スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンバーは揃ったが5連敗(8月23日ソフバン×ハム)

対ホークス17回戦(福岡ドーム)
●公1-3鷹○
杉内12勝 勝7杯
継投:勝~谷元~建山
公式
ニッカンスコア

小谷野もスレッジも糸井も戻ってきました!( ;∀;)
思いの外早い復帰で嬉しいです。
なお、試合は(ry

先発は勝さんと杉内。
1回表、1死3塁から信二の3ゴロ間に先制。
幸先よく先制はしたものの、その後はさっぱり杉内を攻略できず。
たまに四球で出塁はしてましたが、大体三凡でした。
終わってみれば2安打1得点。15三振じゃ勝てねえよ、夏。
むしろ2安打しかしてないのに1点取れていることを評価したい(爆)

勝さんは5回までは無失点で踏ん張っていたのですが、6回裏に小久保のタイムリーで同点とされ、さらに長谷川の2点タイムリーで1-3と勝ち越しを許します。
勝さん降板後は谷元・タテヤマンと無失点で繋いだのですが、前述のとおり2安打1得点だったのでそのまま逆転負け。
杉内には完投されてしまいました。
久々の5連敗です。
き、今日は杉内が良すぎたってことにしましょうか><
インフルや発熱で休んでいた選手が帰ってきたとは言っても、そんなすぐに本調子にはなれないもんねー…。まあこんなもんよねー…。
大変な1週間だったと思いますが、明日は試合がないので皆ゆっくり休んでほしいです。
スポンサーサイト

ハムにインフルエンザが蔓延

大野君がインフルエンザで離脱して心配していたのですが、金森・宮西・スレッジ・福良コーチも感染してしまいました…。なんということだ…。
公式HPの発表は下記のとおり。

インフルエンザ感染 今後の対応につきまして

北海道日本ハムファイターズでは8月16日(日)に大野奨太選手がA型インフル エンザを発症したのに続き、本日8月18日(火)に金森敬之選手が札幌市内の病院で、福良淳一ヘッド兼打撃コーチ、宮西尚生選手、ターメル・スレッジ選手が旭川市内の病院でA型インフルエンザと診断されました。
また、旭川市保健所が旭川市内の病院で感染が確認された3人のうち2人の検体を札幌市内の検査機関に送り調べたところ、新型インフルエンザの陽性という検査結果が得られました。
残る3人につきましても発症時期がほぼ同じであり、同様の症状を訴えていることから新型インフルエンザに感染したものと考えられます。
チームといたしましては蔓延防止に細心の注意を払い、予定通り今後の主催試合を開催してまいります。皆さまのご理解を何卒宜しくお願い申し上げます。



昨日宮西が、本日金森と菊地が抹消になりました。代わりに中田と今浪が登録になるみたい。
菊地はインフルエンザに感染したとはありませんが、微熱がある様子です。
また、本日選手ほか球団職員たちも簡易検査を行ったところ、全員陰性だったとのこと。
とりあえずほっとしました。
しかし、まさかこんな事態になってしまうとは思わなかったよ…。ウイルスって怖い。
今は感染した選手たちと福良コーチの1日も早い回復と、これ以上感染が広がらないことを祈るばかりです。
一気に離脱者が増えて痛いなんてもんじゃないけど、残った選手で頑張ってほしいです。。。
どうしていきなりこんな事態になってしまったんだか。
私が代わってあげたいくらいだ(´;ω;`)

まさかのサヨナラ勝ち+中嶋先生久々の出場(8月16日ハム×西武)

対西武15回戦(札幌ドーム)
猫●6-7x 公○
宮西6勝 小野寺5敗
HR(公)小谷野8号3ラン、稲葉14号3ラン
HR(猫)栗山10号ソロ、中村35号2ラン
継投:勝~谷元~林~江尻~金森~宮西
公式
ニッカンスコア

大野君がインフルエンザになってしまったということで、中嶋先生が登録になりました。
大野君は抹消はしない模様。早く良くなるといいねえ。

先発は勝さんとルーキー野上。
勝さん、1回表にGG佐藤に2点タイムリーを許し、いきなりの2失点。
3回表には栗山のソロで3-0。
打線の方は野上の前にチャンスすら作れない状態が続きます。
6回表、GGの本日2本目のタイムリーで4-0。
今日は厳しいかなあ…と思ったのですが、なんと6回裏に小谷野の3ランが出て一気に1点差に迫ります。小谷野すげ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
ここで野上は交代となります。

勝さんは6回5安打4失点でマウンドを降りました。
2番手谷元・3番手林が繋いで、8回表からは江尻。
昨日のヒーローえじりんでしたが、なーんとおかわり君に2ランを打たれてしまいます。
これで6-3。やはり連投はきつかったか><
江尻はその後1死1・2塁としたところで降板。代わった金森が抑えました。
9回表は中嶋先生がマスクを被ります! ひさしぶりだーヽ(・∀・)ノ
イニングまたぎの金森が、きっちり3凡で抑えました。すばらしい

で、3点差で迎えた9回裏。
今日はこのまま終わりかなと思っていたのに、1死から賢介の四球と糸井の2BHで1死2・3塁のチャンス。
ここで稲葉です。
稲葉がファールで粘りまくったこの打席は今日一番の盛り上がりを見せました。
ファールを繰り返すうちに集中力が増していったらしい稲葉、集中しすぎてカウント2-3なのに四球だと思ってレガースを外しかける場面がありましたw
で、その直後、起死回生同点3ランがキタ━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━!!!!!!!!!
一気に延長戦へ突入。信じられない展開です!
「ここで同点に持ち込むにはHRしかないけど、そんな上手くいくわけないよねー」って思ってたら本当にそうなっちゃうんだから、驚きましたよ。

10回表は宮西が素晴らしい4凡。
最後の細川を三振にとった時のガッツポーズがかっこよかった~。
そして10回裏。ピッチャーは9回から引き続きの小野寺。
1死からスーパーが四球を選び、中嶋先生がバント。
これを小野寺が2塁へ送球し、オールセーフに。野選ラッキー(・∀・)
1死1・2塁となったところで、小野寺からベイリスに交代。
金子がセンター前へヒット! と思いきや、2塁走者のスーパーが飛び出していて3塁封殺orz
金子の記録は中ゴロにorz
スーパー、痛すぎるミスです。いつぞやの川島を思い出したね
気を取り直して賢介が1塁への内野安打でチャンスを広げます。
横っ飛びでキャッチしようとしたおかわり君のグラブをはじいたのが功を奏しました。
ここで2塁の中嶋先生がオーバーラン。3塁を回ったところで、慌てて四つん這いになりながら3塁へ戻るという面白プレイを披露。
中嶋先生何やってるんすかwwwwwww

さて2死満塁で糸井です。
なんとしても決めてくれ! と思っていたら、ここでベイリスが暴投。
中嶋先生がホームインしてサヨナラ勝ちキタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
なんと劇的な幕切れ!!
サヨナラのホームを踏んだ中嶋先生はショートのあたりまで逃亡しましたが、皆に捕まってもみくちゃにw
私は、この10回裏のおもしろ展開は中嶋先生が呼び込んだものだと信じて疑わない。
これで西武3タテです
最近のハム、神がかってますね…。つか、今日はなんで勝てたんだろう…(爆)

ヒロインは順当に稲葉。
稲葉も興奮冷めやらぬという感じで、「強いですね!」と振られたら「強いですね! 僕もわかりません!(笑)」と返すナチュラルハイな滑り出し。
9回裏のランナーなしの場面、ベンチはとても暗かったらしいw
中嶋先生が10回裏に四つん這いになっていた件については、「だいぶ足がもつれていましたけれども(笑)、一生懸命やる姿というのは我々は見ているので、そのお陰だと今日の勝利は思います」と、どこまでも爽やかな稲葉でしたw

岸君に(一応)勝てた!(8月15日ハム×西武)

対西武14回戦(札幌ドーム)
●猫0-2公○
菊地3勝 岸2敗 久25S
継投:藤井~江尻~菊地~久
公式
ニッカンスコア

先発は藤井と岸。
例によって岸君の前にチャンスすら満足に作れません。
対する藤井も、走者を出しながらも粘りのピッチング。
6回表、片岡と栗山に連続ヒットを許したところで降板となりましたが、勝ちをつけられなかったのが気の毒でしたねえ。
藤井の後を受けたのは江尻。
無死1・2塁の場面で江尻はナカジを遊ゴロゲッツーに打ち取り、ピンチを脱します
7回表も江尻。代打原を遊ゴロに打ち取り、佐藤にヒットは許しますが、続くGG佐藤を遊ゴロゲッツーに打ち取ります! 素晴らしいよ江尻
8回表は菊地が三凡で繋ぎ、試合は0-0のまま8回裏へ。

8回裏、先頭の賢介が2BH。糸井がバントで繋ぎます。
稲葉が敬遠されて1死1・3塁。
次の信二を迎えるところで、渡辺監督は岸君を降ろして大沼に交代。え、いいんですか? って感じでした。
しかし信二は3ゴロ。三本間で賢介が挟まれて2死1・2塁と変わります。
ここで沼者から星野に交代となります。
で、スレッジがセンター越えのタイムリー2BHを放ち、0-2とします!!
待望の先制点です
9回表は久がきっちり4凡。大事な2点を守り抜き、カード勝ち越しを決めました。

ヒロインはスレッジと江尻。
えじりんはお立ち台久しぶりだねえ(*´∀`)
スレッジは息子と一緒にお立ち台へ。たれ目がそっくりだw
スレッジが息子を右腕1本で気軽に抱えていたんだが、落っことさないのか心配になってしまった(爆)

これでパのチームとしては今季初めて岸君に黒星をつけたことになります。
星野を打って岸君のランナーを返しただけなので、岸君に勝ったことになるのかよくわかりませんが、まあええことよ。

金子のタイムリーで逆転勝ち(8月14日ハム×西武)

対西武13回戦(札幌ドーム)
●猫2-3公○
ダルビッシュ14勝 大沼4敗 久24S
継投:ダルビッシュ~久
公式
ニッカンスコア

先発はダルビッシュと帆足。
3回裏、稲葉のタイムリーで先制します。
しかし帆足からヒットは打つのですが、なかなか得点に結びつきません。
この稲葉のタイムリーの後は6回終了まで0-1のままでした。
7回表、ここまで1安打に抑えていたダルが捕まってしまいます。
義人とGG佐藤に連続タイムリーを浴び、2-1と逆転されてしまいます。
しかしその裏、西武4番手の沼者から稲葉が犠飛を放ち同点に。試合を振り出しに戻します。
同点にしてもらったダルは、8回表を三凡に抑えます。
そして8回裏。2死2塁で西武バッテリーは代打坪井を敬遠。
今季沼者と相性の悪い金子で勝負することを選びます。
で、その金子がセンター前へタイムリーキタ━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━!!!!!!
これで2-3と逆転に成功。いやー、鮮やかでしたよ金子さん
9回表は久がきっちり三凡。
1点差ゲームを制しました。
ダルの投げる試合を落とさなかったのは大きいですね。

ヒロインは勝ち越しタイムリーの金子。
前の打者坪井を敬遠されて勝負を挑まれたことに関して、「『ここでアウトになっても次1番からだし~』みたいな感じでなるべくリラックスしようとして入ってました」と、いつもの飄々とした感じで答える金子。やっぱり打順調整は意識してるんだろうかw

東京ドーム最終戦は集中打で逆転勝ち!(8月13日ハム×オリ)

対オリックス14回戦(東京ドーム)
●檻4-8公○
スウィーニー3勝 平野8敗
HR(公)金子10号ソロ
HR(檻)ローズ15号2ラン
継投:スウィーニー~林~江尻~菊地~宮西
公式
ニッカンスコア

今日は東京ドーム今季最終戦。先発はスウィーニーと平野です。
1回表、ローズの2ランであっさり先制されてしまいます。
なんでこの3連戦、ローズに1日1本ずつHR献上してるんだかw
3回表にはビッキーのタイムリーで3-0とされ、なおも無死満塁からローズの1ゴロ間に4点目を入れられます。
3回裏、金子の10号ソロで1点を返します。
金子、2桁ホームランは選手生活で2度目だとか。おめw

序盤で4失点してしまったスウィーニーでしたが、4回・5回は無失点で打線の援護を待ちます。
すると5回裏、先頭の大野君がヒット。金子は三振に倒れますが賢介・紺田が繋いで1死満塁。
稲葉が三振で2死満塁となりますが、ここで小谷野が右中間へ2点タイムリー2BH! 1点差に迫ります。
スレッジが冷静に四球を選び2死満塁。
で、糸井の2点タイムリーでついに逆転!ヽ(・∀・)ノ
もう何なの、この集中力

スウィーニーは6回表、1死1塁としたところでマウンドを降りました。
代わった林は2死1・2塁のピンチでモー村さんを三振に打ち取って無失点。
6回裏には紺田のタイムリーで4-6とします。
7回表は江尻が4凡、8回表は菊地が3凡に抑えます。
菊地はサクサクと8球で終わってしまいました。素晴らしいね
どうでもいいけど菊地、髪切ってかっこよくなったね(爆)

8回裏にはオリ4番手の高木から小谷野がライト線へ2点タイムリー。4-8とします。
小谷野、本日4打点です
解説でも言われてましたが、今年の小谷野は右方向へいい打球を飛ばしますね。
9回表は宮西がサクッと11球で3凡に抑え、試合終了。
東京ドーム最終戦を見事な逆転勝ちで飾ることができました
これで8カード連続の勝ち越しです。

スウィーニーは3勝目。4回以降粘って投げて良かったねえ。
今日は何と言っても逆転した打線が素晴らしいんだけど、林も江尻も菊地も宮西も皆良かったです。
逆転してもらった後であのように継投がきっちり決まるといいもんですよねえ~。

ヒロインは糸井と小谷野。
5回、満塁の場面はどんな気持ちで打席に? と聞かれた糸井、「絶対、次に繋げようと思って入りました!」。
満塁なのに自分が決めてやるじゃなく、次に繋げよう! な糸井。
それはすなわち自分が決めてやるってことではないのか。やっぱ面白いよ糸井w

須永、花火師になる(8月12日ハム×オリ)

対オリックス13回戦(東京ドーム)
○檻8-2公●
近藤6勝 須永1敗
HR(公)スレッジ16号ソロ
HR(檻)カブレラ7号2ラン、フェルナンデス12号2ラン、濱中6号ソロ、ローズ14号ソロ
継投:須永~谷元~金森
公式
ニッカンスコア

先発は須永と近藤。
先週6回までノーノーピッチングをしながらも後続が打たれ、またも初勝利はならなかった須永。
前回が良かっただけに、今日の投球への期待は大きかったのですが…。

1回裏、稲葉の犠飛で先制。
須永も3回までは1安打に抑える好投。
私、今日は須永が投げるってんで急いで帰ってきたんですよ。
今日こそ初勝利を手にしてほしい! って思っていたので。
しかし帰ってきてテレビつけたら7-1になってて、もうびっくりして死ぬかと思ったねw

3回までは良かった須永ですが、4回表につかまってしまいました。
まず先頭のビッキーに死球を与えてしまい、続くカブレラに2ランを浴びて逆転されてしまいます。
さらにホセにも2ランを許して1-4。
次の濱ちゃんにもソロムランを許して1-5。
その後モー村さんにも2点タイムリーを打たれ、1-7。この回だけで7失点してしまいました。
須永も降板後にコメントを出していましたが、どうも最初のHRの後にうまく切り替えができなかったようです。動揺してしまったのかしらねえ。
須永は5回表にもローズにソロムランを打たれ、5回8失点でマウンドを降りました。
貫禄の4被弾です。前回の神ピッチはどこへ…
次がんばれ、と言いたいところでしたが、明日スウィーニーと交代で抹消になるとのこと。
こうなってしまうと、ますます先週勝てなかったことが悔やまれます。
なんとか今季中にもう一度チャンスがあるといいなあ…。

須永の後は、上がってきたばかりの谷元と金森が2イニングずつ投げ、ともに無失点。
点差が開いていたので、いいお試し機会になりましたね。
谷元がまた上がってきてくれたのは嬉しいです

攻撃の方は、6回裏にスレッジのソロで1点を返しましたが、そこまででした。
まあ今日みたいに早いうちに展開が見えてしまうとこんなもんですかね。

今日は金子と信二が疲労を考慮されお休み。
広報レポによると、試合後金子が須永と谷元に打者目線で色々アドバイスをしていた模様。
ハムは若い選手が多いので、数少ないベテランの金子は頼りになるなー
須永がまた上がってきてくれることに期待しようと思います。

スーパー→賢介→サヨナラ勝ち(8月11日ハム×オリ)

対オリックス12回戦(東京ドーム)
●檻3-4x公○
林3勝 大久保1敗
HR(公)小谷野7号ソロ
HR(檻)一輝3号ソロ、ローズ13号2ラン
継投:八木~宮西~久~菊地~江尻~林
公式
ニッカンスコア

今日から金森と谷元が登録になりました。

先発は八木と岸田。
八木は毎回のようにランナーを出しますが、粘りのピッチングでホームは許しません。
こちらも4回までは岸田を打ちあぐねて無得点。
5回裏に、鶴岡のスクイズで先制します。
6回裏には信二のタイムリーで0-2。
しかし8回表、一輝のソロで1点差と迫られてしまいます。
で、9回表に登板の久が、ローズにまさかの2ランを浴び、逆転を許します…。
ああこのまま逆転負けか…と落胆したのですが、9回裏2死から小谷野の起死回生のソロHRが出タ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
一気に延長戦へ突入です!
あまりの意外な展開に、今日はもう追いついただけでいいやとさえ思ってしまった(爆)

10回表は菊地が抑え、10回裏に2死満塁のチャンスが巡ってきます。
しかし二岡が三振に倒れ、ここではサヨナラならず。
11回表は江尻です。
2死1・2塁で塩崎の三塁ファールゾーンへのライナーを二岡がダイビングキャッチする超ファインプレイ
あそこでサクッとチェンジにできたのはとても大きかったと思います。
12回表は林が抑えて勝負は12回裏へ。
1死から代打のスーパー佐藤がライトへのヒットで出塁…と思いきや、一塁カブレラの後逸と見なされて敵失になってしまいました。ヒットにしてやってくれよー(爆)
で、1死2塁で賢介がライト線へのタイムリーを放ち、鮮やかにサヨナラ勝ち

自分的には、9回裏に小谷野が同点にしてくれただけで満足ですって感じだったので、こんな鮮やかにサヨナラ勝ちしてくれるとは思いませんでした!
序盤になかなか点が取れなかったことを思うと、12回裏の展開は神がかっているw
投手も野手もとにかく繋いでくれたおかげだね。
4時間越えの長丁場、みんな乙でした。

勝さん好投で6勝目(8月9日楽天×ハム)

対楽天15回戦(Kスタ宮城)
○公4-1鷲●
勝6勝 長谷部8敗 久23S
HR(鷲):リック3号ソロ
継投:勝~久
公式
ニッカンスコア

今日もすっきりしないお天気での開催。東北の梅雨はいつ明けるんだか。
先発は勝さんと長谷部。
2回まで両チーム合わせてヒット1本という、2人とも素晴らしい立ち上がり。
3回表、糸井のタイムリーでハムが先制。
しかしその裏、リックのソロで簡単に同点にされてしまいます。
勝さんはその後は落ち着いた内容で追加点を与えません。
7回まで3安打1失点に抑える好投です。
対する長谷部も踏ん張って追加点を与えず。
こんな投手戦になるとは思わなかった(爆)

均衡が破れたのは8回表。
2死から糸井・信二のヒットで1・3塁とします。
次の小谷野の投ライナーを長谷部が1塁へ悪送球。
あちらのエラーで待望の勝ち越し点をいただいてしまいました。
悪送球直後の長谷部はマウンドへ座り込み、激しく悔しそうでした。
これでちょっと動揺したのか、次の二岡にも2BHを打たれます。
二岡らしい右中間への打球は2点タイムリーとなり、1-4とします。
3点の援護をもらった勝さんは8回裏も3凡に抑え、マウンドを降ります。
8回3安打1失点の好投です。いやー前回に引き続きいい内容でした

9回表は2死3塁のチャンスを作るも追加点ならず。
9回裏は久。
雨足が強まってきた中の登板で、非常に投げづらそうでした。
普通なら中断しているような雨の勢いだったんですが、もう9回だったので強行したんでしょうね。
2死から高須のヒットとセギちゃん・リックへの四球で満塁としてしまいます。
ちょっと冷や冷やしましたが、中村真を遊ゴロに打ち取って試合終了!
久おつかれ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

勝さんの好投に打線が応える結果となって良かったです。

終盤危なかったけど逃げ切りました(8月8日楽天×ハム)

対楽天14回戦(Kスタ宮城)
○公8-6鷲●
藤井6勝 永井5敗 久22S
HR(鷲):山崎武23号2ラン、24号3ラン
継投:藤井~林~江尻~建山~宮西~久
公式
ニッカンスコア

先発は藤井と永井。
1回表、信二のタイムリーで幸先よく先制。
しかしその裏、山崎先生の2ランで1-2とあっさり逆転されてしまいます。
4回表、無死2・3塁からスレッジの遊ゴロの間に1点追加。同点に追いつきます。
さらに坪井の犠飛で勝ち越しに成功!
5回表はビッグイニングとなりました。
信二・スレッジ・小谷野・坪井のタイムリーで一挙5得点。
8-2と大きくリードすることができました

先発の藤井は6回まで投げて、失点は初回の山崎先生2ランのみでした。
毎回のようにランナーは出してましたけど、要所は締めていたのではないでしょうか。
しかし藤井の後を受けて7回裏から登板の林が1死から連続四球を出して降板。
後を受けた江尻はなーんと山崎先生に3ランを浴びてしまいます(ノ∀`)
これで一気に8-5。楽勝ムードに暗雲が立ち込めます。
さらに8回裏にはタテヤマンが2死満塁としてしまい、代わった宮西が鉄平にタイムリーを許して8-6。
さすが鉄平は当たっています。
なんか楽天打線がすごく勢いづいてきて冷や冷やの展開に

ここで久がスクランブル登板。迎える打者は先ほど3ランの山崎先生。
鉄平の代走に俊足の内村が送られます。
内村に盗塁を決められたりしますが、久は粘る山崎先生を中飛に打ち取ります!
久よく抑えたー!ヽ(・∀・)ノ
いやーここは見ごたえのある場面でしたよ。

9回裏も引き続き久が3凡に抑え、試合終了。
終盤追い上げられましたが、なんとか逃げ切りました。5回のビッグイニングが効きましたね。
最近連敗がありませんね。いいことだ。

マー君に久々の勝利をプレゼント(8月7日楽天×ハム)

対楽天13回戦(Kスタ宮城)
●公1-3鷲○
田中9勝 ダルビッシュ4敗 グウィン4S
継投:ダルビッシュ(完投)
公式
ニッカンスコア

先発はダルビッシュとマー君。豪華な投げ合いです。
2回表に金子のタイムリーで先制するものの、3回裏に鉄平のタイムリーで同点とされてしまいます。
5回裏には山崎先生のタイムリー、リックの遊ゴロで1-3と勝ち越しを許します。
ダルは珍しく制球に苦しんでいましたねえ。雨の影響もあったのかなあ。
7回表終了後、雨足が強まり中断。40分近く中断していました。
ダルの集中が途切れないか心配でしたが、7回裏・8回裏は四球は1つ出したもののノーヒット。さすがです。
ダルの力投に応えたい打線でしたが、最後までマー君をとらえることはできませんでした。
9回表も有銘・グウィンの前に得点は奪えず。
マー君に久々の勝ち星をプレゼントしてしまいました。
ダルで試合を落とすのは痛いですが、たまにはこんなこともあるよってことで。完投乙でした。

稀哲が骨折しちゃった(つД`) (8月6日西武×ハム)

対西武12回戦(西武ドーム)
○公7-4猫●
建山3勝 岩崎4敗 久21S
HR(公)稲葉13号2ラン
継投:多田野~宮西~建山~久
公式
ニッカンスコア

先発は多田野とワズディン。
初回、先頭の賢介がレフト前へヒット。
続く稀哲が、左肘付近へデッドボールを食らい退場。
病院で検査の結果、左第5中手骨(ちゅうしゅこつ)の骨折と判明(つД`)
翌日の精密検査の結果では2週間の患部固定の後に運動を開始し、4週間後をめどにキャッチボール、トスバッティングを再開する予定と発表されました。
せっかく状態が上向いてきたところだったのに、これは非常に痛い…。
せつないですが、1日も早く帰ってきてくれることを祈るしかありません。

さて試合に戻ると、3回表に稲葉のタイムリーで先制。
4回表には賢介のタイムリーで2-0とします。
5回まで無失点だった先発多田野ですが、6回裏にナカジの2点タイムリーで同点とされてしまいます。
多田野はこの6回までで降板となりました。もうちょっと踏ん張ってほしかったかなあ。
しかし7回表、稲葉の値千金の2ランで4-2と勝ち越し!!
7回裏は宮西様がきっちり3人で抑えます。
しかししかし8回裏、タテヤマンが栗山のタイムリーとおかわり君の犠飛で再び同点とされてしまいます。

シーソーゲームになってまいりました9回表。
マウンドにはこの回からの岩崎。
岩崎、2死2塁からから小谷野に死球。
今日3つ目の死球(初回の稀哲の他に5回のスレッジの打席でも死球があった)に、怒りを露にする小谷野。
ちょっと乱闘未遂になりました。

私はこの日BS11の中継を見ていたのですが、解説の東尾さんが「打ちに行って当たったんだから文句言うなよ」みたいなことを言ってて味噌汁吹きそうになりました(爆)
東尾さんって自分がよくぶつけてたからなのか、いつも死球に甘いよね。

で、この死球で岩崎が動揺したのか何なのか、次の糸井の打席で暴投があり、2死2・3塁となります。
結局糸井を敬遠し、2死満塁。
ここで代打稲田がライト前へ2点タイムリーキタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
ついに6-4と勝ち越しです!
さらに金子にもタイムリーが出て7-4。一気に3点差とします。
9回裏は久がきっちりと4凡。
2度も追いつかれてしまいましたが、最後はきっちりと勝ち越すことができました。
稀哲があんなことになってしまったので、今日は勝ってほしいと思ってました。勝てて良かったです。

勝さんの好投とHR攻勢で快勝(8月2日ハム×ソフバン)

対ホークス14回戦(札幌ドーム)
●鷹1-7公○
武勝5勝 杉内3敗
HR(公):二岡3号2ラン、賢介2号ソロ、糸井10号ソロ
HR(鷹):小久保10号ソロ
継投:武勝~菊地~宮西~江尻
公式
ニッカンスコア

先発は勝さんと杉内。
勝さんは初回、先頭の本多にいきなり2BHを打たれますが、落ち着いて後続を断ちました。
その後3回終了まで両先発ともに無失点。
4回裏、スレッジと小谷野のタイムリーで2点を先制。
小谷野調子いいですねー
杉内のわずかな失投を逃さずに得点することができました。

6回表、1死2塁の場面で松中がショートへ鋭い当たりを打ちますが、金子がジャンピングキャッチ!
ついでに2塁走者のムネリンも戻れずにダブルプレイになりました。
金子素晴らしいよ金子
6回裏の1死3塁、スレッジの打席で杉内が暴投。0-3とします。
さらにこの回2死1塁として、二岡が2ランを放って一気に0-5ヽ(・∀・)ノ
二岡はDH以外の時はあんまり打たないよなーとか思いながら見守っていたら2ランだったので驚いてしまった(爆)におくんごめん…

7回表、小久保のソロで1点を失ったところで勝さんは交代。
勝さん、今日は7回0/3を1失点の好投でした。乙。
代わった菊地は長谷川に内野安打を打たれますが、他はさくっと抑えました。
7回裏には賢介のソロで1-6。賢介まだ1本しか打ってなかったんだなあ。

8回表は宮西様が3人できっちり抑えました。
8回裏には途中出場の糸井が10号ソロを放って7-1。
杉内先発の試合で7点も取れるとは思わなかった…
9回表は2イニング目の宮西が松中を打ち取ったところで交代。
代わった江尻は小久保と田上を連続三振に打ち取って試合終了。
勝さんの好投とHR攻勢で快勝となりました。
打線が元気だったのも良かったけど、ピッチャー陣がきっちり守ってくれたのも大きかったですね。
カレンダー(月別)
07 ≪│2009/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
Blogpeople

Blog list (選手公式)
最近のトラックバック
プロ野球順位表
プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表
ファイターズニュース
参加中

    北海道日本ハムファイターズファン

読書メーター

瀬田の読書メーター

ブログ内検索
プロフィール

瀬田(セタ)

  • Author:瀬田(セタ)
  • 仙台在住の日ハム(と広島)ファン
    ハムで好きな選手は武田久・稲葉・金子・宮西、カープで好きな選手は前田智・永川・梅津。
    他に応援している選手は江尻・森本稀・佐伯・山﨑武・ゴッツなど色々
    球団マスコットも愛してます
リンク
ブログ開始から何日経った?
amazonミュージック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。