を流用してるんですね~。
4回表には栗原のソロで2-0。
4回裏、スレッジのソロで横浜が1点を返して2-1。
5回は両チームとも無得点で、ここまでは接戦でした。
が、6回表に三浦さんが捕まって一気に3失点。
1死2・3塁としたところでマウンドを降ります。
三浦さん、今季は調子が上がらないままですねえ…。
2番手で登板の江尻もカープ打線の勢いを止めることができず、三浦さんの残したランナーをきっちり返して7-1とされてしまいます。
せっかくえじりんが出てきて嬉しかったのに、残念な内容となってしまいました
7回表には弥太郎が登場。
元ハム継投に嬉しくなりましたが、梵にソロHRを打たれて8-1と点差を広げてしまいます。
8回表には石原のタイムリーで9-1。
横浜はランナーは出るけど、チャンスでゲッツーが相次ぎ、結局得点はスレッジのソロによる1点のみ。
気がつけば10残塁でした。ヒットは出るのにねえ…。
齊藤は大量援護に守られて今季2度目の完投勝利。
4勝目をマークしました。おめ。

1塁側で見てたので横浜が負けて残念でしたが、2か月ぶりの野球観戦だったので楽しかったです。
内野席でまったりだらだら見てるのって、すごく好きだなーと再実感した。
やっぱりハマスタって好きだー。
ここんとこ12月のLUNAのライブ以外楽しみが何もなーいって感じのつまらん日々が続いていたので、今日はいい気分転換になりました

千尋ちゃん強し(9月19日ハム×オリ)

対オリックス21回戦(札幌ドーム)
○檻4-0公●
金子千17勝 ケッペル8敗
HR(オリ):カラバイヨ7号ソロ
継投:ケッペル~榊原~林~菊地~吉川
公式
ニッカンスコア

今日はあっちの先発が千尋ちゃんだったので、点が取れれば実質勝利!! と低い目標を掲げていたのですが、実質勝利さえもならなかった…。

ハムの先発はケッペル。
初回、カブレラのタイムリーで1点を先制されます。
さらに2回には坂口と森山のタイムリーで3-0。
千尋ちゃん相手に序盤で3失点は痛すぎた。
3回は3凡に抑えたケッペルでしたが、4回表、先頭のカラバイヨにソロHRを浴びて4-0。
これでもう試合は決まったようなものでした。っていうくらい千尋ちゃんが素晴らしかった。
4回裏に稲葉さんと小谷野のヒットで無死1・2塁のチャンスを作りますが、糸井が三振に倒れ、続く二岡は遊ゴロゲッツーに打ち取られて得点ならず。
あとはチャンスさえも作れず凡打の山でした。
点取って! って思いで見てるとストレスがたまるので、途中からは、現在パで一番乗ってる投手・千尋ちゃんを堪能しようって気持ちで見ていたら結構楽しかったですw

8回裏、陽君のヒットと賢介の四球で2死1・2塁と久々のチャンス。
ここで稀哲に代えて代打坪井! 盛り上がる札ド。
そしたらどんでんも動いて、千尋ちゃんを下げて平野にスイッチ。
しかし坪井は空振三振に倒れます。無念。
9回裏も平野と古川に3凡に抑えられて試合終了。
結局オリ投手陣から1点も奪えませんでした。

ケッペルは病み上がりだったこともあり、イマイチでしたね…。
しかしリリーフ陣がきっちり無失点に抑えたことは明るい材料かな。
明日は勝ちたい。

3安打で勝利(9月16日ハム×楽天)

対楽天22回戦(札幌ドーム)
●鷲0-3公○
勝13勝 川井6敗 久16S
継投:勝~建山~林~久
公式
ニッカンスコア

先発は勝さんと川井。
4回表、勝さんはヒットと四球で2死満塁のピンチを背負いますが高須を見逃し三振に打ち取ってこのピンチを脱します。
すると5回裏に先頭の二岡がヒット、続く陽君がバントをきめて1死2塁。
ここから大野君とメッシーが連続四球で1死満塁。
賢介が手堅く犠飛を打ち上げて先制します。
さらに稀哲がタイムリーで0-2。
続く稲葉さんは三振でしたが、最後の球が暴投となり振り逃げ。
3塁からメッシーが生還し、0-3。
2安打で3得点してしまいました。ラッキー。

勝さんはランナーを出しつつも粘りのピッチングで7回7安打無失点。
その後はタテヤマン・林・久が楽天打線を無安打に抑えて試合終了。
相手のミスも絡んで獲得した3点を守り切りました。
ヒットが3本しかなかったのに勝てちゃうとは思わなかったw
勝さんは中5日で疲れもあったそうですが、13勝目をマークです。
昨日は劇場開催だった久も今日はきっちり3凡で良かったです。

大敗でまた5位(9月14日ハム×楽天)

対楽天20回戦(札幌ドーム)
○鷲9-0公●
永井9勝 中村2敗
HR(鷲):山崎25号2ラン
継投:中村~須永~吉川
公式
ニッカンスコア

先発は中村と永井。
先発予定だったケッペルが背中を痛めてしまい、急きょ中村が昇格して先発することに。

中村、初回から捕まってしまい山崎先生と草野のタイムリーでいきなり3失点。
2回表にも渡直のタイムリーで4-0。
中村はこの2回で降板。
やっぱり急な先発で調整がきつかったか…。
3回からは須永が投げますが、勢いのついた楽天打線を止めることができず、4回表に3連続タイムリーで3失点。
7-0と試合を決定づけられてしまいます。
須永、ここで抑えれば評価上がるのに~~><
さらに6回表には山崎先生の2ランで9-0とされます。
山崎先生、今日は4打点です。よく打つなあ。
7回からは吉川が登板。
大量ビハインドで楽な場面だったとはいえ、3イニングを無失点に抑えました。

打線は永井の前に4安打と沈黙。
3回裏にヒットと四球で2死満塁のチャンスを作りましたが、小谷野が3ゴロに倒れ得点できず。
その後はチャンスさえも作れずでした。
気がつけば永井に完封勝利を許してしまいました。

ここに来てこの大敗は痛いですねえ。しかも完封負けだし。
オリが勝ったのでまた5位です。
またあしただな。

散発3安打じゃ勝てねえよ(9月12日ソフバン×ハム)

対ホークス23回戦(ヤフードーム)
●公0-2鷹○
大隣4勝 八木4敗 馬原31S
継投:八木~榊原~林~吉川~建山~宮西
公式
ニッカンスコア

先発は八木と大隣。
2回裏、八木はヒットと四球で2死満塁のピンチ。
ここでムネリンに痛恨の押し出し死球で先制を許します。
八木はこの2回で降板。あららら。
3回からは困った時の榊原が3回1/3を投げるロングリリーフ。
しかし5回裏、2アウトからオーティズにタイムリーを打たれてしまいました。
その後は林・みつお・タテヤマン・宮西が無失点で繋いだのですが、打線が大隣・ファルケンボーグ・馬原の前に散発3安打。
それじゃ点入らねえよ…。
無念の完封負けを喫してしまい、3タテとはいきませんでした。
火曜からはホームでの試合が続くので、なんとかCS争いに望みを繋ぎたいところです。

ダルビッシュ、久々の勝ち星(9月11日ソフバン×ハム)

対ホークス22回戦(ヤフードーム)
○公4-1鷹●
ダルビッシュ11勝 杉内7敗
HR(公):小谷野16号ソロ
継投:ダルビッシュ(完投)
公式
ニッカンスコア

先発はダルと杉内。
この混戦の中のエース対決なんて、予告先発見ただけでwktkしちゃう! って感じだったのですが、映画「悪人」見に行っててスポーツニュースさえも見れなかった。残念。
でも映画はとっても良かったので満足。
余計なことは喋らない脚本に好感が持てました。

2回までは杉内の前に走者が出ませんでしたが、3回表にヒット・バント・内野安打で地味にチャンスを作り、賢介の犠飛で先制。
さらに4回表、小谷野のソロで2-0とします。
6回表には先頭の稀哲が内野安打。
稲葉さんがバントをしてチャンスを広げます。
で、杉内は小谷野と糸井に連続四球を出して1死満塁のチャンス。
ここで翔さんがレフト前へ2点タイムリー! 4-0です。
5試合ぶりにヒットが出た翔さん、「涙出そう」だったそうですw

今日のダルに4点のリードは多すぎるほどでした。
8回まではホークス打線を散発5安打、無失点に抑える好投。
9回裏にペタのタイムリーで1点を失いますが、堂々の完投勝利。
前回の勝利は8月6日だったので、1か月以上ぶりの勝ち星。
長かったねえ。良かったねえ。

決勝点はスクイズ(9月10日ソフバン×ハム)

対ホークス21回戦(ヤフードーム)
○公2-1鷹●
榊原8勝 馬原1敗 久15S
継投:勝~宮西~榊原~久
公式
ニッカンスコア

先発は勝さんと山田。
1回裏、1死3塁で長谷川の打席、3塁ランナーのムネリンを牽制。
ムネリンは戻り切れずアウトに。
大野君、ナイスプレイでした!
長谷川はライトフライに打ち取りチェンジ。
ムネリンを牽制してたのが大きかったですね。
3回表、1死満塁で稲葉さんの遊ゴロ間に1点を先制します。
しかし4回裏、多村のタイムリーで同点とされてしまいます。
先発の勝さんは粘りのピッチングで6回1失点でマウンドを降ります。
なんとか勝ち越したかったのですが、ランナーを出すのもままならないまま9回が終了。
試合は延長戦へ。
10回表は馬原だったのでなんかもう諦めモードでしたが(爆)、先頭の大野君が四球を選び、陽君がバントして1死2塁。
さらに賢介がセンター前ヒットで繋いで1死1・3塁。
ここで稀哲がスクイズ決行!
3塁から紺田(大野君の代走)が還ってきて勝ち越しキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
いやー、いいスクイズでした。
10回裏は久が危なげなく3人で抑え、試合終了。

あまり馬原を打てた記憶がなかったから勝てる気がしなかったので、四球やバントで一生懸命繋いで、スクイズで地味に勝ち越したのがすごく嬉しかったです。
追い付かれての延長戦だったので、サヨナラ負けとか引き分けだと後味悪いですからね。
地味でも何でも勝てて良かったー!

3連敗(9月8日西武×ハム)

対西武22回戦(西武ドーム)
●公3-8猫○
石井一9勝 糸数2敗
HR(公):小谷野13号ソロ
HR(猫):坂田8号2ラン、フェルナンデス7号ソロ
継投:糸数~須永~吉川
公式
ニッカンスコア

先発は糸数と石井一久。
2回表に翔さんの犠飛で先制しますが、その裏に坂田の2ランであっさり逆転。
4回表に大野君のタイムリーで同点としますが、その裏に糸数が捕まってしまいます。
ホセの2ランで2-3と逆転を許すと、さらに原・片岡・栗山に立て続けにタイムリーを許して2-7と大きく突き放されます。
糸数はこの4回で降板。
今日は4回7失点と大乱調でした。。。
5回からは須永が3イニングのロングリリーフ。
7回裏にナカジのタイムリーで2-8とされます。
昨日からナカジによく打たれているなあ(遠い目)
8回表、小谷野のソロで1点を返しますが、反撃もそれだけ。
3-8で試合終了となりました。
4回にビッグイニング作られちゃったのが痛かったねえ。
安打数は1しか変わらないのに、この点差は何なんだw

今日は8回裏に吉川が登板。無安打に抑えました。
ビハインドの場面だったけど、みつお、リリーフもいけるかも!

オリが勝ったのでまた5位でーす。
なかなか上に行けませんねえ。

鮮やかにサヨナラ負け。どうしてこうなった(9月7日西武×ハム)

対西武21回戦(西武ドーム)
●公5-6x猫○
シコースキー2勝 林2敗
HR(公):糸井15号ソロ
継投:ケッペル~榊原~宮西~建山~林~久
公式
ニッカンスコア

先発はケッペルと許さん。
4回表、稲葉のタイムリーで先制すると、さらに糸井の2点タイムリーと二岡のタイムリーでこの回一挙4得点。
先発のケッペルはテンポ良く6回を無失点に抑えて降板。
ここまではとても良い展開でした。
流れさんは間違いなくこちらを向いていた。

しかし7回、2番手榊原が2死1・3塁のピンチを招いて宮西にスイッチ。
宮西は平尾と片岡にタイムリーを浴びて4-2とされます。
さらに栗山に四球を与えてなおも2死満塁。
ここでタテヤマンにスイッチ。
タテヤマン、ナカジの2点タイムリーとホセのタイムリーで4-5と逆転を許してしまいます。
宮西とタテヤマンが打たれたら仕方ねえ…と諦めた8回表、糸井のソロムランで同点に!
何とか逃げ切りたい9回裏、2イニング目の林が先頭の平尾に四球。
で、次の片岡のバントを賢介が取り損ねるというエラーで無死2・3塁のピンチ。
栗山を敬遠して無死満塁としたところで久にスイッチ。
打者は先ほどタイムリーのナカジ。
なんかもう色々無理だろ…と思ってたら、ナカジにあっさりライトへ犠飛を打ち上げられてサヨナラ負け。
ノーヒットでサヨナラ負けしてしまった…。

ケッペル、今日は勝てると思ったんだけどなあ。気の毒だったなあ。
ケッペルもう1イニングいけたんじゃない? って思ったけど、背中に張りがあったとかで早めに代えたそうです。
モヤッとした継投だったけど、仕方なかったのかな。

13残塁じゃ点入らないよね…(9月5日ロッテ×ハム)

対ロッテ24回戦(マリン)
●公1-5鴎○
コーリー3勝 増井4敗
継投:増井~菊地~榊原~須永
公式
ニッカンスコア

ロッテさんとの今季最終戦です。
もう最終戦なんですねえ。早いですねえ。

先発は増井とコーリー。
1回裏、福浦のタイムリーで先制を許します。
さらに2回裏には西岡のタイムリーで0-3とされます。
3回裏、増井は2本のヒットと四球で1死満塁のピンチ。
梨田さんはここで増井を諦め、菊地にスイッチ。
で、菊地が的場に犠飛を打たれて0-4。
なんとか1失点で切り抜けましたが、序盤でだいぶ突き放されてしまいました。
4回表に賢介のタイムリーで1点を返し、なおも1死1・3塁のチャンス。
しかし稀哲が遊ゴロゲッツーに倒れて追加点ならず。むー。
で、4回裏にキムテギュンに犠飛を打たれて1-5。
6回以降はロッテの継投策の前に得点を奪えず。
7回表に1死満塁のチャンスを作るのですが、二岡・翔さんが連続三振に倒れてしまいました。
小野の気迫のピッチングに抑えられちゃいましたね。

昨日上がってきた須永が7回途中から4番手で登板。
1回1/3を投げて無安打でした。
この調子で頑張ってほしいですねえ。

9回表はコバヒロの前に3凡で終了。
先頭の稲葉の打球を、岡田がフェンスに激突しながらジャンピングキャッチというファインプレイ。
最後にいいもん見せてもらいました(遠い目)

今日は序盤の失点が最後まで響きました。
打線も13残塁という拙攻ぶり。
とりあえずカード勝ち越しを前向きにとらえて、火曜からの西武戦に臨みましょう。

灼熱のマリンで延長戦を制す(9月4日ロッテ×ハム)

対ロッテ23回戦(マリン)
○公1-0鴎●
林1勝 小野3敗 久14S
継投:ダルビッシュ~宮西~榊原~林~久
公式
ニッカンスコア

今日はマリンでデーゲーム。
テレビで見てるだけでとっても暑そうでしたが、J-SPORTSの放送席に置いてた温度計は41℃を示していました。
暑いにもほどがあるw
先発はダルビッシュとペン。
ダルは立ち上がりは制球がイマイチでしたが、投げながら修正していきます。
ピンチを背負う場面もありましたが、ホームは許さず8回無失点でマウンドを降ります。
打線はロッテ先発のペンにうまく打たせて取られてしまい、チャンスを作ってもあと1本が出ず。
結局9回まで0-0のままで試合は延長戦へ。
ペンは10回まで投げてマウンドを降りますが、11回表もコバヒロの前に無得点。
そして最終回の12回表、ロッテ3番手小野を攻めて1死満塁のチャンス!
ここで飯山がライトへ犠飛を放ち、3塁から糸井が生還で待望の勝ち越し!
貴重な貴重な1点が入ります。
12回裏は久。
2つの四球で2死1・2塁とされますが、最後はキムテギュンを3ゴロに打ち取って試合終了。
4時間11分の熱戦を制しました。

メシヤマさん、きっちり仕事してくれました。
糸井もよく走ってくれました。
暑い中での長い試合だったし、ダルが投げている間は援護できなかったしで、負けてたらダメージが大きかったと思います。
勝てて良かった。

勝-大野で接戦を制す(9月2日ハム×ソフバン)

対ホークス20回戦(札幌ドーム)
●鷹1-2公○
勝12勝 森福1敗 久12S
HR(公):大野4号ソロ
継投:勝~建山~林~久
公式
ニッカンスコア

先発は勝さんと山田。
2回裏、メッシーの犠飛で先制。
しかし4回表に長谷川のタイムリーで同点とされます。
で、秋山監督は先発の山田を3回までであっさり諦め、4回より森福に交代。
ここで先頭の大野君が勝ち越しソロムランを放ちます!ヽ(・∀・)ノ
5回表には先頭のムネリンがいい当たりを放ちますが、賢介のファインプレイでアウトに。
賢介、いいところを守ってましたねえ~
勝さんは毎回のように走者を出しながらも、持ち前のコントロールで粘りのピッチング。
8回1失点でマウンドを降りました。
ソフバンに強いということでわざわざローテをずらして今日の試合にぶつけられたわけですが、きっちり期待に応えてくれました。
これで負けると後味悪いもんねえ。
淡々と結果を出す勝さん、素晴らしかったです。
9回表はタテヤマン・林とつなぎ、最後は久が松田を2ゴロゲッツーに打ち取って試合終了。
1点のリードを守り切りました!

ヒロインは勝さんと大野君。
インタビュアーに名バッテリーですね、みたいなことを振られた勝さん、「気持ち悪いくらい仲がいいので、これからも気持ち悪くなります」と淡々と答える。
何故にこりともしないでそんな変なこと言えるのww

明日はウルフが先発なんですね。
調整うまくいったかな?
カレンダー(月別)
08 ≪│2010/09│≫ 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
Blogpeople

Blog list (選手公式)
最近のトラックバック
プロ野球順位表
プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表
ファイターズニュース
読書メーター

瀬田の読書メーター

ブログ内検索
プロフィール

瀬田(セタ)

  • Author:瀬田(セタ)
  • 仙台在住の日ハム(と広島)ファン
    ハムで好きな選手は武田久・稲葉・金子・宮西、カープで好きな選手は前田智・永川・梅津。
    他に応援している選手は江尻・森本稀・佐伯・山﨑武・ゴッツなど色々
    球団マスコットも愛してます
リンク
ブログ開始から何日経った?
amazonミュージック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。