スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日本シリーズ】やっと接戦に持ち込めましたが…(10月31日中日×ハム)

●公2-4竜○
鈴木1勝 吉川1敗
継投:吉川~押本~武久
公式レポ
ニッカンスコア

この絶対に負けられない戦いで先発に指名されたのは、高卒ルーキーの吉川でした。
若いのに、すまないねえ…(´・ω・`)
結果から先に言うと、吉川はよくやってくれたと思います。
だから「申し訳ない」なんて言わなくていいよ。
勝たせてあげたかったなあ。

1回裏にいきなり2失点してしまった吉川でしたが、先頭荒木の内野安打は小谷野の送球がひどかったし、さらにウッズのサードゴロを小谷野が落球して、タイムリーエラー。
小谷野しっかりしてー!(つД`)
そしてノリさんへの四球でピンチが広がり、李の2ゴロ間に2点目を献上。
四死球も絡んでいるとはいえ、ちょっとこの2失点についてみつおを責めるのは酷でしょうね…。
守りには自信があるはずのハムなのに、どうしちゃったのかしら。
5回にもワイルドピッチで1失点がありましたが、これもサインミスだとか。
打てないのはいつものことだから耐えるけど、守りのミスはダメだよー><

こちらの得点は金子のタイムリー、金子が選んだ押し出し四球と、金子祭だったのですが、その後はあと1本が出ませんでした。
7回・8回と走者が出たのに得点できなかったのは痛かった。

7回裏には今シリーズ初登板の久がノリさんにタイムリーを浴びてしまいました。
鶴のナイスブロックで5点目は阻止したものの、重すぎる1点でした…。

みんな何を固くなってるんでしょうねえ?
この少ない得点力でここまで来れたのは凄いことなんだからさ、もっと自分たちのいいところ思い出してほしいよ。
そういう意味では稲葉に1本出たのは明るい材料かな?

明日はダルが中4日登板なんでしょうか。
このまま終わるなんて嫌すぎるので、何とか一矢報いて札幌ドームへ帰りたいものです。
スポンサーサイト

【日本シリーズ】ナゴド初戦は大敗(10月30日中日×ハム)

●公1-9竜○
朝倉1勝 武勝1敗
継投:武勝~スウィーニー~建山~押本~萩原
公式レポ
ニッカンスコア

2戦目終わってプレーオフのデジャブみたいな展開だったので、○●○●○●○で7戦目で優勝フラグが立ったと思っていたんですが、そんな簡単にはいかなかったですね。

今日は先発の勝さんがまさかの初回5失点。
1アウトしか取れずにマウンドを降りる事態となってしまいました。
勝さん、どうしちゃったんだろうなあ。。。
2番手には明日の先発が予想されていたスウィーニーがスクランブル登板。
しかしもちろん準備不足で、バントの1アウトしか取れずに2失点。
結局1回だけで7-0とされてしまいました。大誤算もいいところです。
3番手のタテヤマンも谷繁に2点タイムリーを浴び、もう何がなんだか。
まあ久々の一軍マウンドのタテヤマンに、あそこで抑えろってのも酷な話だろうと思いますので、まずは復帰を喜びたい。おかえりタテヤマン。

得点は工藤のタイムリーの1点のみ。
しかし2安打→4安打→9安打ときてますから、徐々に打てるようにはなってるんでしょうか。後はこれを繋げるだけ!(ノ∀`)

酷い試合でしたが、3回以降は無失点リレーができたのは良かったんじゃないかと。
オッシーとハギーはいい内容でしたしね。
このシリーズ、なかなかハムらしい野球をさせてもらえていませんが、先発さえ崩れなければウチらしい戦いが出来ると思うんだよね。
しかし明日は誰が投げるんだろうなあ…。うーん。
まあ、負けても引きずらないのがハムのいいところなんだからさ、明日は明日で頑張ってほしいです。
今季は苦しいことをいっぱい乗り越えてきたじゃないか。
それでやっとここまで来たんだからさ。
このままじゃ終われない!(`・ω・´)
ここでネガってもしょうがないので、最後まで信じて応援するのみ。

【日本シリーズ】今日は花火大会(10月28日ハム×中日)

○竜8-1公●
中田1勝 グリン1敗
HR(公):セギノール2号ソロ
HR(竜):李1号2ラン、森野1号2ラン
継投:グリン~吉川~押本~菊地~山本~萩原
公式レポ
ニッカンスコア

ダル完投勝利→花火大会って、プレーオフ第二ステージのデジャブみたいになってきましたねえ。

今日はグリンと中田が先発。
1回表、荒木がいきなり初球をヒット。さらに井端の打席で盗塁。
井端にもヒットを浴び、森野がセンターへの犠牲フライ。
いとも簡単に先制されてしまいますが、続くウッズはゲッツーに。
なんとか初回は最少失点で抑えます。
昨日から荒木にやられてますね~…。

中田はストレートが走っていて、とても良かったですね。
しかし2・3回は先頭打者に死球・四球を出したりもしていたんですが、全然それを生かせませんでした。がっかり。

4回表、グリンは1死から森野・ウッズ・立浪に連続四球。
立浪のほあは渡田球審の判定も微妙で、グリンは苛立ちを隠せない様子でした。
イライラしてるところにノリさんが綺麗にタイムリー2BH。
ヒルマンはグリンを早めに諦めて吉川につなぎますが、吉川は藤井に痛恨の押し出し四球。0-4とされてしまいます。
4回表だけで5四球とは。これで完全に流れを渡してしまいましたね。
先発が崩れるとなかなか立て直せない弱点が出てしまいました。

4回裏にセギちゃんの2戦連続HRとなるソロムランが飛び出しますが、結果的にはこれが唯一の得点でした(つД`)

3番手のオッシーと4番手菊地も李、森野に仲良く2ランを浴び、気がつけば8-1。
菊地はプレーオフでは落ち着いた投球を見せてくれていたのですが、今日はちょっと荷が重かったかしらねえ。
でも吉川・山本とともにいい経験になったのではないでしょうか。

その後は6番手ハギーの好投(ハギーが頼もしく見えるなんて!)、代打幸雄さんに(´Д`;)ハァハァなどありましたが、9回裏の満塁のチャンスでもあと1本が出ず。まあ負ける時はこんなもん…という王道パターン?でした。
gdgdな試合でしたが、大敗しても引きずらないのがハムのいいところです。
切り替えて名古屋へ行ってくださいな。
それから、もうちょっと打ってください。。。

【日本シリーズ】ダル完投でまずは1勝(10月27日ハム×中日)

●竜1-3公○
ダルビッシュ1勝 川上1敗
HR(公):セギノール1号3ラン
継投:ダルビッシュ(完投)
公式レポ
ニッカンスコア

やっと始まってくれたという感じの日本シリーズ。
ハム先発はダルビッシュ。中日先発は憲伸。
1回表はダルビッシュが三者凡退(2三振)に抑える素晴らしい立ち上がり。
1回裏、稀哲が四球で出塁。
賢介が送り、稲葉も四球でいきなりチャンスが巡ってきます。
ここでセギちゃんが先制の3ラン!!
高めに浮いた球を持っていきました! 見事でした(*´∀`)
憲伸といえども立ち上がりは硬くなってしまっていたのでしょうか。
稲葉も2-0と簡単に追い込んだ後の四球だったし。
この後はどうにも憲伸が打てなかったので、セギの3ランは本当に大きかったです。

6回表、先頭の荒木がセンター前ヒット。
続く井端のショートへの当たりは内野安打。
エンドランで荒木は一気に3塁を陥れます。
ノーアウト1・3塁で森野がセンターへの犠牲フライ。
抜けそうな当たりでしたが、稀哲がよく捕ってくれました。
ウッズはゲッツーに打ち取り、最少失点で凌ぎました。
荒木の素晴らしい走塁を見た時はどうなるかと思いましたが、ダルは落ち着いていましたねー。
ウッズとの勝負はどの打席もガチすぎて惚れぼれしたw

ダルは8回表に堂上のピッチャー返しが足に当たりましたが、結局最後まで投げ切りました。
9回のウッズ三振もかっこよかったー。
その後立浪さんに簡単に四球を出したのはご愛敬ってことでw

打線はセギちゃんのホームラン以外7回まで無安打。
1安打で終わったらどうしよう…って感じでしたが、8回裏に金子のヒットが出て1安打は免れました。
この8回、憲伸の野選もあって1死1・2塁のチャンスだったのに、追加点はならず。
初回以外は憲伸に抑え込まれてしまった結果となりました。
素晴らしい投手戦でしたね。

ダルはシリーズタイ記録となる14奪三振。
序盤に飛ばし過ぎて後半はスタミナが?でしたが、それでも圧巻の内容でしたね。恐ろしい子…!
ヒロインでは「札幌に帰ってきて優勝したい」とか言ってましたけど、そう言わず名古屋で決めてきてください(笑)

打線が心配ですが、PBNでデーブ大久保さんが本日稀哲賢介が抑え込まれていたことを受け、「あいつらがやること出来てないので中日は心配することない」と仰っていましたので、明日は2人がやってくれるんじゃないかなと思ってます。

【CS第二ステージ】勝てた!(10月18日ハム×ロッテ)

●鴎2-6公○
ダルビッシュ2勝 成瀬1敗
HR(公):セギノール1号3ラン
継投:ダルビッシュ~グリン~MICHEAL
公式レポ
ニッカンスコア

2年連続日本シリーズ出場キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

えー、まずは選手たちに心から謝りたいです。
正直勝てると思ってませんでした(爆)ごめんなさい。
だって成瀬だもん。
ダルビッシュ対成瀬という大一番を楽しむ余裕などはもちろんなく、かなり不安だった私。
「何でもいいから0点に抑えるんだ! 引き分けでいいです><」と祈るような思いでいました。

しかし今日は思いのほか早く試合が動きました。
3回裏、稀哲の四球と稲葉のヒットで2死1・2塁。
先制のチャンスで打席には今シリーズ絶不調のセギちゃん。
固唾を飲んでYahoo動画を見守る私(残業の意味なし)
セギちゃんの打球はぐんぐん伸びて…なんだセンターフライか…えええ、意外と伸びてる! …ええええ、入っちゃったー!!
…と、体勢を崩しながらの当たりだったのに、まさかの3ランになってしまいました。さすがのパワー!
全然打てなかったセギちゃんが、こんな値千金の一発を放ってくれるなんて!・゚・(ノД`)・゚・。
ダイヤモンドを一周するセギは本当に嬉しそうで、ちょっと泣きそうになりました。
セギはこれまで苦しかったでしょうからねえ。良かったねえ、ホントに。

さて、大きな3点が入りました。
こうなると波に乗っちゃうハム打線。
4回裏にも鶴岡のタイムリーで1点を追加。
成瀬はここで降板となりました。
代わったコバヒロからも、5回裏に工藤がタイムリー、小谷野が犠飛で0-6とします。
シーズン中あんなに苦しめられた成瀬・コバヒロを攻略する様子は非常に鮮やかでしたよ。

ダルビッシュは風邪気味だったそうですが、そんなことは感じさせないような気迫のピッチング。
6回表に福浦の犠飛で1点を失いますが、失点はそれだけ。
7回途中、96球でグリンにバトンタッチ。
この大一番で、風邪気味でこの内容とは。凄い子じゃのう。
ホントに頼れるピッチャーになったねえ。

グリンは中2日でのスクランブル登板。
前回の試合後、監督に「自分が行けるところがあればいつでも行かせてほしい」と直訴していたとか。
なんという男気(つД`)
9回に走者を許して交代となりましたが、ナイスリリーフでした。

さて、グリンの後はMICHEAL。
大松にタイムリーを打たれはしましたが、最後は橋本を空振り三振に抑えて終了!
MICHEALの派手ガッツポーズキタ━━━━━(*´∀`)━━━━━!!!!
いやー勝ったから良かったけど、この9回、大松はじめロッテの粘りは恐ろしかったです。気が気じゃなかったよ。

この第二ステージのMVPにはダルが選出。まあ順当だわね。
ヒルマン監督の勝利インタ、第一声は「シンジテマシタ~!」でした(笑)
うん、今季は監督の信じる力の勝利だったと思うよ。
ほんと、いいチームになったね。
今日が監督と幸雄さんの最後の試合にならなくて良かったです。
このままアジアシリーズまで行っちゃいましょう!!

試合後、ハムナインとロッテナインがグラウンドでお互いを称え合う珍しい光景がありました。
さわやかすぎてちょっとドキドキしてしまったw
場内一周の時まで残っていてくれた鴎ファンの皆さんにも感謝したいです。

今年も日本シリーズに出られるなんて夢のようです。
シリーズ中は定時で帰れるように、明日から仕事頑張らなきゃ(*´∀`)

【CS第二ステージ】もう1試合見れるよ(10月16日ハム×ロッテ)

タイトルは精一杯の強がりだ。

○鴎5-1公●
川崎1勝 武勝2敗
HR(鴎):里崎3号2ラン
継投:スウィーニー~武勝~萩原~山本~武久~MICHEAL~菊地
公式レポ
ニッカンスコア

うーん、今日決めたかったんですけどねえ…。
4回裏、1アウト満塁のチャンスで小谷野がゲッツーに倒れるなど、今日はチャンスは作るもののあと1本が(ryという拙攻が多かったですね。
ロッテも決して乗っていたわけではなかったように思うのですが、拙攻祭は先に音を上げた方の負けですよねえ…。
5回裏に賢介の犠飛で先制はしたものの、6回表に2番手勝さんが里崎に痛恨の逆転2ランを許してしまいます。
勝さんの球はどうして当たるとあんなに飛んでいっちゃうの?(つД`)

その後はハギー・山本・久と繋いで何とか凌ぎ、打線の反撃を待ちます。
しかしあと1本が(ry

1点ビハインドのまま9回表にはMICHEALを投入。
まだまだ諦めていないベンチの意気込みを感じる継投でした。
しかしMICHEALがまさかの炎上で3失点。
なんと1アウトも取れずにマウンドを降りる形になってしまいました。
9回裏はコバマサの前に高速三凡。ええええorz
何とも後味の悪い負け方になってしまいました。

9回表、MICHEALの後に投げた菊地は落ち着いて良かったですね。
いい経験になったことでしょう。

さて、これで後がなくなりました。
泣いても笑ってもあと1試合。
明日は休みだし、気持ちを切り替えていきましょう。
あさっての先発はダルビッシュと成瀬です。
今季さんざん苦しめられた成瀬、ラスボスにふさわしいですねorz
何とか打ってほしいです。
あとはダルにまかせた。っていうかダルしかいない。
中4日だし無理はしてほしくないけど、完封してください><

【CS第二ステージ】ミスターオクトーバーあらわる(10月15日ハム×ロッテ)

●鴎0-7公○
グリン1勝 渡辺俊1敗
継投:グリン~武久~MICHEAL
公式レポ
ニッカンスコア

グリン・スンスケの先発とあって、3回までは試合が動かず予想通りの投手戦でした。
4回表。先頭早川のファールフライを、サード稲田がカメラマン席へ飛び込みながら見事キャッチ!
まさにスーパープレイ。稲田かっこいい!
グリンは続く福浦にヒットを許しますが、後続のサブロー・里崎と打ち取り無失点に抑えます。
そして4回裏。坪井のセカンドゴロの間に3塁走者稲葉が生還という、非常にハムらしい形で先制。
もう形など何でもいい(*´∀`)
見えない人が守備で見せた気合が皆のバットに乗り移ったに違いない。

その後7回までまたも0行進。リアルタイムで見ていた方々は、さぞや胃が痛かったことでしょう(笑…えない)

7回表、2死から四球・デッドボールで1・2塁とされてしまうのですが、橋本のレフトへの当たりを工藤がランニングキャッチ。
これが抜けていたら逆転だったでしょう。非常に大きなプレイでした。
グリンはこの7回で降板。よく踏ん張ってくれました。乙です。
そして7回裏にいきなり打線が爆発。
稀哲のセンターオーバータイムリー2BHを皮切りに、賢介・稲葉も続きます。
とどめは工藤の走者一掃タイムリー3BH。気がつけば0-7でした。
これが2アウトからの攻撃だったんですから驚きです。
始まりは稲田のレフト線2BHでした。やはり10月の稲田は何か持っている!!w
そしてこの回、セギちゃんに待望のプレーオフ初ヒットが出ました。良かったよー( ;∀;)
素晴らしい攻撃だったが、グリン降板後だったっていうのが何とも…(笑)

8回は久がきっちり4凡。9回もMICHEALがきっちり4凡。
快勝で日本シリーズに王手です!

ヒロインはグリンと稲田。
グリンはプレーオフのような緊迫した試合で投げるのは初めてだったようで、とても嬉しそうでしたね。もう喋る喋るw
稲田はあの4回のスーパープレーについて、「ボールという餌が見えたので、イノシシのように捕りに行きました」とコメント。
稲田の発言のこの微妙な間合いというか、何とも言えない寒さが私は大好きだ。
そしてインタビュアーに「稲田さんのことを“ミスターオクトーバー”と呼ぶ人も多々います、いかがですか?」とか言われちゃう稲田。
「えー、一年間頑張っているので…」と苦笑いするしかない稲田。
最後の〆で「『なまら最高じゃけんのう』っていうのを明日言いたいと思いますので……あ、もう言っちゃった!」と、どうしようもない小芝居を繰り広げる稲田。
稲田かわいいよ稲田。稲田寒いよ稲田。
っていうかミスターオクトーバーって、ネタ的な意味の方が大きいあだ名じゃないの? 公の場で本人に言うのは失礼なんじゃないか?ww

【CS第二ステージ】秋の花火大会(10月14日ハム×ロッテ)

○鴎8-1公●
高木1勝 武勝1敗
HR(鴎):里崎1号2ラン・2号ソロ、オーティズ1号ソロ、サブロー1号ソロ、早川1号ソロ
継投:武勝~押本~萩原~山本~金森
公式レポ
ニッカンスコア

昨日の投打かみ合った試合内容とは一転。
ロッテ先発は苦手のコバヒロでしたが、初回に稲葉のタイムリーで先制。
勝さんは初回は難なく三凡に抑えたものの、2回に里崎の2ラン・オーティズのソロムランであっという間に3失点。
さらに早川にもタイムリーを浴び、2回途中4失点でマウンドを降ります。
勝さんは一発癖はあるけど、この回だけで2HR・2四球というのは予想外。一体どうしてしまったのか…。
しかし今日40球で降板したので、今後中継ぎで待機できるかもしれませんね。とポジティブに考えておこう…。
コバヒロは4回裏に足の痙攣で途中降板というアクシデントがあったのですが、後続の高木さん他を打ち崩すことはできませんでしたね。
再三チャンスはあったのですが、あと1本が出ず。
6回裏の1死満塁で代打幸雄さんの場面で点が入れば最高に盛り上がったんでしょうが、そうそうドラマチックにはいかねーなorz
勝さんの後を受けたオッシー・山本・金森も着々とHRを打たれ、終わってみれば5本もホームラン打たれてましたとさ。
唯一ハギーだけが無失点だったというのが意外すぎて笑える(ごめんハギー)

大敗を喫してしまいましたが、まだ1勝1敗です。
明日も落とすとかなりヤバいので、明日は頑張ろうね…。
明日はグリンとスンスケです。
幸いグリンはロッテには相性がいいので、スンスケへの苦手意識を忘れて援護してやってください! お願いします。

【CS第二ステージ】ダル完投でまずは1勝(10月13日ハム×ロッテ)

●鴎2-5公○
ダルビッシュ1勝 久保1敗
継投:ダルビッシュ(完投)
公式レポ
ニッカンスコア

やっと始まってくれたという感じのプレーオフ第二ステージ。
SHINJOも観戦に訪れていました。
SHINJOが試合見に来るなんて初めてかな? なんだか縁起が良さそうです。

16日ぶりの先発となったダルビッシュ。
1回表、先頭の西岡がセーフティバント。
さらに盗塁もされ、いきなりノーアウト2塁とされてしまいます。
しかし後続は断ち、事なきを得ました。
2回表にはまた先頭の里崎にヒットを許し、ベニーの内野ゴロの間に先制されてしまいます。
しかし、2回裏、1死から満塁のチャンスで稀哲が2点タイムリー2BH!!
逆転キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
SHINJOも大喜び!(笑)
ここでロッテ先発の久保は降板。高木さんへ交代となります。
この高木さんからも賢介が2点タイムリー!
一挙4得点で鮮やかに逆転です。

さて3回表、西岡にまたも出塁を許し、続く早川のバントを小谷野がエラー。内野安打としてしまいます。
そして福浦のゲッツー間に1点を返されます。まあこれは仕方ないか。
しかし、このゲッツー、金子の返球が見事でした。よく投げたと思います。
続くサブローの打球はフェン直のヒットになるかと思いきや、稲葉がフェンスにぶつかりながら見事キャッチ。
この回、金子と稲葉のプレイは大きかったですね~。

5回裏には金子のタイムリーで1点を追加。
ライトフライかって感じの当たりでしたが、サブローが前進守備だったのが幸いしました。

その後ダルが尻あがりに調子を上げ、4回から8回まではフォアボールのランナーを1人出しただけで、後はノーヒットに抑える快投でした。
割と球数がいってたので、9回はMICHEALが出るかな? と思ったのですが、9回もダルがマウンドへ。
死球とオーティズのヒットで2死1・2塁としますが、大松をセンターフライに打ち取り、見事完投勝利。
ヒロインでは今季一番調子が悪かったと言ってましたし、確かに万全の出来ではなかったと思います。
しかし、本調子ではなくてもこれだけの内容を残せるのはさすがですね。
小憎らしいほどに生意気ですがw、ここぞという時はやはりダルビッシュだなあと思いましたよ。

稀哲のヒロインは微妙にすべってましたね。あの寒さがたまんねw

レギュラーシーズン終了。80勝ならず…(10月3日楽天×ハム)

●公1-5鷲○
田中11勝 グリン8敗
継投:グリン~吉川
公式レポ
ニッカンスコア

さてレギュラーシーズン最終戦です。
もう終わりなのか。早いなあ…。
今日勝てば80勝到達ということで何としても勝ちたかったのですが、残念な結果になってしまいました。
というか、またも四番工藤ちゃんに笑ってしまった(爆)
先発のグリンは10勝目をかけてのマウンドでしたが、3回の草野の打席で金子の悪送球により失点。
続くホセにもタイムリーを許し、5回でマウンドを降りました。
打線も田中君にさっぱり歯が立たず。
5回表に賢介のタイムリーで1点差と迫ったものの、6・7・8回は塁にも出してもらえませんでした。
田中君はいいピッチャーだなあ~。
というか、毎度グリンへの援護のなさは酷過ぎる・゚・(ノД`)・゚・。
2番手の吉川も枡田のタイムリーなどで3失点。
しかし、吉川がプレーオフ前に戻ってこれたのがうれしかったです。

最終戦ということで個人記録の行方も注目。
まずは稀哲がシーズンフルイニング達成! これは素晴らしい。
フルイニングは2004年のナカジ以来なんですね。
打率も2割9分9厘6毛なので、ルール上では3割到達したことになるらしい。やったね!w
そして稲葉の首位打者・最多安打も当確となりそうです。
稲葉は去年もすごかったけど、今年はさらに上を行ったもんなー。
年齢的にはベテランの域なのに、恐ろしい子だわ~。
2冠おめでとう!
貧打貧打といわれながらも首位打者がいたり、優勝したのに二桁勝った投手が1人しかいなかったり、最多勝投手とホームラン王擁してても最下位に終わる事もあったり、野球って面白いものですね。

いよいよ13日からはプレーオフ第2ステージ。
相手はロッテとソフトバンクどちらになるのかな。
とにかく、このシーズンを少しでも長く見せてほしい。

2007高校生ドラフトが終わったよ

本日高校生ドラフトが行われました。
中田・佐藤由・唐川くらいしか知らないアマ野球に疎い私でも、やはりドラフトはわくわくするものです。

各球団の指名選手一覧はこちら

ハムとカープは以下のような指名になりました。

<北海道日本ハムファイターズ>
1 中田翔 外野手 大阪桐蔭
3 津田大樹 投手 倉敷
4 大平成一 外野手 波佐見
5 松山傑 投手 横浜商大高
6 豊島明好 投手 北陸大谷
7 浅沼寿紀 投手 旭川南


中田翔キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
まさかウチが引き当てるとは!
さすがドラフトで空気を読まないハム!(笑)
将来の和製大砲候補として、大事に育ててほしいですね。
いやー楽しみだなあ。
卓球も好きらしいし、もうハムにぴったりですねw
しかし中田君って、もう30過ぎてるんじゃないかって感じの貫録だよね。
他の選手はよく知らないので、今後を楽しみにしています。
去年指名した吉川なんかもそうですが、ドラフトの時はピンと来なかった人たちが、シーズン始まって台頭してくるにつれて「あの時のあの子がこんなに立派に…」と嬉しくなるもんだしね。
アマに疎いなりに楽しみにしていきたいものです。
6巡目の豊島君はテスト入団だそうですね。
苦労している分応援したくなります。

<広島東洋カープ>
1 安部友裕 内野手 福岡工大城東
3 丸佳浩 外野手 千葉経大付
4 中村憲 投手 京都すばる


唐川君はロッテさんに連れていかれましたorz
しかし1巡目の安部君は走攻守揃った大型内野手ということで、将来が楽しみですね。
というわけで、育成頑張ってくださいね!


仙台育英の佐藤君は5球団競合の末、ヤクルトへ。
古田さんの置き土産だねえ。
会見で家族の話をし出したら泣いてしまうし、素直な子なんだなあ。
才能は申し分ないだけに、成長が楽しみです。

21安打11得点(10月2日楽天×ハム)

○公11-3鷲●
八木4勝 岩隈5敗
HR(鷲):フェルナンデス22号3ラン
継投:八木~菊地~山本
公式レポ
ニッカンスコア

タイトルのとおりですが、打線爆発でしたねー。
初回にセギちゃん・幸雄さんのタイムリーなどで、なんと5得点。
幸雄さんのタイムリーは嬉しかった~(*´∀`)
先発八木は4回にホセの3ランで3点を失うものの、失点はそこだけ。
5回2安打3失点の内容で、今季4勝目。
八木は今季は苦しかったでしょうけど、レギュラーシーズン最後の登板を白星で飾れて良かったね。
5回にはメッシーの2点タイムリー、7回には稲田の2点タイムリーで気がつけば先発全員安打の11得点。
八木の後を受けた菊地・山本も無失点に抑え、快勝となりました。
この試合で中嶋先生が1500試合出場達成。おめでとうございます先生!
来季も脚本書いてくださいよー(つД`)

ヒロインは4安打4打点のメッシー。
メッシーがインタビューを受けている後ろに1塁ベンチが映っていたのですが、紺田がメッシーを見ながらずっとニヤニヤしてるのが気になって気になって、ヒロインがほとんど耳に入らなかった(爆)紺田自重w
カレンダー(月別)
09 ≪│2007/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
Blogpeople

Blog list (選手公式)
最近のトラックバック
プロ野球順位表
プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表
ファイターズニュース
読書メーター

瀬田の読書メーター

ブログ内検索
プロフィール

瀬田(セタ)

  • Author:瀬田(セタ)
  • 仙台在住の日ハム(と広島)ファン
    ハムで好きな選手は武田久・稲葉・金子・宮西、カープで好きな選手は前田智・永川・梅津。
    他に応援している選手は江尻・森本稀・佐伯・山﨑武・ゴッツなど色々
    球団マスコットも愛してます
リンク
ブログ開始から何日経った?
amazonミュージック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。