スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背番号18に別れ

今日行われた読売のファンフェスで、桑田が最後のあいさつ。
以下読売公式より抜粋。

ファンフェスタ盛況…桑田投手に大声援
今季限りで退団する桑田投手も、ファンに背番号「18」の雄姿を見せました。
桑田投手は、紅白戦に「四番・ショート」で出場。スタンドからは特に大きな声援が送られました。
同投手は、それにこたえるように先制タイムリーを放ったほか、最終回にはマウンドに上がり、李選手を三球三振に打ち取る活躍を見せ、MVPに選ばれました。
最後のセレモニーでは、同じく退団する大西選手、堀田選手とともに、ファンに別れのあいさつをしました。
大西選手は「一年間という短い間でしたが、大きな声援を頂き、ありがとうございました」、堀田選手は「苦しかったことも大切な思い出です。(引退後も)ファンのため、球団のために現役以上に頑張りたい」と述べました。
桑田投手は、時折、声を詰まらせながら次のように話しました。
「今日限りで21年間、ともに歩んで来た18番とお別れすることになりました。球団関係者、歴代の監督・コーチ、チームメイトたち、裏方さん、大勢のライバルたち、そして心から応援してくれたファンの皆さん…たくさんの人たちに支えられながら全力で戦い、このエースナンバーを守ってきました。18番、桑田真澄の野球は、心の野球です。今はただ、感謝の気持ちしかありません。さようなら。そして21年間、本当にありがとうございました」
この後、3選手はスタンドのファンに手を振りながらグラウンドを一周。最後にマウンド付近でチームメイトに胴上げされました。


もう国内でプレイすることはないのかと思うと、淋しいです。
スポニュでちらっと見ましたが、桑田らしく穏やかないい挨拶だったと思います。
ファンフェス終了後、ロッカールームで18番のユニを綺麗にたたむ姿を見たら、何かぐっときたなあ。
メジャーの2球団からオファーが来ているとのことですが、何とか決まるといいな。
決まったとしても厳しい条件でのスタートになるんでしょうけど、桑田ならやってくれると信じています。
何とかいい方向に転がるといいんだけど。
美しく引退する機会はいくらでもあったのに、あえて茨の道を進もうとする桑田。
自分の納得できる引き際を探し続けているんだろうなあ。
来年、アメリカでプレイする桑田の姿が見られることを祈ってます。

スポンサーサイト

さよなら、ガッツさん

こんなタイトルの記事を書く事になろうとはねえ…。
黒田が残留してくれた時は、奇跡は起こるから奇跡っていうんだ! と感涙にむせんだものですが、こうして去りゆこうとするガッツさんを目の当たりにすると、奇跡は起こらないから奇跡っていうんだよなあ…って絶望してしまいます。

今日、ガッツさんが巨人と二度目の交渉。
その後の会見で、「ジャイアンツでお世話になると思います」と巨人入りの意志を明らかにしました。
我々ファンの祈りは届きませんでした。悲しいことです。
決め手は契約年数とのことですが、どうも解せません。
ガッツさんが希望すれば、ハムだって3年契約を4年にすることくらいたやすかったんじゃないの?
やっぱり家族のこともあるし、在京セ・リーグが良かったんですかねえ…。
まあ理由は何でも…。言葉は悪いけどどうでもいいよね…。
ガッツさんがいなくなってしまうという事実に変わりはないんだもの。
美しい言い訳を饒舌に語られるより余程いい。(強がり)

第一報は職場でうっかりヤフトピをクリックしてしまい、知りました。
移籍の事実よりも、大好きなガッツさんのことなのに脊髄反射で「絶対に許さなry」と思ってしまった自分に鬱orz
でもやっぱりショックです。
脱力感、寂寥感、諦念…。どんな表現もあてはまらないような、全部あてはまるような、複雑な気持ちです。

私がハムファンになったきっかけはガッツさんでした。
いつぞやのオールスターで、あの個性的なバッティングフォームに一目惚れ。
ガッツさんを追いかけるようにしてハムファンになりました。
そのガッツさんがハムを出ていってしまったら、私のハムファンとしてのアイデンティティはどうなるのよー・゚・(ノД`)・゚・。
…って思ってたんですけど、ガッツさんが決めたことですから仕方ない。
去りゆく人は見送るしかないし、ガッツさんがいなくなるからってハムへの愛情が薄れるわけでもないし。
ガッツさんのいないハムを応援していくしかない。淋しいけど。

でも、巨人にだけはどうしても行ってほしくなかった。
昔巨人ファンだった頃、FAでやって来た選手が駄目になっていくのを何度も見ました。
獲得した時は諸手をあげて迎えてた首脳陣やナベツネも、ちょっと駄目になったらゴミクズのように捨てるんです。
大体生え抜きのベテランにも冷たい球団なのに、外様に優しいわけがないんです。
マスコミの注目度だって他とは比べ物になりません。
特にFAで入ってきた選手と新外国人と抑えピッチャーは、ちょっと失敗すると待ってましたとばかりに叩かれます。
だから巨人には行ってほしくなかった。
ガッツさんには優しい北海道のファンの声援を一身に受けていてほしかった。
しかしガッツさんが巨人を選んだのだから仕方ありません。
巨人を応援するわけにもいかないので、ガッツさんの個人成績のみをひたすら応援します。
今までと同じ情熱を持って応援するのは無理だろうけど…。
結果を出せない時もあるでしょう。
叩かれることもあるでしょう。
それでも生温かく見守り続けます。大好きな選手だから・゚・(ノД`)・゚・。

巨人へ行ってしまうことは不本意だし悲しいし淋しいしやり切れない。
でも、私がハムファンになるずっと前からチームの顔として頑張ってくれたガッツさんの功績が消えてしまうわけじゃない。
優勝だってガッツさんがいなきゃ実現しなかった。
それは忘れちゃいけないんだと思う。
何より私をハムに引き合わせてくれたのはガッツさん。
パ・リーグの楽しさを教えてくれたのもガッツさん。
それは忘れないでいようと思う。

でも、しばらく立ち直れそうにないな…orz

大社ドラフトが終わったよ

今日は大社ドラフトの日。
ガッツさんの件は正式発表があったら考えることにして、来る人たちのことを考えよう。そうしよう。

ハムの指名一覧は下記のとおり。

希望枠 宮本 賢(投・早大)
3巡目 糸数敬作(投・亜大)
4巡目 長野久義(外・日大)
5巡目 山本一徳(投・早大)
6巡目 金子洋平(外・ホンダ)
7巡目 今浪隆博(内・明大)
8巡目 内山雄介(投・旭川大)

早稲田の宮本、東都大学リーグMVPの糸数をめでたく獲得。
4巡目の長野はちょうのって読むんだねー。珍しいねー。
東都大学リーグで春季・秋季ともに首位打者のタイトルを獲得してるんですね。
打席に入る時の出囃子は蝶野のテーマがいいなあ…とか妄想してたんだけど(爆)、彼は巨人と相思相愛だったのね。
つか相思相愛って何だよって感じですが。
日大の鈴木監督も昨日「(日本ハム指名なら)みんなが不幸せになります。もう巨人って言ってしまいます」とかコメント出してるし。
長野本人も巨人以外ならホンダへ進むとか言っているそうだ。
ああん超嫌われてる~(*´Д`)
まあ固いこと言わずに来てくれよって思うんですが。
とりあえず入ってから色々考えればいいじゃん(爆)
本人の希望云々より山本監督の香ばしい発言が気になります。
今後の交渉で、もっと面白いこと言ってくれないかなーとか考えてしまう心の闇。
5巡目の山本も強行指名だったんですね。
既にトヨタに内定していたそうだし、山本SDも「トヨタ自動車さんにも、早稲田さんにも迷惑をかけた。複雑な気持ちです」などと言っている。
内部から混乱してどうすんのよ(笑)

…なんか交渉が難航しそうな選手もいますけど(だから7人も指名したのかな?)、皆さん入団してくれるといいですね。
今年は八木・勝さんという即戦力ルーキーの働きが欠かせませんでした。
今日指名した選手たちにも、彼らのように一軍で活躍できる人が出てくるといいよね(月並み)


カープの指名選手は下記のとおりです。

希望枠 宮崎充登(投・ホンダ鈴鹿)
3巡目 上野弘文(投・トヨタ自動車)
4巡目 青木高広(投・日産自動車)
5巡目 中東直己(外・ホンダ鈴鹿)

狙っていたらしい神戸はロッテさんに指名されてしまいました。
でもロッテさんと相思相愛だったらしい上野を指名しちゃいました。まあお互い様ってことで。
自動車会社だらけです。ちょっと面白い。
ブラウンも満点以上の補強だとご機嫌だし、いいドラフトだったのかな。


虎の恋人・大引をオリックスが指名していたのには驚き。
デイリーにも「ロッテ・ヤクルトが指名の可能性」としか書いてなかったのにね~。
12球団OKらしいので普通に入団するのかな。ようこそパ・リーグへ。
今さらですけど「虎の恋人」って表現が笑いのツボに入ります。なんか笑えるよ。

各球団の指名一覧はこちら。

MVP&ベストナインが発表(+クライマックスシリーズって…)

ガッツさんMVP受賞キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!!

今日都内のホテルでプロ野球コンベンションが開かれました。
表彰選手が続々と発表になりましたよ。

MVPにはガッツさんと福留が選出されました。
ガッツさんがMVPだなんて…!
投票結果はこんな感じ。
一位票は和巳に及びませんでしたが、二位票を多く獲得したのが決め手になりました。
ガッツさんは「パ・リーグから、たった1人受賞できる最高の栄誉ある賞。一度は獲ってみたいと思っていた賞だったので、非常に嬉しいです。」とコメント。
私もとっても嬉しいです。おめでとうガッツさん(*´∀`)

ベストナインはこんな感じ。
ハムからはガッツさん、賢介、稲葉、セギが選出されました。
セギのコメントが公式に出ていますが、セギは今一体何処にいるのだろう(笑)

さらに最優秀救援投手でMICHEAL、最優秀中継ぎ投手で久も表彰されました。
今年のハムにはなくてはならない2人でした。
地味なポジションだから全く目立ってないけどさ(笑)、この2人にもMVPをあげたいくらい感謝しています。
過投にもめげず、最後まで結果を出し続けてくれたMICHEALと久。
去年も安定感を見せていた2人でしたが、MICHEALは怪我で長い事離脱してしまったし、久も出てきたのが8月くらいからだったので、あまり活躍を拝むことができませんでした。
今年こうして花開いてくれたことが非常に嬉しいです。
1年間お疲れさまでした。

新人王は八木と梵。
梵は終盤に離脱してしまったり、ハマの吉村もなかなかの活躍を見せていたため、どうかなーと思っていたんですけど受賞できて良かったなあ。
蓋を開けてみれば大差をつけての受賞でしたね。
八木は文句なしの受賞だよね。おめ!
ルーキーとは思えないマウンド度胸の良さには、私もすっかり惚れ込んでしまいました。
梵も八木も、来季が楽しみです。

公式の各選手・監督のコメントはこちら。
地味に監督の続投も決まりつつあるようで、良かったです。

表彰選手にこんなにハム陣が並ぶなんて夢のようだ。
ホントに自慢の選手たちだよ、嬉しいよ私は(つД`)

そしてこんな仰天ニュースも…
PSGはクライマックスシリーズに(スポニチ速報)
日本プロ野球組織(NPB)は14日、来季からセ、パ両リーグが同一形式で日本シリーズ出場権を争うポストシーズンゲーム(PSG)の名称が「クライマックスシリーズ」に決まったと発表した。
セが「クライマックス セ」、パが「クライマックス パ」となる。

ちょwwwwwこれはナシだろwwwwwwwww
何もプレーオフでいいじゃん(笑)
こんな昭和の香り漂うネーミング、一体誰が考えたんですか。一体誰が決裁したんですか。
ダサいにも程があります。ロゴもやっつけ仕事風味です。
NPBは一体何処へ向かおうとしているのですか…。

【アジアシリーズ】ついにアジアの頂点へ(11月12日ハム×La New)

今さらだけどアジアチャンピオンキテタ━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━!!!!
プレーオフを勝ち抜ければ、そのまま勢いでアジア一まで行っちゃうような気がするとぼんやり思っていたことがありましたが、本当にそうなるとは!

●ラ0-1公○
ダルビッシュ1勝/フィオレ1敗/MICHEAL 2S
継投:ダルビッシュ~武久~MICHEAL
公式レポ
ニッカンスコア

そうは言っても予選同様、La Newベアーズに苦しめられた戦いでした。
予選でもレイボーンを全く打てなかったのですが、今回も先発の許文雄を打ちあぐねていました。
スコアボードに0を連ねます。
しかしダルも負けずに、7回まで被安打1、10奪三振の素晴らしいピッチング。
立ち上がりから5者連続の奪三振。冴え渡る変化球。何この快投(*´∀`)
均衡が崩れたのは7回。
先頭の木元がエラーで出塁し、鶴岡の打席でフィオレがワイルドピッチ。木元は三塁へ。
そして鶴岡がしぶとくライト前に運んで先制キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
相手のミスによくつけ込みました(*´∀`)
全然いい当たりじゃなかったけど全然かまわない、鶴GJ(*´∀`)
この日のダルには1点あれば十分でしたね。
ダルは8回、先頭の曾豪駒に四球を出したところで交代となりましたが、本当にいい内容でした。
でも「調子は、まあまあの出来であまり良いとはいえなかった」とかコメント出してるのね。うはww大物ww
ダルの後を受けた久は、1アウトから陳峰民にライト前ヒットを打たれて1・2塁のピンチを招くも、次の蒋智聡を二ゴロで併殺に。
今季最後の名物は、極上のシチュエーションでした(*´Д`)
ピンチを凌いでベンチに帰ってきた久の頭をなでなでするダルに笑った。
9回はMICHEALが三人斬り。
MICHEALってここぞという場面では神ピッチですねえ。
最後のバッターはセカンドフライに打ちとったのですが、打球が内野に上がった瞬間に、行方も確かめずにぴょんぴょん跳ねながらガッツポーズを連発するMICHEAL。
可愛かったけど、喜ぶの早すぎ!(笑)

MVPはダルビッシュ。
投手がMVPっていうのは珍しいですね。
しかし決勝の素晴らしい投球と、いまいち元気のなかった打線のことを思えば当然の人選でしょうね。
インタビューでも落ち着きはらっているし、頼もしい20歳です。
ダルは来季も楽しみだねー。

長い長いシーズンが終わりました。
こんなに幸せなシーズンは後にも先にもないんじゃないかってくらい、幸せでした。
これが終わるとストーブリーグに目を向けなければならない事を考えれば、アジアシリーズがずーーーーっと続けばいいのにと思ったりもしました。
しかしそうもいきません(当たり前)
最高のシーズンを味わわせてくれた選手たちに感謝したいです。
ハムがこんなに底力を持っているなんて知らなかったよ。
皆さんお疲れさまでした。
去年はこのブログの試合短観を書くのも辛くて書きとばすことが多く、シーズン終了後に8月頃の短観を日付詐称して投稿して穴埋めしたりしましたが(笑)、今年は割とサクサク更新出来ました。
勝てれば試合を振り返るのも楽しいものですからね~。
1年間ホントにありがとう。来年も楽しいシーズンにしてね。

【アジアシリーズ】先発全員安打で快勝(11月11日ハム×チャイナスターズ)

前日の貧打っぷりが少し心配でしたが、先発全員安打で快勝です。

●チ1-6公○
金村1勝/張力1敗
HR(公):信二1号2ラン
HR(チ):李磊1号ソロ
継投:金村~伊藤~トーマス~江尻~岡島
公式レポ
ニッカンスコア

激しく眠いので、短観は後日。

えーと、今日はアジアシリーズも何もかも終わった11月26日だったりするわけですが、日付詐称して上げておきます。

初回、稲葉のタイムリーと信二の犠飛で先制。
2回裏の賢介の打席、チャイナスターズ先発の張が一塁に牽制球を投げたものの一塁ガラ空き。
その間に三塁走者の紺田がホームイン。
ついでにボークで走者進塁(得点には結びつきませんでしたが)
なかなかのお笑いプレイでございました。
金村は安定感に欠けるピッチングでした(´・ω・`)
国際試合のストライクゾーンに戸惑っている様子もありましたが…。
3回表に劉広標にライト前ヒットを打たれ、三塁走者馮飛がホームイン…と思いきや、稲葉が好返球でホームを刺しました。
稲葉かっこいい~~(*´∀`)
最大のピンチを切り抜けることができました。これはビッグプレイでしたね。
金村はその後も危なっかしかったんだけど、変化球を駆使し5回無失点に抑えました。
悪いながらも点を取られなかったのは良かったんじゃないでしょうか。
3回裏には信二の2ランが飛び出し、0-5。これで試合が決まったようなものでした。
5回には稲田のタイムリーも出たよ。
一塁の木元が悠々ホームに還ってこれる大きな当たりでした。

6回に投げた伊藤、ブランクが空いた割には好投でしたね。
しかし、特筆すべきは7・8回のトーマスと江尻。
両者ともに無安打・三人斬り。
走るトーマスの剛速球、江尻の怒涛の三者連続三振。
ちょっと、二人ともこんな最後の最後で今季最高のピッチングしてどうすんのよ!(爆)
トーマスは今季でお別れなんでしょうか。
あの三人斬りはトーマスの餞別だったのかしら(つД`)
日シリ4戦目のアレは何だったのってくらいの素晴らしさだったなあ(笑)
そして今年もシーズン途中で鎌ヶ谷に自分探しに行き、帰ってこなかった江尻。
こうしていい投球を見せられると、やれば出来る子なのに何故…って感じなんだけどなあ…。
ちなみに江尻、このアジアシリーズの中継を見た奥さんに「まだ野球やってたんだ」とか言われたらしい。奥さん強いな(笑)
来年こそはローテ守ってほしいな。頼むよー。
去年の今頃も同じことを江尻に期待していたことはこの際忘れよう
最後に希望が持てる投球を見せてもらえて良かった…!

9回にオカジが李磊にソロムランを許してしまい完封勝ちとはいかなかったものの、先発全員安打で快勝です。
紺田・木元など来季頑張ってほしい人たちにいい当たりが出ていて良かったかな。
幸雄さんのいいヒットも見れたし。来季はアレ、待ってるからねー。
勝って当たり前の試合だったけど、ちゃんと勝てて良かった良かった。

【アジアシリーズ】なんとか勝った(11月10日La New×ハム)

なんとか勝てて良かったです。

○公2-1La●
武勝1勝/モレル1敗/MICHEAL 1S
HR(La):曾豪駒1号ソロ
継投:武勝~武久~MICHEAL
公式レポ
ニッカンスコア

まあ帰ってきたら中継も試合も終わっていたわけだが。
明日明後日は出張だからビデオ見る時間もないorz
スポーツニュースとスコアのみで手短に。

先発は勝さん。
La New先発はレイボーン。おお、久しぶり!(笑)
台湾では16勝もしていたんですね~。
どうしてカープでその片鱗を見せてくれなかったのか…。
で、勝さんがソロムランの1失点のみで頑張っているのに、レイボーンがどうにも打てないハム打線。
7回までたったの2安打。昨日の勢いはどこへやらです。
このまま完封負け…? と職場で携帯見ながら嫌~な気分になりました。
しかし8回、四球と野選絡みで同点に追いつき、なおもノーアウト満塁のチャンスでガッツさんの犠飛で勝ち越し!
犠牲フライはガッツさんの代名詞(*´∀`)
少ないチャンスを逃しませんでしたね。よしよし。
8回裏は久が三人斬り。
9回はMICHEALプチ劇場と中嶋脚本炸裂で無駄にピンチを作りながらも、無失点に抑えて終了。
2勝したので決勝進出でーす。

ヒーローインタはガッツさん。
「決勝進出が決まりました」と振られ、「決まったんですか?」と驚いた様子のガッツさん。
「ええ、2つ勝ってこれで明後日の決勝へ駒を進めました」と皆が知っていることを説明され、「あ、ホントですか」と笑うガッツさん。
ちょwwwwガッツさん無心でプレイしすぎwwww
しかしニュース23で試合前のガッツさんのコメントが流れていたんですけど、しっかりと「今日勝って決勝進出を決めたい」みたいなことを真顔で語っていた。
それなのに、なんで忘れちゃったの!(笑)
球種もルールも覚えていないガッツさん。面白いなー。

明日は中国代表チャイナスターズとの対戦。
明後日はサムスンとLa Newの勝者と決勝です。

【アジアシリーズ】まずは初戦を取りました(11月9日サムスン×ハム)

やっとこさアジアシリーズ開幕です。
日シリ終了から、すごく待った感じがします。
しかし11月になってもハムの試合が見られるなんて幸せだ~。

○公7-1サ●
押本1勝/任洞珪1敗
HR(公):稲葉1号ソロ
継投:八木~押本~建山~武久~MICHEAL
公式レポ
ニッカンスコア

録画してたビデオを流し見しただけなので、手短に。
稲葉のソロで先制するも、シム・ジョンスの犠牲フライであっという間に追いつかれてしまいます。
先発の八木は珍しく四球が目立ったのですが、5回途中で肩に違和感を覚え降板。
「よくあること」らしいのですが、心配だ…。
6回に稲葉が勝ち越しタイムリー。
稲葉いいね、当たってるね~(*´∀`)
その後幸雄さん押し出し四球→鶴タイムリー→紺田2ゴロ間に走者生還…とサムスンの中継ぎの乱れにつけ込んで、この回一挙4得点。
一気に突き放しました。
木元を久々に見たのですが、この6回にいいヒットが出て良かったなあ。
そして、こちらはスクランブル登板のオッシーが好投。
オッシーはこういう局面でとても頼りになります。
建山・久もナイスリリーフでした。
9回にはガッツさんが駄目押し2点タイムリー。勝利を決定づけました。
6点差でMICHEALが出てきたのにはびっくりでしたが、ノーアウト1・2塁の劇場を演出しながらも、その後三者連続三振。
我々のMICHEALが帰ってきたー!(爆)
さすが解説席でコバマサが見守っていただけあります。貫禄の劇場でした(*´Д`)

序盤は競っていましたが、終わってみれば快勝でした。
オッシーの悪い流れを止めるピッチングが勝利を引き寄せてくれたんだと思います。
明日は、今日の試合で中国代表チャイナスターズにコールド勝ちを決めた台湾のLA NEWと対戦。
熊対決ですね(笑)
今日の勢いのままに行きましょう!

三井ゴールデン・グラブ賞

三井ゴールデン・グラブ賞が発表になりました。

2006年度三井ゴールデン・グラブ賞受賞選手発表!(三井ゴールデングラブ賞オフィシャル)
メジャー挑戦の松坂が受賞、日本ハムが外野独占 ゴールデングラブ賞(サンスポ)
「2006年度三井ゴールデン・グラブ賞」受賞選手のお知らせ(ハム公式)
SHINJO選手・ゴールデングラブ受賞コメント(ハム公式)

ハムからは、ガッツさん、賢介、稀哲、SHINJO、稲葉の5選手が受賞。
球団最多ですってよ!
5人のコメントを貼っておきます。
◆小笠原
「狙っていた賞なので、正直言ってうれしい」

◆賢介
「大変光栄な賞。今まで指導してくれた方に感謝したい。1年だけでなく、これから毎年取れるように努力したい」

◆森本
「(日本ハムの)3人で取れたことがうれしい。シーズンを通し相手の流れを断ち切るプレーができたのがよかった」

◆稲葉
「プロに入ってから外野手になったから、まさか取れると思ってなかった。一番下手だと思って、基本に忠実に練習してきた成果だと思う」

◆SHINJO
「俺の華麗な守備を魅せられなくなるのは残念だけど、引退の年にゴールデングラブに選ばれるなんてモってるわ。日本ハムがこれからも最強の外野陣を作っていってくれる事を信じて外から応援しとくばい。」

みんなおめでとーう!
特に、うちの鉄壁外野陣がこうして認められたのがとても嬉しいです。
SHINJOの引退によってあの3人が揃わなくなっちゃうのは残念だけど、SHINJOの言うように、これからも最強の外野陣でいてほしいなあ。
外野手部門を1チームが独占するのは、パでは史上2度目なんだとか。凄い~(*´∀`)
ガッツさんは規定路線なのでまあいいとして(笑)、賢介は初受賞ですね。おめ。
稲葉も初受賞とは意外でした。
稀哲も初だね。
ちょっと前までは1.5軍で燻ってたのに、GG賞をもらうような選手になるなんて…。
感慨深いです。良かったね稀哲(つД`)
金子が受賞できなかったのが残念です。印象でムネリンに負けたのかな…。


さて明日からアジアシリーズが始まります。
全部勝って気持ちよくアジア制覇しちゃってほしいですね。
仕事のためリアルタイムでは見れない予感大ですがorz

[電撃トレード]仁志⇔小田嶋

ついに来たか、と思いつつもやっぱり寝耳に水だった。

仁志選手と横浜・小田嶋選手をトレード(読売公式)

4年くらい前から根強いトレード要員(何それ)だった仁志。
堀内時代にちょっと巻き返しを見せていましたが、原監督が復帰した今シーズンは試合出場数が激減。
しかもシーズン終了間際に怪我までしちゃうし。
そろそろやばいかもなーって思ってたのよね…。

トレードの第一報はみずのさんからの速報メール。
頭が真っ白になってしまった。
ついに放出されちゃったのね…原くんのバーカバーカヽ(`Д´)ノって思ったんですが…。
仁志が志願したトレードだったんですね。
仁志は私がバリバリ巨人ファンだった時に好きだった選手。
やはり心のどこかで、もう一度巨人で輝いてほしいって気持ちがあったんですけど、仁志が望んだことなら仕方ない。
ここ数年の仁志を見れば、「出場機会を一回でも多くできる、他の球団でやらせてほしい」という仁志の気持ちには納得できる。
扱いが不遇だなって感じることもあったけど、仁志自身のプレイが生彩を欠いているなって感じることも勿論ありました。
環境を変えることがいい方向に転がるかもしれないし、頑張ってほしい。
交換で巨人へ行く小田嶋にも頑張ってほしい。

今日のすぽるとで独占インタビューがありました。
「ジャイアンツというスポーツをやっているわけじゃない」と「ジャイアンツ選手じゃなくて一人の野球選手」としての思いを述べていました。
巨人へのこだわりだってあったかもしれないし、何より11年間プレイしたチームから出してくれと志願するのは辛い決断だったかと思います。
でも「辛いし、淋しいけど、今は前しか向いていない」(ちょっとうろ覚え)と会見で述べた仁志を応援したいです。
今季はハマスタに1回しか行かなかったけど、来季はもっと行こうっと。

プライドが高くて、誤解を招く発言ばっかりで、でも野球に対する情熱やこだわりは人一倍なこの人が好きだ。
こういう異分子的存在(言葉は悪いけど)って、巨人には必要だと思うんだけどね~。



そして…
清水のことが急に心配になってきたよ('A`)

黒田、FA宣言せず残留。

黒田が広島残留「カープで優勝したい」(ニッカン)
黒田残留表明 4年12億円で更改(スポニチ)
チームへの愛着が勝る 広島残留決めた黒田(スポナビ)
記者会見の全文(カープ公式)

黒田が残留してくれる。
カープで優勝したいって言ってくれた。

夢みたいだ。嬉しいよおおぉぉ。。゚(゚´Д`゚)゚。
今朝スポーツ新聞の速報で「残留へ」の見出しを見ても、「いやいや黒田の口から語られるまでは…」と警戒してしまうくらい、にわかには信じられなかった。
そのくらい不安だったんです。
黒田がいなくなっちゃったらどうしようって。
大体今オフはガッツさんFA宣言しちゃうし、黒田の動向も読めないし、オカジは普通に移籍希望だし、桑田の再就職だって気になるし、ヒルマンの残留も微妙だし…と心配ごとがたくさんあるのですよ。
だから今日、黒田がこういう決断をしてくれたことが非常に嬉しい。

会見での「僕が他球団のユニフォームを着て、広島市民球場でカープファン、カープの選手を相手にボールを投げるのが自分の中で想像がつかなかった」という言葉。
嬉しくて泣いてしまったよ。
『カープ以外のユニを着ている黒田が想像出来ない』っていうのは、カープファン皆が思っていたことでしょう。
っていうか私がそう思っていた。
黒田が同じように考えてくれたことが、すごくすごく嬉しかった。
こんな素晴らしいエースがいるなんて、カープは幸せなチームだよ。
会見はテレビでちょろっと流れた部分しか見ていないけど、全文を読むと黒田の溢れんばかりのカープ愛が伝わってきて泣けます。
黒田と一緒に優勝したいな。しなきゃ駄目だよね。

黒田の意向を尊重して、慰留に努めたフロントにも感謝したいです。
スター選手やいい外国人が移籍してしまうたびに、どうしてこんなに貧乏かつ交渉下手なんだとむせび泣いたものですが、今回は宣言残留を認めることを早くから言ってたし、将来のメジャー挑戦容認の条件を盛り込むなど、フロント頑張ったなーって感があります。
黒田に愛想つかされてメジャーに行かれないように、チーム一丸で上を目指してほしいですね。
黒田の決断は、他の選手たちも意気に感じたはずだ。
黒田だって、残ったからにはまた来年も素晴らしいピッチングをしてくれるはず。
カープ的には久々に明るいニュースになったなー。
カープでこんなに明るい妄想出来ちゃうの久々だなー(爆)

最後にもう一度。
黒田、本当にありがとう。
やっぱりあなたはカープ自慢のエースです。

more...

ヤクルト×六大学選抜を見てきたよ

六大学ヤクルト

昨日は大学野球オタでもスワファンでもないのに神宮へ行ってまいりました。
何故行ったのかもよくわからないし、本当になんとなく行ったという感じだったのですが、楽しかった~!

セレモニー

明治神宮外苑創建80年記念の試合ということで、試合前にセレモニー。
公式戦とは違う雰囲気で、とても新鮮に感じました。

試合の方は…
ヤクルト、大学生相手に超互角。という感じ。
すごくまったり見ていたので、覚えていることだけ箇条書きしてみる。

・ヤクルト先発の藤井が、先頭バッター大引君(法政)にいきなりホームラン打たれる。
藤井はその後本気を出したのか(笑)、5者連続三振を奪うなどなかなかのピッチング。
しかし3回にまた大引君にライト前に運ばれていた。

・青木が果敢に走っていました。ヒットも1本出ていましたね。
前日日米野球に出ていたので、この試合は出ないのかなあ? と思っていたんですが、見れて嬉しかった。
この試合で唯一プロらしさを見せつけていたような
終盤は姿が見えなかったので「ドームへ移動したのかな」と思ってたら、なんと日米野球でもスタメンで出てました。
青木、偉いなあ~。

・六大学選抜の先発は早稲田の宮本君。
ハムに来るらしい宮本君、こんなところで見れるとは思ってもいませんでした。
初回畠山にタイムリーを打たれてしまったものの、2回は三凡に抑え、全体的にはなかなか良かったのではないかと。
2イニングしか見られなかったのが残念。

・米野がバント失敗&華麗な悪送球で破壊力抜群でした。
悪送球は6回。ファーストへの送球が派手に外れてしまって、遥かライト線へ。
バッター(名前失念)は三塁まで進んでしまいました…。米野…。
これが次の金森君(慶應)の同点タイムリーに繋がってしまいました。
かなりのお笑いプレイでした…
ちなみに同点タイムリーの金森君、守備も光っていました。

・六大学で目を引いたのは、何と言っても法政の大引君。
先頭打者HRを皮切りに、3安打1打点。
四球も1つあったので、全打席出塁の大活躍でした。
大引君が出塁するたびに、傍らのみずのさんと「よし、大引獲ろう」とか言ってたのですが、阪神が狙っているんですね。
それを知ってからは「もう明日のデイリー一面は『虎の恋人・大引、開幕一軍も』だな」とか言ってたんですけど、一面じゃないけど本当に記事が出ていた。

・つば九郎一家が来ていた!
マスコットの中でもあまりやる気のなさそうなつば九郎だから(爆)、来ないと思ってた~。
つば九郎を生で見るのは初めてだったので、嬉しかったな。
もう、愚鈍な動きが可愛い~(*´∀`)

・9回1アウトで代打オレで古さん登場。
もちろん球場も大盛り上がり。いいタイミングで出ましたね~。
しかし慶應・加藤君の前にセカンドゴロに倒れる。
打ちとった後の加藤君がとても嬉しそうだったのが印象的でした。

・大学野球といえばチアガール(え?)。
ヤクルト側に座っていたので遠かったんですけど、やっぱりチアはいいねー。可愛いねー。
去年ぶらりと大学野球を見に来た時も思ったけど、あの運動量は凄い。
チアに限らず大学野球の応援は良かった。ブラスバンドはいい。

・試合はヤクルトが辛勝。
ヤクルト4番手の館山が安定していたので助かった感じ。
試合後は六大学を率いた早稲田の監督と古さんのインタビューがありました。
古さんは「皆さん勘違いなさってるみたいですけど、六大学選抜ともなれば、プロの1球団と同じぐらいの力を持っていますからね」とか苦しいコメントを出していた(笑)
まあヤクルトの選手たちも実戦は久々だったでしょうし、主力もあんまりいなかったし大変だったかとは思います。お疲れ様でした。


なんとなく見に行った試合でしたが、本当に楽しかった。
大学生なかなかやるな~って感じだったし。
お客さんもたくさん入っていたし、球場全体が楽しんでいるように思いました。
六大学側も定期戦とすることを視野に入れるような発言をしていますが、本当に毎年やってもいいんじゃないかな。
イベント的な要素も含みつつ、ちゃんと真剣勝負ってのがいい試みだと思う。
まったりと楽しむことが出来て、この季節にぴったりかと思います。
個人的にはプレーオフとか日シリとか、胃の痛い試合が続いてたので、こうやってぼーっと見ながら野球を楽しめたのはすごく嬉しかった(笑)
来年もあったらまた行きたいな。

試合結果 ○燕3-2六●

東京六大学選抜 大金星まであと一歩(スポニチ)
ヤクルト辛勝 六大学選抜に冷汗…(スポニチ)
「代打・オレ」不発も…燕・古田監督は初の“コラボ”成功に笑顔(サンスポ)
早大・宮本が奮投2回1安打1失点!プロ入りの手応えつかんだ(サンスポ)

神宮に来ています

20061104131857
六大学選抜vsヤクルトを見に来ました。どんだけ暇なんだ私。
意外にもお客さんがたくさん入っています(爆)
先発は藤井と早稲田の宮本君。
宮本君ってハムに来るんだっけ?(うろ覚え)
大学野球の応援ってのも新鮮だ。
カレンダー(月別)
10 ≪│2006/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
Blogpeople

Blog list (選手公式)
最近のトラックバック
プロ野球順位表
プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表
ファイターズニュース
読書メーター

瀬田の読書メーター

ブログ内検索
プロフィール

瀬田(セタ)

  • Author:瀬田(セタ)
  • 仙台在住の日ハム(と広島)ファン
    ハムで好きな選手は武田久・稲葉・金子・宮西、カープで好きな選手は前田智・永川・梅津。
    他に応援している選手は江尻・森本稀・佐伯・山﨑武・ゴッツなど色々
    球団マスコットも愛してます
リンク
ブログ開始から何日経った?
amazonミュージック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。