スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それなんて鎌ヶ谷?(9月30日ロッテ×ハム)

●公1-2x鴎○
渡辺俊9勝 金森1敗
継投:武勝~金森
公式レポ
ニッカンスコア

昨日の今日なので、主力を休ませるオーダーが予想されましたが…。

<ハムスタメン>
1(指)森本
2(左)川島
3(一)稲田
4(中)工藤
5(遊)陽
6(右)紺田
7(二)高口
8(三)飯山
9(捕)鶴岡


稀哲も思わず「このメンバー、薄っ!」と笑っていたとか。

それはこっちのセリフです。

しかし一軍初出場の高口が名を連ねたりと、逆に楽しみなオーダーでもありました。
みんな、プレーオフに向けてアピールのチャンスだよ! とwktkしていたのですが、雨のため試合が待てども待てども始まらず。
なんと1時間45分遅れで開始という事態になりました。
遅れて始まったけど、雨は強いまま。
非常にコンディションの悪い中での試合となりました。

しかし悪天候にも負けず、勝さん・スンスケともに好投。
勝さんは5回までノーノーペースでした。
鎌ヶ谷打線もスンスケの前にチャンスすら作ることが出来ずにいましたが、7回に先頭の川島が2BH。
ここに代打で賢介登場。貫録の送りバント(稲田の立場は…)。
そして四番工藤は敬遠。昨日から工藤ちゃんが強打者のような扱いを受けているw
1死1・3塁としたところで、陽君のファーストゴロの間に川島が生還。
鎌ヶ谷打線でスンスケから先制できたー!(・∀・)
なんか賢介の代打バントでちょっと場が締まったような気がしたんだよ!(ごめん稲田)

勝さんは危なげないピッチングで7回まで無失点に抑え、降板。
なんとかこの1点を守り抜いて勝さんに10勝目をプレゼントしたいところだったのですが、2番手金森が8回に大松に同点タイムリーを浴びてしまいます。
さらに9回裏、今江にタイムリーを許し、サヨナラ負け…。
オーティズのショートへの当たりも、今江のセンター前ヒットも、陽君と工藤の守備の甘さを感じてしまった。
やはりこのオーダーで勝とうなんて甘かったか…(つД`)
しかしあの悪天候の中でしたから、あまり責める気にもなれん。
みんな雨の中乙でした。現地で観戦してた方も乙でした。
が、勝さんの10勝目が消えてしまったことだけが心残りです。。。
防御率が下がったことだけが救いか。
スポンサーサイト

リーグ優勝!(9月29日ロッテ×ハム)

○公9-1鴎●
スウィーニー6勝 久保8敗
継投:スウィーニー~武久~MICHEAL
公式レポ
ニッカンスコア

2年連続リーグ優勝キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
球団初の連覇キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

先発のスウィーニーは3回まで無安打、6回まで無失点の好投。
しかし打線が久保を打ちあぐね、5回まで無得点。あと1本が出ない感じでした。
均衡が崩れたのは6回表。
ノーアウト1・3塁から信二のゲッツー間に稲葉が生還するという地味なプレイwで先制。
しかし、その前のセギちゃんの二遊間を抜ける当たりで、稲葉が打球の行方を見ながら一気に三塁まで行ったのが効きましたね。
7回にも稀哲の犠飛で2点目。
ピッチャーが藤田に代わったところで、賢介が代わり端の初球を打って、フェンス直撃のタイムリーとなります。
7回裏にズレータの3ゴ間に1点を返されますが、スウィーニーは踏ん張って1失点のみで凌ぎました!

8回裏は久。
先頭の今江にヒットを許しますが、西岡をゲッツーに仕留め、早川は空振り三振でガッツポーズ!
久さんかっこいいッス!!!( ;∀;)
過投にも負けず、きっちり仕事する久はえらいね(つД`)

さて9回表。
イニングまたぎとなるコバマサから、金子・稀哲が連打。
コバマサをマウンドから下ろします。
代わった高木さんから賢介がタイムリー!
これを皮切りに、打者一巡の猛攻でこの回6得点。試合を決定づけました。
この猛攻は、これが優勝するチームの勢いってものなのか…と他人事のように眺めてしまいましたw
なんか魔法にかかったみたいだったなあ。

セーブのつかない点差になりましたが、9回裏はMICHEAL。
1アウトからサブローと里崎に連打を浴びてちょっとドキドキさせますが、大松とズレータを連続三振で〆ました!
MICHEALのガッツポーズキタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!
マウンドへみんなが駆け寄り、ヒルマン監督・幸雄さん・金子が胴上げされました。
うう、2年連続で胴上げが見れるなんて夢みたいです(つД`)

正直、今季はBクラスでも仕方ないと思って迎えました。
道大さん・SHINJOという大スターを失い、抜群の安定感を誇ったオカジも退団。
ハムに限らず、今の時代連覇とか無理というのが持論だったので、連覇など端から期待していませんでした(爆)
案の定、序盤の戦いは本当に苦しくて、貧打と中継ぎ不足を嘆いてばかりだった。
しかし犠打とか盗塁とか小技で取った1点2点を投手陣が守り切るという勝ちパターンを作って、交流戦で一気に盛り返し。
道大さんの穴もオカジの穴も最後まで埋まらなかったのかもしれないけど、その分若い選手もベテランも「自分の仕事」を分かってて、それをきちんとやり遂げていたことが勝ちに繋がっていったのかもしれないね。
圧倒的な強さはなかったけれど、この戦力で優勝したっていうのは誇っていいよね(*´∀`)
いいチームになったよなあ…。

さて、リーグ優勝であまり浮かれているわけにもいきません。
目指すはもちろん日本一!
まずはプレーオフを勝ち抜きましょう!

先発全員安打で大勝!+貴さんお疲れ様でした(9月28日西武×ハム)

○公11-7猫●
萩原1勝 許さん1敗
HR(猫):カブレラ26号満塁・27号ソロ
継投:山本~萩原~金森~武久~MICHEAL
公式レポ
ニッカンスコア

初回、セギちゃんのタイムリーで先制するも、その裏にべんちゃんのタイムリーで同点に。
ハム戦のべんちゃんは相変わらず鬼(´Д`;)
前回のソフバン戦では思わぬ好投を見せてくれた山本ですが、今日は苦しい立ち上がりです。
2回に片岡のタイムリーで勝ち越しを許してしまったところで降板となりました。
なおも2死1・2塁という場面でハギーに交代です。おお、怖すぎるw
で、ナカジの2ゴロを賢介が野選でセーフにしてしまい満塁。
そしてハギーはカブレラに満塁弾を浴びて1-6とされてしまったのでした。試合オワタ\(^o^)/

…と、誰もが終了したと思ったこの試合。
なんと、3回裏に打者一巡の猛攻で7得点。
打者一巡とか久々に聞いたwww

というわけで3回に沼者と許さんをフルボッコにしてしまい、4回にも代わった力者から坪井・小谷野のタイムリーで遂に10得点。
5回には稲葉が猛打賞となるタイムリーで11得点目。
先発全員安打で大勝となりました(・∀・)

さて、この日は西武・石井貴の引退登板がありました。
9回表に登場の貴さん。
ブルペンで皆に花道を作ってもらってマウンドに上がる姿に既に涙が出てしまいました(つД`)
最後の対戦の相手は賢介。見事3球三振に!
賢介いい子だなwwww いや、冗談は置いといて、いい投球でした。
そのまま最後まで行けるんじゃない? って感じでしたが(西武ファンからも貴コールが起こっていました)、岩崎へ交代となりました。
試合後の引退セレモニーでは、「私の肩はもう上がりません。一生懸命投げてきました。今日で引退します」と挨拶していました。
西武時代にバッテリーを組んだ中嶋先生から花束の贈呈がありました。
娘さんを連れて場内を一周し、ハムの選手とも一人一人と握手する貴さん。
律儀な人柄がにじみ出る、いいセレモニーだったと思います。

貴さんのことは大ファンというわけではなかったのですが、あの気迫溢れるピッチング、マウンドで吠える姿が好きでした。
西武投手陣の兄貴分として、みんなに愛される人柄も良かったよね。あの顔で面白いっていうのがw
2004年、シーズン1勝だったのに、日本シリーズで2勝してMVPを獲る活躍をしたのも忘れ難い。

味のあるベテラン選手の引退は本当に淋しい。
貴さん本当にお疲れ様でした。

で、今日の勝利で西武へのシーズン勝ち越しを決めたらしい。
あの西武に勝ち越すなんて!(驚)
さていよいよM2です。
明日からは胴上げクラッシャーのロッテさんとの2連戦。
胴上げさせてもらえるでしょうか…?

ホーム最終戦は劇的サヨナラ勝ち(9月26日ハム×楽天)

●鷲1-2x公○
武久7勝 田中7敗
継投:ダルビッシュ~武久
公式レポ
ニッカンスコア

先発ダルビッシュはあまり調子が良くなかったようですね。
4回表にホセの内野安打を悪送球。2BHとしてしまいます。
さらにリックの遊ゴロを金子が野選でオールセーフとしてしまい、次の礒部さんに先制タイムリーを許します。
山崎先生のヒットでノーアウト満塁となりますが、高須・嶋を連続三振。
渡辺直を3ゴロに打ち取り、見事最少失点で凌ぎました。
ダルの気合に応えたいところですが、打線は田中君の前にさっぱり。
このまま負けてしまうのかなーという雰囲気でした。
ダルは8回まで投げたところで久にスイッチ。
久は9回を三凡に抑え、打線の反撃を待ちます。
勝負の9回裏。1アウトから賢介が四球で出塁し、稲葉の打席で盗塁。
そして稲葉の同点タイムリーがキタ━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━!!
セギちゃんが敬遠で1・2塁となったところで代打坪井。
坪井の打球は見事ライト前へ!
稲葉の代走紺田が激走でホームイン!サヨナラ勝ちキタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
微妙な判定だったらしいけど気にしない(爆)

坪井はサヨナラ打を打ったのは初めてだったらしい。良かったねえ(*´∀`)
そして一昨日のソフバン戦の後だけに、白井コーチも紺田も激走ホームインが成功して良かったw

ホーム最終戦は劇的な幕切れでした。
飲み会でセレモニーが見れなかったのが残念すぎるorz

執念のドロー(9月24日ハム×ソフバン)

△鷹4-4公△
HR(鷹):アダム7号ソロ
継投:武勝~金森~武久~MICHEAL~萩原
公式レポ
ニッカンスコア

1点を追う4回、信二と稲葉のタイムリーで勝ち越しに成功。
しかし6回に小久保と井手のタイムリーで再び勝ち越されてしまいます。
なんか最近井手にいいところで打たれてますねえ。
しかし7回裏、3番手ニコースキーが賢介に死球を出して1死1・2塁。
次の稲葉の打席で金子と賢介がダブルスチール!
稲葉の2ゴロの間に金子が生還し、1点差に詰め寄ります。
盗塁が効いた形となりました!
さらに8回裏、1アウトから工藤が内野安打で出塁。
小谷野が初球をライト線へ放ち、エンドランで工藤は一気にホームへ生還! 同点キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
盗塁・エンドランとハムらしい攻撃で同点に追いつくことが出来ました。

その後は久→MICHEALと繋ぎ、延長戦へ突入。
12回表はハギーが2死1・2塁としながらも代打柴原を空振り三振に取り何とか抑えます。
よく凌いだ!(*´∀`)
さて絶対に勝ち越したい12回裏。
マウンドには4イニング目となる馬原。
1死から代打坪井がライト前ヒット。
工藤は倒れますが、ここで代打幸雄さん!
幸雄さんの打球は大きくレフト越えの当たり。
1塁から代走紺田が一気にホームを狙ったのですが、本塁憤死orz
工エエェェ(´д`)ェェエエ工って感じでした…
坪井・幸雄さんの代打策が当たった形になったので、本当に悔やまれます。

悔しい幕切れとなってしまいましたが、まああの場面だったら白井コーチも腕グルグル回しますよね…最後のチャンスだったろうしね。
それだけに、なんとも惜しかったね…。

この2連戦、連敗だけは避けたかったので、何とか引き分けに持ち込むことが出来て良かったです。
しかし勝ちたかったー!

山本が頑張ったよ(9月23日ハム×ソフバン)

○鷹3-2公●
斉藤和6勝 山本1敗 馬原37S
HR(鷹):小久保25号2ラン 井手2号ソロ
継投:山本~武久~MICHEAL
公式レポ
ニッカンスコア

プロ初先発どころか大学でも先発経験のなかった山本と、エース斉藤和巳の投げ合いとなりました。
山本がフルボッコにされないかフルキャから心配していたのですが(爆)、随分頑張ったようですね。

山本は3回までは無失点に抑えていましたが、4回に小久保の2ランで先制を許します。
さらに7回に井手にソロムランを浴び、的場への四球・ムネリンへのデッドボールなどで2死1・2塁としたところでマウンドを降りました。
負け投手にはなってしまいましたが、強気のピッチングで試合をきちんと作ったことは十分評価できますね。
初先発で7回途中3失点は上出来!

なんとか山本を援護してやりたい打線でしたが、3回裏に稲田のヒット・金子のバントでチャンスを作り、稀哲がレフト前へヒット!
しかし稲田が本塁憤死orz
6回裏にも2死満塁で信二が空振り三振。チャンスを生かしきれません。
しかし7回裏、工藤と小谷野の連打でノーアウト1・2塁とし、和巳をマウンドから降ろすのに成功。
代わったニコースキーに1死満塁のチャンスを作り、稀哲がセンター前へ2点タイムリー! ついに1点差に迫ります。
なおも1死1・2塁だったんですが、後が続かず。もったいなかったですねえ。

その後は久・MICHEALの継投で勝ちに行きたかったのですが、水田と馬原を打ち崩すことができず、悔しい敗戦となってしまいました。
でも山本の頑張りは大きな収穫だったと思います。
明日は勝ちたい。

100万人突破ですってよ(9月23日楽天×西武観戦記)

今日はフルキャで楽天・西武戦を見てきました。
フルキャストスタジアムは、今日、3年目にして初めて観客動員が100万人を突破したとか。おめでとうございます。
100万人目の来場者は福島の人だったw

お菓子の家

今日のイベントは「SWEETS TOWN」
なんかメインステージにお菓子の家(たぶん本物のお菓子)が作られてたり、選手おすすめのスイーツが出店で売られてたり。
山崎先生がおすすめしてたプリンを買おうと思ったら、もう売り切れてた(´・ω・`)
小倉おすすめの小倉風味シフォンケーキを同行のみずのさんが買ってましたが、おいしかった!
フルキャのイベントっていつも意味がわからないものが多いんですけど、なんか楽しいんだよね。
ちょっと田舎っぽいところが安心するのかなあ(笑)

20070924001506.jpg

林・帆足の先発でしたが、序盤は投手戦。
特に林は3回まではパーフェクトという素晴らしいピッチングでした。
ちょっと意外でした。ごめんなさいw
3回に高須のタイムリーで楽天が先制しますが、その後銀次朗のタイムリーで逆転。6回にはカブレラのソロムランで追加点。
帆足も好投だし、このまま西武が逃げ切るかと思いきや、7回に草野のタイムリー等で楽天が同点に追いつきます。
さらに9回、また草野のタイムリーで勝ち越し。
9回裏は半袖魔神小山にサクッと抑えられた西武打線。
小山はいつからあんないいピッチャーになってしまったんだろう(爆)
楽天は、粘った末の逆転勝ちでした。
楽天の終盤の粘り、羨ましいんだぜ(´・ω・`)

西武の岩崎を初めて生で見ましたが、やっぱりあのフォーム萌えるわー(*´∀`)
そして山崎先生が打席に立つ度に、スタジアム全体が怒涛のような歓声に包まれるのにびっくり。先生がスーパースターになってしまわれたwww
しかし帆足に全くタイミングが合わなかった山崎は今日は終盤の1安打のみでした。まあ貫録の空振りがたくさん見れたので良しとする。

今日はどっちが勝ってもいいよみたいな軽い気持ちで見ていたんで、すごくまったりと楽しめました。
両先発がしっかり試合を作っていたので、面白かったし。
やっぱりフルキャはいいねー。

●猫4-5鷲○
ニッカンスコア

帰ってきた萩原(9月22日ハム×オリ)

○檻7-2公●
デイビー8勝 八木6敗
HR(公):信二10号ソロ
HR(檻):牧田1号ソロ
継投:八木~押本~萩原~金澤
公式レポ
ニッカンスコア

先発の八木は、悪いながらも牧田のソロHRによる1失点で踏ん張っていたのですが、6回に連打・四球でノーアウト満塁の大ピンチ!
ここでオッシーにスイッチ。
しかしオッシーこらえきれずアレンと前田のタイムリーで3失点…。
ここまでで得点は信二のソロムランの1点のみで、なかなかデイビーを攻略できてなかったので、何となく終戦気分になってしまいました('A`)

7回表は帰ってきた萩原が3凡に。
ハギーは球威もありそうだし、スピードもまあまあ出るのに、悉く信二の構えた所と違う所に投げてるのが笑える。
いや、笑ってる場合じゃないんですけど、何か目が離せないのよね萩原って。
萩原は8回に2死満塁としたところで降板。代わった金澤が抑えてくれました。
しかし金澤も9回は踏ん張れずに3失点。
檻最終戦を勝利で飾ることはできませんでした。

今日はいい当たりがゴッツの好守に阻まれた場面が何度かありました。
やるなゴッツ。

シーソーゲームの結末は(9月21日ハム×オリ)

●檻5-13公○
武久6勝 菊地原2敗
HR(公):高橋9号満塁
継投:スウィーニー~金澤~金森~武久
公式レポ
ニッカンスコア

中3日で先発のスウィーニーでしたが、3回表に連続タイムリーを浴びて3失点。
4回にも連打を許し、途中で降板となりました。
苦しい立ち上がりだったのですが、4回裏に信二のグランドスラムで大逆転!
す、すごいよ信二!!( ;∀;)
しかし、2番手金澤が6回に日高のタイムリーなどで同点としてしまいます。
しかししかし、8回裏に信二のサードへの当たりを木元がホームへ悪送球。何とも複雑な勝ち越し点をいただきます。
これをきっかけに、打線が爆発。
なんと8回だけで打者12人8得点の怒涛の攻撃。
終わってみれば5-13の大勝となりました。

そしてソフトバンクが敗れたため、優勝マジック8が点灯。
実感がわきませんが、連覇が見えてきた…のかな?

幸雄さんのために(9月19日ハム×楽天)

●鷲0-6公○
ダルビッシュ15勝 田中6敗
HR(公):金子誠4号ソロ(飛距離120m)、田中賢3号2ラン(飛距離0m)
継投:ダルビッシュ~金森
公式レポ
ニッカンスコア

ダルと田中まー君の初対決となった今日の試合。
幸雄さんの東京ドーム最後の試合です。絶対に負けたくない試合です。

1回裏、1アウトから賢介がセンターへフェンス直撃の3BH!
そして稲葉がライト前へタイムリー!
鮮やかに先制を決めます。昨日といい、稲葉がすごすぎる・゚・(ノД`)・゚・。
そして2回裏、2アウトから金子のソロで0-2とします。

ダルビッシュは5回までは1安打3四球という、まあ安定した内容。
楽天戦は得意にしていますから、自信を持って投げられるのでしょうね。
6回表にノーアウト1・3塁のピンチがありましたが、山崎先生空振り三振・礒部さんファーストライナーゲッツーに打ち取り、見事凌ぎます。
礒部さんの当たりはセギの真っ正面で、ツキもこちらに来てる感じがしました。
6回裏は先頭の賢介がセンター前へヒットを放ちますが、続く稲葉・セギちゃん・小谷野が三者連続三振。田中君の意地が光ります。
7回表は憲史と鉄平の連打で無死1・2塁とされますが、大廣のバントをダルは3塁へ投げて封殺。さらに1塁も封殺でゲッツー! 好判断でした。
この辺りの攻防、リアルタイムで見てたらかなりハァハァできたんだろうなあ…(遠い目)

そして7回裏、1アウト1・3塁の場面でついに代打・幸雄さんが登場。
幸雄さんは見事な流し打ちでライト前へタイムリーキタ━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━!!!!
あああ幸雄さん素晴らしいよ幸雄さん・゚・(ノД`)・゚・。
さらに稀哲の犠飛で0-4とし、田中君はマウンドから降ります。
代わった佐藤から、賢介が右中間へ! なんと守備がもたつく間にランニングホームランになってしまいました!
田中が打って田中と田中が還ってキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!
投手も田中だったら最高だったのに…(爆)

ダルは完封もいけそうな雰囲気でしたが、9回は金森に代わりました。
金森は危なげなく三凡で〆て、今季の東京ドーム最終戦を見事勝利で飾りました。
両リーグ一番乗りでプレーオフ進出も決めました!

試合後は幸雄さんのセレモニー。
繰り返される「幸せな野球人生」という言葉が印象的でした。
地味だけど、幸雄さんらしい誠実で控え目でまっすぐな挨拶でした。
なんていうか、じんわりと涙が出てくるセレモニーでした。
私はハムファン歴が浅いので、幸雄さんの全盛期は知りません。
でも、田中幸雄の最後の4年間、田中幸雄がいるハムの4年間を見守ることができて幸せだったと思っています。
幸せついでに、もう一度優勝を喜ぶ幸雄さんが見たいので、何としても優勝したい!
というわけで、まだシーズンは続くのでお疲れ様は言いませんよ>幸雄さん

今日は公式のダッグアウトレポートのコメントたちにも表れているように、みんなの「幸雄さんのために」って思いが溢れてる試合って感じでしたね。
そして2000本安打の試合も東京ドームの楽天戦だったし、楽天さんとの不思議なご縁を感じましたねえ~。

待ってました勝さん!(9月18日ハム×楽天)

●鷲0-2公○
武勝9勝 岩隈4敗 MICHEAL 33S
HR(公):森本3号ソロ
継投:武勝~武久~MICHEAL
公式レポ
ニッカンスコア

試合の話の前に、先日のソフバン戦で山崎の打球を手首に受けて降板した吉川の検査結果が出ました。
日本ハム吉川が骨折で今季の復帰絶望的(ニッカン)
やっぱり骨折してたそうですorz
ここに来て吉川の離脱は痛すぎますが、仕方ないですね…。
来季また元気な姿を見せてくれ、みつお・゚・(ノД`)・゚・。

さて試合の方ですが。
先発の勝さんは初回からいきなりの2死球で2死2・3塁のピンチを招きますが、ホセを見事見逃し三振に!
その後は安定した内容で、楽天打線を7回被安打2無失点に抑えました。
こんな勝さんを待ってました! 良かった~!

一昨日馬原に死球を受けて左膝を痛めていた稲葉が早々と復帰。
初回にいきなりセンター前ヒットを放ちました。
6回には左中間を抜ける2BH。
まだ痛みが残ってるんだろうに、すごいよこの人(つД`)
残念ながら稲葉のヒットを得点に生かすことは出来なかったのですが、5回に金子のタイムリー2BHで先制。
なんと16イニングぶり(…)の得点です。
さらに7回には稀哲の3号ソロで2点目が。
ベンチに帰ってきた稀哲と抱き合ってはしゃぐ稲田が可愛かったw

8回は武田リレーで久が抑え、9回はMICHEAL。
MICHEALはいきなり草野と山崎先生に連打を浴びてノーアウト1・2塁のピンチ。
ちょうどこのあたりで帰宅した私は生きた心地がしなかったわけですがw、その後はホセをゲッツーに仕留め、リックを初球ライトフライに打ち取りあっさりと終了。
もう、中嶋先生ったら…w

てなわけで、久々にウチらしい勝ち方ができたのではないでしょうか。
終盤のドキドキも含め、やっぱりこの展開が一番しっくり来るわー(笑)
勝さんは8月21日以来の白星となりました。
信二の「勝は最近、自信を失いつつあったのでよかった」というコメントが涙を誘います(つД`)

さて明日は今季の東京ドーム最終戦。
幸雄さんの挨拶があるし、プレーオフ進出マジックも1ですし、絶対勝ってほしいですね。

いいとこなしで連敗(9月17日ソフバン×ハム)

●公0-10鷹○
新垣7勝 スウィーニー8敗
HR(鷹):小久保24号2ラン、松田6号ソロ
継投:スウィーニー~山本~金澤
公式レポ
ニッカンスコア

先発スウィーニーは制球が定まらず、2回までに4失点という苦しい立ち上がり。
3・4回は持ち直しましたが、5回裏に1死3塁のピンチを招いたところで山本に交代。
昨日好投の山本でしたが、いきなり松中にタイムリーを浴び、0-5とされてしまいます。
なんとか後続は絶ったものの、連投+ピンチでの登板は厳しかったかしら?
かなり終戦ムード漂う中、本日から一軍登録の金澤が6回から登板。
ところが金澤もこの悪い流れを止めることができず、小久保に2ラン打たれたり何だかんだで5失点。
打線は新垣君の前に沈黙。
5回表の会長四球と稲田ヒットで作った最初で最後のチャンスを生かせず、無得点。
気がつけば0-10で新垣君に完封されてましたとさ。はあぁ…。

カープも負けるし、いいことなしの今日でしたが、オリックスで木元がサヨナラ打を打ってお立ち台に上がっていました!
木元よかったね木元(つД`)
なんか1点を争う白熱した試合で、余所の試合なのにハム戦よりも真剣に見入ってしまったんですが(爆)、ゴッツレフトとかゴッツ敬遠とか山本省代走とか面白いことが多発していました。
敗戦後の暗い気分が、檻さんでこんなに癒されるとは。ありがとうございました。

後味悪し(9月16日ソフバン×ハム)

●公3-4鷹○
柳瀬4勝/八木5敗/馬原36S
継投:八木~押本~江尻~山本
公式レポ
ニッカンスコア

先発の八木は制球が良くなく、毎回先頭打者を出してしまう苦しい内容でした。
しかし、鷹さんの攻撃がチグハグだったので、なんとか4回途中3失点で済んだ感じでしょうか。
2点ビハインドで迎えた5回表、稲葉の初球タイムリーで1点差に迫り、なおも1アウト満塁の大チャンス。
しかし工藤・坪井が倒れ1点どまり。チグハグなのはウチもでしたorz
6回裏にえじりんが本多の犠飛で1失点。2-4とされます。
しかしすぐさま7回表にセギちゃんのタイムリーで3-4。

7回裏から登板の山本がきっちり三凡で抑え、なんか逆転できそうな気がしてきた8回表。
先頭坪井が内野安打で出塁し、代走に川島。会長が送って1アウト2塁。
しかし稲田の代打小谷野の打席で、川島がまさかの牽制死。
代走で出てきてそれはないよ、KEIZO…orz
その後小谷野・稀哲の連打が出たものの、代わった馬原に賢介が三振を喫したので、ますます川島の牽制死が惜しまれました。
川島には猛省を促したいんだからね(つД`)

9回には稲葉が馬原に死球を食らい退場。
左膝に思いっきり当たり、稲葉はかなり痛そうにしていたので、かなり心配。。。
後続が倒れて結局そのまま負けたのですが、稲葉が心配で負けとかどうでもいいよって感じでした(爆)
稲葉は骨には異常はなかったようですが、明日は欠場ですかねえ。
あんまり長引かないといいのですが。

ちょっと後味の悪い敗戦となってしまいました。
しかしその中でも、山本が2イニングパーフェクトに抑えたのが印象に残りました。
と言いつつも、1イニング目は横浜戦にチャンネルを変えてて木塚にハァハァしてたのは内緒だ(爆)
山本、春先とは別人のようですね。頼もしい人が上がってきました。
なんとか明日勝って、このカード勝ち越したい!

中嶋先生、3ランを打つ(9月15日ソフバン×ハム)

○公7-1鷹●
金森3勝 杉内5敗
HR(公):金子洋3号2ラン、中嶋1号3ラン
継投:吉川~押本~金森~武久~江尻
公式レポ
ニッカンスコア

3回表、会長チーム初安打となる2BH。
稲田は三振に倒れますが、続く稀哲が内野安打。これをファースト松中が悪送球の間に先制点が入ります。
しかし3回裏にアクシデントが。
ここまで好投し、この回もぽんぽんと2アウトを取った先発の吉川が、山崎の打球を左手首に受け降板してしまいます。
手首を押さえ顔を歪める吉川が痛々しく(つД`) 
ここでオッシーに交代。
オッシーは大村さんにヒットを許しますが、本多センターフライに打ち取り、見事抑えました!
しかしオッシーは4回裏、稲田のエラー等も絡んで満塁のピンチを招き、柴原にタイムリーを浴びたところで降板。
翌日知りましたが、この日はブルペンで1球も投げることが出来ずに急遽登板したとのこと。
それを思えば十分仕事はしてくれたと思うよ…オッシー乙でした。
なおも1死満塁のピンチでしたが、代わった金森が井手をセカンドゴロゲッツーに打ち取り、見事ピンチを凌ぎました! すばらしい!
金森は5回・6回もきっちり抑えてくれました。

6回表、1死から稀哲がセーフティバント。思わず上手い! と言ってしまった。
さらに賢介の打席で盗塁。稀哲イイヨイイヨー(・∀・)
賢介はぽpでしたが、続く稲葉がタイムリー! 稀哲は2塁から一気に生還。盗塁が効いた形になりました。これで2-1とし、ついに勝ち越し。

7回表には、なんと洋平の2ランが飛び出します。ヨウヘイヘーイ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
洋平のことは、打てなくても長い目で見守ろう的な気持ちで応援しているので(爆)、一発が出ると嬉しいですね~。

さらに8回表には、中嶋先生の3ランが出タ━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━!!!!
ちょwww今季初安打が福岡ドームでの3ランって、どんだけーwwww
いやー先生、いいもん見せていただいてありがとうございました。
これで気がつけば7-1。たまにはいいですね、一発攻勢。

そして7・8回を久、9回はえじりんがきっちりと抑えてくれました。
好投の吉川が突然降板してしまうというアクシデントでしたが、皆でつないで乗り切れて良かった~。
あ、9回裏に小久保が1500本安打を達成しました。おめでとうございます。

ヒロインは中嶋先生がノリノリで出てきたら面白いと思っていましたが(爆)、無難に洋平でした。
「久しぶりにボールがバットに当たってくれた」などと、素でサネのようになっている洋平に笑いました。
杉内からホームランなんてすごいじゃん。今後もがんばれ洋平(*´∀`)

吉川は骨折はしていなかったということなので、ひと安心。
プレーオフまでには元気になって戻ってきておくれ(つД`)

勝ち越し!(9月13日ロッテ×ハム)

○公4-1鴎●
金森2勝/小野9敗/MICHEAL 32S
継投:グリン~金森~江尻~武久~MICHEAL
公式レポ
ニッカンスコア

3回表、1アウト1・3塁から賢介のタイムリーで先制。
稲葉が敬遠の四球で歩き、四番小谷野が押し出しデッドボールで2点目が入ります。
なおも1アウト満塁の大チャンスでセギちゃんが2点タイムリー!!
この回一挙4点が入ります。
先発のグリンは悪くない立ち上がりでしたが、3回裏に先頭の今江に2BHを許したところで降板。
右肩に張りを感じたようです。
どうも交流戦後のグリンはついてません。軽症だといいのですが。
この緊急事態に登場したのは金森。
早川の1ゴロの間に1点を失いますが、4回・5回は無失点に抑えました。
よくやった金森!
6・7回はえじりんがきっちり抑え(里崎から三振とったシーンはかっこよかった!)、8回は久が気合の三者凡退。
9回もMICHEALが三凡に抑え、カード勝ち越しキタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

グリンが早い回での降板となってしまいましたが、よく皆でつないでくれました~。
打線も3回のチャンスを逃さなかったのはお見事でした。
金森2勝目おめ!

この4連戦、勝ち越したいけどロッテ相手だし五分なら上出来かなあ…くらいに思っていたのですが、なんとか勝ち越せて良かった!
明日は移動日で、土曜から福岡で3連戦です。きつい日程だけど皆がんがれ。

反転(9月12日ロッテ×ハム)

●公2-3鴎○
成瀬14勝/ダルビッシュ5敗/藪田2S
HR(鴎):里崎12号3ラン
継投:ダルビッシュ(完投)
公式レポ
ニッカンスコア

絶対に負けられない戦いで、成瀬・ダルビッシュの投げ合い。
もう昨日から緊張で胃が痛くなりそうでしたよ。
ヒルマンも試合前に「若くしてリーグを代表する二人のピッチャーの投げあい、私も一ファンなら観戦に来るだろうね、幸いにも今日はよい席を用意してもらっているようなので楽しみにしているよ(笑)」とコメント。
なんかアメリカ人ぽいなw

2回表、会長の2点タイムリーで幸先よく先制。
今日はダルだし、いけるかもしれないと思った私は素人。
なんとその裏に里崎の3ランで逆転を喰らってしまいます。
昨日の仕返しですか(つД`)
ダルは、というか両先発が乱れたのはこの2回だけだったんじゃないでしょうか。
ダルはその後5回までに12奪三振の快投。
あのホームランだけが唯一の失投だったなあ…。
成瀬も安定した内容で、こちらの打線は全く歯が立たず。

7回、1アウトから信二がヒット。
さらに続く川島の打球をセンター早川がエラー。
信二は一気に3塁へ進み、1アウト2・3塁。
さらに金子が四球を選んで1アウト満塁となります。
ここで代打幸雄さんが、なんとスクイズ決行!
スクイズが決まっタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!勝ち越しキタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
…と思いきや、幸雄さんがインフィールドを走っていたということで守備妨害を取られてしまい、アウトになってしまいます(つД`)
昨日ものすごい誤審をかました審判団に、今日もひと波乱起こされてしまいました。
…いや、嘘です。今日のは誤審じゃなかったですね。ただただ残念ですorz
ヒルマンも言ってたけど、あそこで必死にボールに食らいついて、自分も生きようと必死に走った幸雄さんを誰が責められるのさ・゚・(ノД`)・゚・。
協議の後、2アウト満塁から試合再開となりましたが、稀哲が1邪飛に倒れ得点ならず。あー悔しい。

8回、代わった藪田から稲葉の2BHで一打同点のチャンスを作ります。
続く小谷野の当たりは1・2塁間を抜けますが、2塁から一気にホームを狙った稲葉はあえなくタッチアウト。サブローの返球が良かったですねえ(遠い目)

9回も引き続き登板の藪田の前に高速三凡で試合終了。
悔しい悔しい敗戦となってしまいました。
なんか今日はツキに見放されてた感じでしたね。
切り替えて明日頑張りましょう~。

ドラマチック(9月11日ロッテ×ハム)

○公4-3鴎●
押本2勝/小林雅6敗/MICHEAL 31S
HR(公):セギノール21号3ラン
HR(鴎):里崎11号ソロ
継投:武勝~押本~MICHEAL
公式レポ
ニッカンスコア

昨日の試合で今季プロ初ヒット&初盗塁を決めた糸井。
盗塁の際に痛めた左膝の診断結果はじん帯損傷。全治6週間で登録抹消になってしまいました。
せっかく上がってきたのになあ。悔しかろう(つД`)

さて勝さんと小林宏行の先発で始まりました今日の試合。
初回、ズレータのタイムリーでいきなり先制を許します。
一方、ハムはコバヒロの前に3回までパーフェクトに抑えられる予想通りの展開(爆)
4回に賢介がパのシーズン記録となる51犠打を達成! おめおめ。

4回裏には里崎のタイムリーで2-0とされてしまいます。
そして6回裏にはすごいことが起こりました。
先頭の早川がピッチャーへの内野安打で出塁。
続くズレータのフライを稀哲が捕球して1塁へ送球しますが、早川が1塁へ戻るのが遅れたとしてダブルプレイに。
こちらとしては走者がいなくなってラッキーでしたけど、早川はどう見てもセーフです。本当に(ry
酷い誤審でした。結局覆らないし。
この誤審に奮起したのか、7回表のコバヒロは3者連続三振。
敵ながらかっこよかったです。思わず萌えてしまいました。すいません。

7回裏には里崎のソロムランで3-0とされ、終戦ムード。
8回に会長のタイムリーで1点を返しますが、私はもう「よくコバヒロから1点取った、感動した」と〆に入っていました(爆)

しかし9回表、先頭の賢介が四球を選びます。
コバヒロはこの日初めての四球。これで流れが変わります。
さらに稲葉のヒットでノーアウト1・2塁。
ここでピッチャーコバマサにスイッチ…というところで雨足が強まり、この日2度目の中断。23分後試合再開。
小谷野のバントでランナーを進め、ここんとこ絶賛大不調のセギちゃんが打席へ。
セギちゃんはなんと初球を叩き、特大3ランキタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!逆転キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
9回裏はMICHEALが三凡で〆て、まさかまさかの逆転勝ち!
嘘みたい、嬉しいよ(つД`)

うちはHRが少ないチームなので、こんなドラマチックな幕切れは全く予想していませんでした。
不調のセギちゃんが決めてくれたのがうれしかったですねえ~。
昨日のバカ勝ちも一人蚊帳の外って感じだったしさ。
これを機に復調してくれるといいのですが。シーズンはまだまだ残ってるんだからさ。

曲芸(9月10日ロッテ×ハム)

○公9-3鴎●
スウィーニー5勝/清水直10敗
継投:スウィーニー~金森~橋本
公式レポ
ニッカンスコア

3回表、1死から工藤と稀哲の連打でチャンス到来。
賢介がエンドランを仕掛けますが、これが「ボール球を打ちにいったが体勢を崩し、コケながらもバットに当てる(ついでにバットが折れた)」という曲芸のようなバッティングにw
地味様もとっさのことに反応が遅れたのか、これがタイムリー内野安打となります。
この曲芸タイムリーを皮切りに、稲葉・小谷野・信二のタイムリーで一挙5得点! 地味様をノックアウトです。
5回には糸井にプロ初ヒットが飛び出しました。おめ。
さらに金子の打席で初盗塁を決め、金子のタイムリーで初得点と、この回は糸井初メモリアルで溢れました(笑)

先発スウィーニーは7回途中2失点と安定した内容。
7回、1死1・2塁の場面で出てきた2番手の金森は、今江のヒットで2死満塁のピンチを招きながらも、TSUYOSHIを三球三振! すばらしい!(*´∀`)
金森→はっしーと繋ぎ、打線は打ちも打ったりの14安打9得点。
明日にとっとk(ry
大事なロッテ4連戦、初戦を取ることができました!
賢介のアレで流れが変わったね~(笑)

幸雄さんの引退とヒルマン監督の退団

昨日は朝から悲しいニュースが飛び込んできました。

日本ハム一筋22年、田中幸が引退へ(北海道ニッカン)
日本ハム田中幸「覚悟はしていた」(北海道ニッカン)

球団が、幸雄さんに来季は選手契約を結ばない意向を伝え、コーチ就任を打診したとのこと。
幸雄さんの「自分としてはあと1年くらいと思っていたけど覚悟はしていた」というコメントにかなり同意。
あと1年くらいはやってほしいなーって気持ちはあったけど、2000本達成後は出場機会もさらに減っていたし、今年で最後なのかなあという予感もあったことは事実。
でも、予想していたとはいえ、やっぱりこうして発表されてしまうと淋しすぎる・゚・(ノД`)・゚・。
というか最初引退の一報を聞いた時は幸雄さんの決断によるものかと思ったのですが、後に球団からの勧告だと知り、幸雄さんの「あと1年」というコメントを聞いてしまうとせつない。
ベテランの少ないチームなんだし、あと1年くらいやってもらえばいいじゃないかとも思ってしまうなあ。
まあ決まってしまったことですから、何を言っても仕方ないんですが…。
幸雄さんのプレイを1試合でも多く見続けるためにも、何とか連覇を果たしてほしいなあ。
うう、こんなん書いてたらまた淋しくなってきた(つД`)

コーチ打診を受けるかどうかはまだ迷っているようですが、是非チームに残ってほしいな。


そしてそして、昨日の試合中にはヒルマン監督が今季限りで退団という一報が。

ヒルマン監督がV争い真っ只中に辞任表明(北海道ニッカン)
トレイ・ヒルマン監督について(公式)

メジャーの監督でも内定したのかしら? と思ったんですが、家族のために帰国したいという理由のようです。
なぜこの時期に、という疑問もありますが、昨年のシーズン終了後のようなゴタゴタを避けるためなのかな。
辞任を決めたからには選手・スタッフら周りの人たちに嘘をつきたくなかったというヒルマンなりの誠意なのかもしれません。
もう決まったことなので仕方ないけど、こちらも淋しいニュースだなあ…。
ヒルマンの野球はとても好きだし、ヒルマンの人柄も好きだし、何より私がハムファンになったのはヒルマン就任1年目のことでした。
なのでハムファンになってから監督が代わるというのは初めてのこと。
去年優勝もしたし、今年も何とか(本当に何とかだが)優勝争いが出来るようなチームになりました。
ここでヒルマンに去られてしまうのは、何ともいえない不安があります。
辞めないでほしいというのが本音ですが、家族を大切にしたいヒルマンの気持ちも理解できます。
「これ以上のチームに出会えることはないと思います」と言ってくれたのは嬉しかったよ。

幸雄さんとヒルマンのためにも、優勝して終わりたいよね。
優勝して、二人のこと胴上げして泣かせてやろうよ(つД`)

苦手だ(9月7日~9日ハム×西武)

苦手意識というか、やっぱり大事なところでは西武に勝てない印象があります…。

9月7日(金)
●猫1-3公○
武久5勝/涌井8敗/MICHEAL 30S
HR(公):稲葉17号ソロ
HR(猫):カブレラ22号ソロ
継投:グリン~武久~MICHEAL
公式レポ
ニッカンスコア

先発のグリンは2回にカブレラのソロで先制を許すものの、それを除けば1安打1四球の素晴らしい内容でした。
6回に稲葉のソロで同点に追いつきますが、グリンは右肩のハリで6回で降板してしまったため勝ち負けつかず。残念だ…。
6回は2死2・3塁のピンチがありましたが、GGの抜けそうな当たりを賢介が飛びついてアウトにし、グリンは激しくガッツポーズ!
せめて守備で盛り立てることができて良かったよ(爆)
この日は度重なるバント失敗などまずい攻めが相次ぎ、5回の攻撃前には珍しくヒルマンが厳しい表情で選手たちに喝を入れるシーンがありました。
ヒルマンの喝が届いたのか、7回裏に稀哲のヒット・賢介バントで1死2塁。稲葉が敬遠で歩き、1死2・3塁でここんとこ不調のセギちゃんがライト前へタイムリー!! ついに勝ち越しです!
8回表は、前の回から登板の久が引き続き投げます。
先頭の細川の大きな当たりを稀哲がダイビングキャッチでアウトに。大きなプレイでした。
久は続く赤田を見逃し三振、石井義を遊ゴロに抑えます。久イイヨイイヨー(・∀・)
8回裏には稀哲のタイムリーで1-3とし、9回はMICHEALがきっちり4凡で30セーブ目をマーク。
グリンに勝ちがつかなかったのは残念でしたが、序盤のチャンスを潰しまくっていた嫌な流れを断ち切って勝てたのは良かったです。


9月8日(土)
○猫5-1公●
大沼1勝/吉川3敗/山岸1S
HR(公):小谷野5号ソロ
HR(猫):GG佐藤24号ソロ
継投:吉川~押本~歌藤~橋本
公式レポ
ニッカンスコア

今日もGGのソロで先制を許しますが、5回裏に小谷野のソロで同点に追いつきます。
しかし先発の吉川、6回にGG四球、カブレラ死球でノーアウト1・2塁としてしまい、押本に交代となります。
しかしオッシーはべんちゃんにヒットを打たれノーアウト満塁とすると、中村にタイムリーを許してしまいます。
オッシーは結局1アウト取っただけで降板。
続く歌藤も栗山の2点タイムリー、銀次朗犠飛で3失点。
いつもは頼りになる中継ぎ陣が打ちこまれ、試合が決まってしまいました。まあこんな日もあるよね…
7回から投げたはっしーが、追加点を与えずに試合を〆てくれたのが唯一の好材料だったかな。


9月9日(日)
○猫8-4公●
小野寺4勝/八木4敗
HR(公):田中賢2号2ラン
HR(猫):中島12号2ラン、和田14号2ラン、GG佐藤25号2ラン
継投:八木~押本~江尻
公式レポ
ニッカンスコア

八木は初回は3凡に抑え上々の立ち上がりだったのですが、2回にナカジの2ランで先制を許します。
今気づきましたが、この3連戦ってとりあえずホームランで先制されてますね…。
しかし3回裏、賢介の2ランで同点に!
打った瞬間わかるような完璧な当たりでしたよ(*´∀`)
その後も稲葉四球・小谷野ヒットでチャンスを広げますが、信二が1飛で結局同点止まり。信二の打席でワイルドピッチまでいただいたのに~(つД`)
八木はその後もピリッとせず、4回にべんちゃん2ラン、5回には赤田にタイムリーを許して降板。
前回・前々回と好投の八木でしたが、今日は調子悪かったみたいです(´・ω・`)
そして代わったオッシーもGGに2ランを浴び、いつの間にか7-2。
今日は2ランが乱れ飛んでるなあ。
終戦ムードが漂いますが、5回裏に信二の2点タイムリーで3点差に迫ります。
これはわからなくなってきた…! と超ぽじに捉えて見守りますが、6回に銀次朗のタイムリーで8-4とされてしまいます。
その後は西武の継投の前にチャンスが作れませんでした…。
えじりんが2イニング無失点だったのと、代打幸雄さんのヒットに癒されました。

今日はロッテとソフトバンクも負けたため、なんとか首位には留まっているものの、苦しい戦いが続きます。
投手陣に疲れが見えてきているのが辛い…。

一勝一敗(9月4日・5日オリ×ハム)

9月4日(火)
●公3-5檻○
金子3勝/武勝4敗/加藤大22S
HR(檻):北川9号3ラン
継投:武勝~スウィーニー

公式レポ

ニッカンスコア


初回、勝さんがローズのタイムリーと北川の3ランで一挙4失点。
ハムにとって初回4失点は致命的です。
勝さんは4回裏に阿部ちゃんにもタイムリーを許し、4回途中5失点で降板。
抜群の安定感を誇っていた勝さんが2回連続で悪い内容。心配だなあ。
打線も稲葉と信二のタイムリーで反撃を試みますが、オリの継投策の前にチャンスが作れず、結局追いつかない程度(略)で終わってしまいました。
勝さん降板後はスウィーニーが最後まで投げたのですが、なんと一人の走者も出さない素晴らしいピッチング。
何とか逆転して勝ちをつけてあげたかったなあ…。
スウィーニーは前半戦とは別の人のようですね。

スウィーニーの好投が公式さんも嬉しかったのか、携帯公式のメール(6回終了時)が「ライアン完璧なピッチングです!」ってなってた。
ちょwwwそれグリンwww


9月5日(水)
○公2-0檻●
ダルビッシュ14勝/平野佳12敗/MICHEAL29S
HR(公):高橋8号ソロ
継投:ダルビッシュ~MICHEAL
公式レポ

ニッカンスコア


8月の月間MVPを受賞したダルビッシュが、自身の受賞に華を添えるような素晴らしいピッチングを披露。
まあ例によって残業で見れなかったので携帯公式の速報メールで戦況をチェックしていたわけですが、3回終了時で既に6奪三振とかしてて笑った。
しかし平野も良かったようで、なかなか点が取れません。というかチャンスさえも作れません。
均衡を破ったのは信二。
7回表、打った瞬間にわかるような大きな大きなソロムランで先制!
いやー、すごい当たりだったね。
さらに8回、セギちゃんの犠飛で2点目が入ります。
ダルはノーノーいけるんじゃないかってペースでしたが、6回に大引にヒットを打たれノーノーならず。
しかし8回無失点10奪三振の堂々たるピッチングでした。
9回はMICHEALがきっちり4人で〆ました。ローズの打席はドキドキした~(笑)
ダルは14勝目。もう9月の月間MVPも狙っちゃいなよ!

工藤が決めた! 劇的サヨナラ勝ち(9月2日ハム×ソフバン)

工藤の一打で劇的なサヨナラ勝ちを決めたわけですが、仕事でちっとも見れなかった…。
前田様の2000本もリアルでは見れなかったし、もう泣きたい。というか泣いた。

しかも今日、出張帰りでヨレヨレになりながら駅前を歩いていたら、高校時代の後輩にばったり再会。
もう何年も会っていない私のことを覚えていてくれて、しかもわざわざあっちから声をかけてくれたのが非常に嬉しかった。
し・か・しですよ。
なぜ化粧もはがれ落ち、大荷物を抱え、疲れた顔にジーンズ姿でトボトボ歩いている時に遭遇してしまったのか。
後輩二人は休日のお買い物帰りという感じで、とても綺麗だった。
きっと「瀬田子先輩老けたな」とか思われたに違いない。もう死にたい。
でも久々に野球以外で和んだ。

さて気を取り直して今日の試合。

●鷹2-3X 公○
江尻7勝/馬原3敗
継投(公):八木~江尻
公式レポ
ニッカンスコア

先発は前回復調の兆しを見せた八木と、薬物違反より復帰のガトームソン。
ガトームさんは今日は気合が入っているに違いないと思ったら、案の定打てません。
5回まで1安打に抑えられていましたが、6回に稲葉のレフト前タイムリーで先制。
八木も鷹打線を6回まで3安打に抑える好投でしたが、7回表、2アウト満
塁の場面で辻に2点タイムリー2BHを打たれ、逆転を許してしまいます…。
辻の当たり、工藤が果敢にスライディング捕球を試みたんだけど捕れなったんだよね。記録はヒットでしたが、工藤には痛恨の一打だったんではないでしょうか。。。
7回裏・8回裏ともにあっさりと三凡。
1点差なのに、逆転を食らった後の攻撃の淡白さはどうにかならんものか。
いつもの流れなら9回も高速三凡で終了のはず。
しかし今日はそれで終わらなかったのです。
9回表はえじりんが三凡に抑え、その裏。
店長から1アウト2塁のチャンスを作ると、馬原に交代。
馬原、セギちゃんに四球を出し、続く信二の1ゴロは進塁打となり2アウト2・3塁。
ここで先ほど微妙なプレイで逆転タイムリーを生んでしまった工藤に打席が回ります。
「ここで打たなきゃ男じゃない」と思った工藤、センター前へサヨナラ2点タイムリーを放ちます!!
漫画みたいな展開キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
先ほどのミス(って言っちゃうけど)を帳消しにする絶好のチャンスで、本当に結果を出してしまうとは! なかなかできるもんじゃありません。
すごい、この人何か持ってるよ!(つД`)
ついでに中継ぎのみで既に7勝目のえじりんも何か持ってる!w
工藤のヒロイン見たかったな~。若干青森訛り出てたらしいし。

ここに来てソフバンに連敗するのは痛いなんてもんじゃないので、なんとか勝ちをもぎ取ったのは良かった!

追いついたんだけど(9月1日ハム×ソフバン)

○鷹6-5公●
藤岡1勝/MICHEAL 1敗/篠原2S
HR(鷹):田上8号2ラン、川崎4号ソロ
継投:吉川~押本~武久~MICHEAL~江尻
公式レポ
ニッカンスコア

これを書いているのは9月9日の夜だったりするのですが、この日は前田様2000本安打に備えてカープ戦を見ていたため、あまりハム戦の記憶がありません(爆)
さらに仕事で夕方には出かけなければならなかったので、何とも落ち着かない気分でテレビを見ていました。
ハムは負けてるし、前田様も凡退続きだし、こりゃハムの勝利も前田様2000本もお預けかしらと思っていたのですね。
前田様の第二打席が終わったところでハム戦にチャンネルを変えると、なんと2点差まで迫っているではないですか。
さらに9回裏、代打坪井のヒットを皮切りにチャンスを広げ、稀哲のタイムリーで1点差。
さらに稲葉のタイムリーで同点キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
よく馬原を打ち崩した! えらい!

延長戦に突入したところで後ろ髪を引かれる思いで家を出ましたが、12回表、3イニング目に突入したMICHEALがムネリンに勝ち越しソロを許し、無念の今季初黒星。
結局は負けちゃったんだけど、9回の同点劇はかなりドキドキしました。
あの執念が翌日のサヨナラ勝ちにつながったのかもね。と結果論でまとめてみます。
カレンダー(月別)
08 ≪│2007/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
Blogpeople

Blog list (選手公式)
最近のトラックバック
プロ野球順位表
プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表
ファイターズニュース
参加中

    北海道日本ハムファイターズファン

読書メーター

瀬田の読書メーター

ブログ内検索
プロフィール

瀬田(セタ)

  • Author:瀬田(セタ)
  • 仙台在住の日ハム(と広島)ファン
    ハムで好きな選手は武田久・稲葉・金子・宮西、カープで好きな選手は前田智・永川・梅津。
    他に応援している選手は江尻・森本稀・佐伯・山﨑武・ゴッツなど色々
    球団マスコットも愛してます
リンク
ブログ開始から何日経った?
amazonミュージック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。